2018年01月09日

2018年ヨガ初め

ヨガ初め。

終わってから
背筋がピンと伸びて、
帰宅後の
タスクはサクサクと。

ヨガで2時間使っても、
1日を有効に使えます。


今年初旬の読書は
オフにさらっと読めるものを。



中谷氏の本は、
どれも同じような感じがして
めったに読まないのですが、
タイトルが気になりました。


とかくお金に関しては、
露骨に話をすると品がななどと思われがちです。

「お金が欲しい」などとストレートに言葉にすると、品がないと言われます。

タイトルの「品のある稼ぎ方、使い方」とは具体的にどのような作法なのか興味を持ちました。

至って当たり前のことが書かれています。品のある行為として取り上げられている一つひとつが本のネタになるのは、人々がお金を粗雑に扱っているからでしょう。

お金は、大切に扱えば、その心に応えてくれるものです。誰かの役に立つことに使えば、それが自分に還って来るものです。価値を見出したものの代金として使えば、その商品の「次」につながります。その商品を作ったり関わったりした人への感謝の代償です。

ともすると忘れがちな、お金や労働、物への感謝の気持ちを思い出させてくれる一冊です。



ナイトタイムエコノミーについて、
調べる必要があり、
急きょ購入してお勉強。

ナイトタイムエコノミーについて詳しく調べていて、本書に巡り合いました。

訪日外国人の需要を取り込む目的で、政府が力を入れ始めていると思っていましたが、地域経済振興の狙いもあり、進行の先には税収増も見込めるという、創造よりも大きなマーケットになりそうだと感じました。

夜の遊び=飲み会、だけではありませんね。ハロウィンやイルミネーション、花火など、大人も子どもも楽しめる夜のエンターテインメントはあります。

「ナイトメイヤー」のような、安心して夜を楽しめる環境づくりと、交通機関の充実が課題ですね。



次は……

この方、本当にカウンセラーなの?

残念な本でした。

事例がいくつも出てくるわりには、すべて「他者(多くは母親)からの暗示」が原因だと結論付けています。

「行動できない」原因は、人によってさまざまだろうと思うのですが、みんな同じパターンに落とし込んでいます。みんながみんな、他者からの呪いの暗示や嫉妬を受けているわけではないと思うのですが……?

1つだけ学べたことは、私自身が母として、娘に呪いの暗示や嫉妬をしないように育てなければいけないと感じたことです。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年12月29日

2017年の振り返り

今日は大納会でした。

株式取引の年内最終日。



日経平均株価の今年の終値は
22,764円94銭。

年内に2万3千円行くかな?
と多くの投資家が
株価を見つめていたのではないでしょうか。



今年後半は
好業績が株価を押し上げるという
正当な株価上昇で爽快感があります。



やはり官製相場は
どことなく不快な感じですよね。



ところで

私の2017年のモットーは



確か、
娘がいつまでたっても
書初めの宿題に
とりかからなかったので
思い付きで書いたのでした。



3つとも満点!



心地よく快適に過ごせた
2017年でした!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年12月19日

「やり抜く力」や「ワンオペ育児」など

スキマ時間に、読書。




待ち時間が少しあれば、
数ページ読み進め、
電車に乗れば、ガッツリ読んで。



娘の送迎で待っている間も、
極力静かな場所を選び。



でも思うように進まないですけど(笑)。



本を読む目的は、
仕事上の資料にすることがだいたい半分。

残り半分のそのまた半分は、
モチベーションアップかな。

半分のもう半分の片方は、
興味の範囲を広げるため。



今月前半は、
社会問題あり、自己啓発ありと
バラエティに富んでいました。

高齢になると身近な問題になりそうな生活上の出来事、介護や病気、終末期に起こり得る出来事について、クイズ形式で学ぶ内容となっています。

現役世代にはなじみのない言葉が多いので、クイズ形式は頭に入りやすいのではないでしょうか。

「終活」のくくりで範囲は広いです。
老後の資金、任意後見、認知症、介護、高齢者の住居、リバースモーゲージ、お墓、尊厳死と安楽死の違い、などなど。

高齢期に起こる問題について、今まで関心がなかったという方にお勧めです。



ずっと読みたくて、
なかなか手を付けずにいた

『GRIT』

自分のため、と思って読みましたが、
意外や意外。

子育てに使えますよ。
おススメです。

ずっと読みたくて、なかなか読めずにいた一冊。
読み始めたら、ワクワクして、うなづきながら、どんどん読み進めることができました。

体育会系的気質の私にとって、「情熱」「粘り強さ」をキーワードにした本書は、共感する点が満載です。

一方で、「重要度の低い目標は、あきらめる必要がある」という記述については、欲張りな私にとっては非常に難しいこと。

確かにその通りなんです。何でもかんでもやりたくなってしまい、結果、集中すべきことに全力を投じることができなくなります。その通りなんです。

「やり抜く力」は伸ばすことができるという点、明日が明るくなります。

「めげたままではいない。私は立ち直る」
なんて勇気をもらえる一言でしょう。

最後の方の章、「外側から伸ばす」は、ぜひ、子育て中の方に読んでもらいたいです。お勧めです!



子育てと言えば!

笑えたのは「自称イクメン」

あるある~

ハッとさせられた箇所は
「育児”休暇”ではなく、育児”休業”」
ライフプランニングに携わる立場として、「育児”休暇”」なんて誤った使い方をしてはいけないな、と思いました。

子どもが乳児、幼児の頃は、本当に予期せぬことの連続です。自分の気持ちや感情、タスクすらも後回し、とにかく子供中心に世界が回っている感じです。

拍手を送りたいと思ったのは「自称イクメン問題」。
確かに、子どもと一緒にいるだけで育児をしていると胸を張っちゃうパパ、いますね~。

自分はテレビを見ていたり、ゲームをやっていたり、昼寝をしたりしていても、子どもと同じ部屋にいさえすれば「子供の面倒を見ていた」と。

「子どもと遊ぶ」と「子どもの世話をする」は、完全に別の行為です。

しかしなぜか、本書を読んでからの自分。
我が家にも自称イクメンがいますが、なぜか寛大な気持ちになった私。なぜでしょうね。

我が家だけじゃない、社会全体として、同じような悩みの母たちがいる、自分の尺度で物事を考える父親は大勢いるんだ、と思ったら、どういうわけか、自称イクメンにムカついていた気持ちも和らいでしまいました。


そして

セミナー講師としては、
一度は読んでおきたいと思った本書。

気付けば
テレビCMも、ストーリー仕立てが多いですね。

仕事のさまざまな側面に置いて、参考になる事例がもりだくさんでした。

一番響いたエピソードは、ウォールナッツヒル・メディカルセンターの話。家計相談を業務としている私にぴったりの事例です。

金銭面での解決策を提供するのではなく、心豊かで幸せな日々を送る基盤を築いていただくことが、本当に提供したいサービスです。そのホスピタリティを、改めて学ぶことができました。

また、文章を書くことが多いので、「シンプルに語る」「3点ルール」は非常に参考になりました。

さらに、セミナーの講師としては、プレゼンの説得力としてさまざまなノウハウを学びました。


事実やデータよりもストーリー。
情熱を持ってビジョンに命を吹き込む。


このようなアツい、浪花節的な展開は、個人的には大好きです。

が、事例ばかりがずらっと並んでいると、だんだん飽きてきてしまいます。それぞれの事例はとても素晴らしいですし、刺激を受けます。モチベーションも上がります。

でも通しで読み続けていくのにはちょっときついなと思いました。1章ずつ、日を替えて読むと良いかもしれませんね。



年末年始は、
ゆっくり本を読んで過ごしたいなあ~。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:22Comments(0)モチベーション読書録お薦めの本

2017年12月14日

キラッ☆とよた ランチミーティング

今日は、

キラッ☆とよた(とよた男女共同参画センター)

セミナーに参加してきました。



『「育児は仕事の役に立つ」
著者に学ぶランチミーティング 』



浜屋祐子先生、とても素敵な方でした。

(気質や性格が、自分に似てる感じ
能力は全然違うけど、笑)


ご著書の「育児は仕事の役に立つ
をベースにしたお話と、
参加者同士のディスカッションです。



今日、たまたまここで一緒になった皆さんとの話。
刺激にもなったし、モチベーションが復活しました。



そして浜屋先生が用意してくださった
サイボウズの動画。

泣けました。



まずは夫の言い分。





次に妻の言い分。





そうそう。そうなんだよね。

ちょっとした見え方の違い。
感じ方の違い。

たまたま心に余裕がなかっただけ。



最後に、
自分の「チーム育児のモットー」を。

重箱に角はない!





参加した方の「ありがとう」を見習います!

浜屋先生、あの場にいたみなさん、
素敵な時間をありがとうございました!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年12月07日

宿題を先にやれるように(少しずつですが)

学校から帰ると

「疲れた~」

「暑い~」

「お腹空いた~」

のどれかで、
ランドセルを放り投げ、
上着を脱ぎすて

ぐで~~~~


という小5の娘。



私は、娘に対して
なるべく「指示」をしないようにしたい。

自分の頭で考えて、
行動してほしいと思っています。



でも、
「やりなさい」と言わないでいると。



宿題は、
気が済むまでゲームをした後。

または、
録画したテレビドラマの1時間分見た後。

給食セットは
夜までずっとランドセルの中。

連絡帳やプリントは、
夕飯の後にやっと持ってくる。




そんな娘の行動を
何とかならないかなあと思っていたところに。


ディスカバー刊『はじめての子ども手帳』の
モニター募集の案内を見つけて!


応募して、約1ヵ月間、
娘が使ってみました。



私が手帳を使うのを見ていて、
自分も手帳が欲しいと

低学年の頃から
毎年、手帳を持っていましたが、
あまり使いこなせていませんでした。


はじめての子ども手帳
のキャッチを見ると、
自主性が育まれながら
時間管理ができるかなと。



最初の1週間は、
目標を立てるのが面白かったり、
達成できてうれしく思ったり。




結構張り切っていたのですが、
毎日、手帳を開いて
タスクを振り返る作業が
だんだん面倒に……。




途中から、
毎日の「やること目標」が
宿題だけになってしまいました(笑)。

週の初めに書くはずだった
「今週のめやす」も真っ白!

何とかモチベーションを維持しようと
私が必死のフォロー(苦笑)。



記録に残っている
手帳だけを見ると

「なんだかさっぱり」

っていう感じなのですが。



ただ、明らかに
娘の意識と行動は変わってきました。



「やるべきことは早くやった方が
スッキリする」


と、実感しているように見受けられます。

宿題に手を付ける時刻が早くなりました。

私がいちいち言わなくても、
やるべきことを進んでやろうとしています。

休日に好きなことをしたいため、
土曜日の午前中のうちに
宿題とシューズ洗いを終わらせていました。



手帳というツールがあると

今度は、
「手帳に全然書けていない」
というマイナス面が浮き彫りになってしまいましたが、
それは表面的なこと。



明らかに行動はプラスに転じています。



面倒なことを後回しにするのが、
だんだん少なくなってきました。



また、
やってみて感じたのは、
親も子供をしっかり見て、
フィードバックしてあげるのが大切だということ。

忙しくしている親としては
ちょっと大変ですが、
その関わりがより効果を上げると思います。



はじめての子ども手帳』は、
日付が空欄になっているので、
いつからでもスタートできます。

目標や計画を立てて実行し、
達成感を味わう。


この積み重ねで、
優先順位を自ら決めて、
自分の考えで行動できるようになるでしょうね。




書店で販売していますので、
一度使ってみて下さい。

学年に応じた使い方ができると思いますので、
小学生以上なら何年生でもお勧めです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子




  

2017年11月14日

素敵なプロフェッショナル

今日は、娘が学校から帰るなり、

「昨日録画したテレビ見ていい?」

と。



てっきり、
また月9ドラマでも見るのかと思ったら。


NHKの『プロフェッショナル』。



これは私が大好きな番組で、
以前は毎週録画して見ていました。



自然に娘も目にするので、
テーマソングに反応するほど。



でしたが、
なかなか見る暇もなく
DVDのハードディスクがいっぱいになっちゃうので
最近はタイマー録画をやめていたのでした。



昨日は、
娘が予告を見て自分でタイマーセットしたらしい。

彼女は
ドラマの「コード・ブルー」が大好きなんです。



昨夜のプロフェッショナルは、
救急医・小林誠人さんさん。

ドクターヘリ出動!
地域を守り抜け


というタイトルでした。



「日本で一番多忙な救急医」
と称されていたにもかかわらず、
とても心に余裕のあるお仕事ぶり。



いや、きっと
余裕なんてない現場だと思います。



でも、冷静沈着で英断を下し、
チームがうまく回るような配慮をし、
疲れた表情は微塵も見せずに、笑顔。



お医者様としての
技術が優れているだけではないですよね。



素敵な方を見せて頂きました。



ちょっとのことでイライラしたり
予期せぬことで慌てふためいたり

そんな自分を恥ずかしく思います。



良い仕事をするには、
まず自己がしっかりしていないと。



深呼吸。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子




  

Posted by FP石原敬子  at 21:49Comments(0)モチベーション

2017年11月07日

魚はあげない 釣り方を教えます♪

「●●は、こういうことですよね?」

回を重ねるごとに、
マネーセンスが身についていくご様子。



2週間に1度、
マネーレッスンを受けて下さっている
お客様のことです。



約10ヵ月になりました。


次のレッスンまでの2週間に、
新聞やテレビのビジネスニュース、
書籍などで疑問に思ったことを
メモして頂いて、
レッスンの日に私が解説する

という方法でレッスンしています。



もともと
投資セミナーなどに
熱心に足を運ばれて
ご自身でも資産運用の勉強を
されていましたが



2週間に1度の
マネーレッスンを受けて頂いてから
セミナーの内容が
以前より理解できるように
なったそうです。



最近は、
1年前に読んだ経済の新書本を
読み返していらっしゃるそう。



前に読んだ時には
難しく感じられた本も、
今では良く理解できるそうです。



ご質問の内容も、
ステップアップしているのが
私にもよく分かります。



これだけレベルアップしてくださると
私もすっごく嬉しい!!




「魚を与えるよりも
魚の釣り方を教える方が役に立つ」

とよく言われます。



レッスンを受けて
資産が殖えることより、
一生役に立つ知恵を
身につけて頂いていることの方が
ずっとずっと有益です。




経済環境は刻々と変わります。

いま、何に投資をしたら良いかとか
いま、何が有利だとか

そんなことをお伝えして、
いま金銭が殖えるよりも、

一生モノの運用力を身につけて頂く方が
ずっと価値があるのです。


マネーレッスン、グループレッスンなどの
詳細はこちらです。

ページの下の方にある

『おカネのおケイココース(レッスンメニュー)』

より概要を抜粋します。


【レッスンの内容例】

家計管理の基礎レッスン
社会保険(公的年金、健康保険)・税金・ローン・保険契約などの基本的知識


資産運用の基礎レッスン
預貯金・外貨運用・株式投資・債券投資・投資信託などの特徴や利用方法自己責任時代の資産運用の心構えなど


金融商品のパンフレットを読むレッスン

金融商品のパンフレットや資料の中で、重要な記述や注意点などを、実際の資料を使い学んで頂きます


【レッスンの回数】

内容に応じてご相談


【レッスン時間】


1回あたり約2時間

【料 金】

1回あたりお1人さま2,000円(消費税込)


※ 時間帯、回数などはご相談に応じます。



街路樹が色づいてきました。
今日も気持ちの良いお天気でした。





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:11Comments(0)モチベーションご案内投資全般

2017年11月04日

UVレジンヘアゴム 納得の出来ばえ

学校からもらってくるイベントのチラシ。



うちの娘は、
1枚1枚丁寧に見て

「これは行きたい」
「これは行かない」

と分類してから
私に渡します。



いま豊田のまちなかで開催中の


とよたまちなか こどもタウン

子育て支援センター「あいあい」で行われる
『UVレジンでアクセサリー』のワークショップ。

とっても小さな記事でしたが

「これ行きたい!!」

と言って、チラシを持ち帰ってきました。


というワケで、
何年かぶりに『あいあい』へ。


UVレジンのハンドメイドが大好きで、
ワークショップを
目ざとく見つけてきます。



今回の作品は、お月さま。




以前、T-Faceのイベントで
初めてUVレジンのアクセサリーを作り
とても楽しかったとのこと!

それが中央の正方形のヘアゴムと
貝殻のストラップ。


今回も、その時の先生が教えてくださったそうで、
お話に花が咲いていました。



UVレジンが娘のブームになった当初は、
UVの照射機が欲しくても
かなり高いので手が届かないと
端からあきらめていたみたいでしたが。



最近では、
東急ハンズや手芸用品店の
店頭やパンフレットで
「手ごろな値段」で買えるものを
物色。



どうやら
お小遣いを貯めたら買えそうだと。


手帳に、
「UV照射機を買う」
という目標を書き、
お小遣いのやりくりをうまくすれば
早くて今月末ぐらいには
買えそうになってきたようで

も~う、ワクワクしっぱなし!



さあ

計画通り貯められるでしょうか???



ところで久しぶりの「あいあい」。

小学5年生の娘は、
懐かしい遊具を見るなり


「小っちゃ!!」


「もう入れないよ」

だそうです(笑)。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

2017年10月28日

人生100年時代、気になる老後資金

今日は、
東郷町でセミナー。




第3回TOGO大学講座
『将来に備えたライフプラン』


というタイトルで
お話をさせて頂きました。



最近は、
政府でも「人生100年」と言うようになり、
どんな年代の方でも
「将来」を考える必要があります。



「老後の資金はどれぐらい必要?」



と聞かれても、
老後のお金の使い道は、
十人十色。



また、
一口に「老後」といっても
何歳から何歳を「老後」と考えているのか

これも一人ひとり違います。



今日、来場された皆さんに

「老後の始まりは何歳だと考えていますか?」

「では、老後の終わりは何歳だと思いますか?」

とお聞きしてみました。


多くの方が、
65歳からが老後と考え、
90歳前後で老後を終える

と考えているようでしたが

なかには100歳以上まで
と考える方もいらっしゃいました。


「老後」が何年間なのかによっても
必要な老後資金は違ってきます。


健康や食生活に気を配っている方と、
暴飲暴食、不規則生活という方では、
将来の支出が違ってくるかもしれません。



ご自分の生き方に合う支出の見積もりと、
第二の人生の収入の見積もりを

「ご自分の場合」

で計算してみて下さい。

老後に必要な資金が具体的になりますよ。



セミナーが終わって外に出てみたら
空を仰ぐ、素敵な像がありました。



今日、セミナーにお越しいただいたお客様の中に、
以前に個人相談にいらっしゃった奥様と、
その旦那様がいらっしゃいました。

意識が変わって良い方向に向かっているとのことです。
空を仰ぐ像に、
そのご夫婦を重ね合わせてしまいました。



すっごく嬉しい!
嬉しいご報告を頂きました!!



おかげで私は元気モリモリ♪
午後は、また他のセミナーの資料作成で
ハードな資料にガッツリ取り組むことができました。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年10月14日

ほぼ日手帳……のカバーだけ購入

来年の手帳を選ぶ
時期がやってきましたね~。



私は、
A5サイズのノートタイプか
バイブルサイズのシステム手帳が
使いやすいです。



中身は、
コビー氏の「7つの習慣」がコンセプトの
フランクリン・プランナー
が好きで、
何年か使っていました。

けれど、
コンテンツページの分は、
持ち歩きには重いかなあ~
と思ってみたり。



機能的で気に入っているのは、
コクヨのキャンパスノートダイアリーの、
セパレートタイプ

月間カレンダーと
週間バーチカルのページが
上下に独立しているんです。

あっちめくりこっちめくりせずに
月の予定を
週間スケジュールに転記できます。

非常に使いやすい!



ただ、
シンプル過ぎて
テンション上がらないのが難点。



そこで、
気に入ったカバーを別に購入します。



カバーデザインは、
ダントツお気に入りが「ほぼ日手帳」。

とはいえ、
個性的過ぎて
「コレ」と思えるものが
ない年もあります。

今年は「ほぼ日」お休みしてました。



が、

2018年は、「ほぼ日」に決まり!



届きました!!



ポーターの吉田カバンとの
コラボデザイン……ほぼバッグ(笑)。



コクヨキャンパスのセパレート
(2017年、使用中)を合わせてみると



こんな感じ。



ペンやカード類だけでなく、
長財布や文庫本なども入る
収納力バツグンとのことで!



ちょっと近所に買い物中でも
仕事の電話が入り
スケジュールを確認

なんてことがよくあるので、
ちょうどいい!!



よしっ!

来年も、また頑張れそうな予感ハート


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:25Comments(0)モチベーション楽しみのこと