2018年03月25日

人生の目的は、心を高めること(稲盛和夫)

3月中旬は、
心をリセットするような本を
立て続けに読みました。





昨年の事業の決算をして
確定申告書類を作成していた時期。

同時並行で、
下記の本を読み進めていました。、


どれも読みやすいので、
おススメです!

前向きになれる本。

ただ、
書かれている通りのことができれば良いのですが、本を閉じると忘れてしまいがちです。

折に触れ、読み返すのが良いかもしれません。

随所にモチベーションが上がる記述があり、読んでいるうちに気持ちが積極的になれます。

「起きていることはすべていいこと。自分に意味があること」

同感です。

不平不満を口にしていないで、「自分がやるべきことを楽しく、全力で」やろうと思います。




稲盛氏の本は、どれも、
心をリセットさせてくれます。

「考え方」×「熱意」×「能力」

どの要素も大事。

ただし、「熱意」と「能力」は正の値しかないけれど、「考え方」だけはマイナスからプラスの値の幅がある。

改めて「確かにそうだ」と感じた記述がありました。
「利他の喜びは、利己を満足した時の喜びとは質が違う」
確かにそうです。誰か喜んでもらった時は、本当にうれしいものです。

仕事でも私生活でも、地域の活動や友達との関係でも、誰から喜んでくれるから楽しくやれるんですよね。

心のあり方、生き方、ものの考え方を説いた本です。

なぜか今回も、読み進めながら「子育てに役立つヒントが盛りだくさん」と感じました。

子育て中のママにおススメしたいです。




職業柄、多くのお金持ちの方と接しているという著者が、お金持ちの方を観察していて見つけたポイントを列挙しています。

本人の自慢話でないところが、読みやすくさせているのかもしれません。

内容的には、人間として当たり前のことをしているだけのこと。でもそれを意識して徹底的に行うのはなかなか難しい。

極めて当たり前のことなのですが、できていないことが多い。だから凡人。

本書の中には、ちょっと頑張れば意識的にも行動的にもできそうなことはいくらでもあります。しかも些細なことばかり。1つずつ習慣にして身につけていきたいものです。

「上機嫌は大人のマナー」という表現が気に入りました。




久しぶりに小説を読みました。何年ぶりでしょう。

不思議な読後感です。じわーっと来る。

日ごろ、一息つくと必ずスマホのロックを解除しています。特に重要な連絡を待っているわけでもないのに、LINEやFacebookが気になって、開いてしまいます。

そんなクセはやめようかな、と思いました。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:38Comments(0)モチベーション読書録お薦めの本

2018年03月16日

大阪・堂島の肉バル「エイジングハウス」でガッツリ肉。

今日は、
ファイナンシャル・プランナーの業務に関して
研修があり、
大阪に行ってきました。



昨日、思い立って
研修に参加する(かもしれない)
FPのお友達に聞いてみたら、
参加するとのこと!



「研修前に、ランチしよっ」

「OK! 新幹線の予約変更するね」

「待ち合わせは研修会場の1階」



トントン拍子に決まり。
このリズム感がたまらない!



ふだんオンラインでしかやり取りできない、
京都の仲間とランチおしゃべりできました♪


しかも、肉三昧。
堂島の「エイジングハウス

牛肉のミートボール、
チキンのフライ、
ローストポーク

が一緒に鉄板に載ってた~!!

(数年ぶりの再会に感激して
ランチの写真なんぞ
撮っている場合ではなかった)



彼女の
「突き進む力」
が素晴らしくて。



真似したいものです!

と思っても
なかなか真似のできるレベルじゃなく。



コツコツ積み上げてきたものが、
どんどん開花している彼女。



お金で学ぶさんすう®
を立ち上げた、理事長の住山志津枝さん



信念を持って
やりたいことを公言していると
本当に実現するという
ロールモデルです。



今度、
子育てコーチングのサークルに来てもらって
お話をしてもらうことにしました~♪



来月、ママトコに来てもらいます!!
詳細を詰めたら、
またこちらのブログでご案内しますね~。






旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2018年03月02日

イベントの企画は、ワクワクしますね♪

今日は、こちらで打ち合わせ。



地元の逢妻交流館です。



今年の4月から、
交流館の営利利用が可能になります。

そこで、
逢妻交流館でも、
地域住民の活躍をバックアップするため
新しい試みを企画してくれました。


(仮称)逢妻ママフェスタ


地域の子育て中のママたちが
得意なことを持ち寄って
学びたいママたち向けに
講座を行うというもの。



今日は、その打ち合わせでした。

講師として応募された皆さんとの
初顔合わせでもあり。



ハンドマッサージ、リンパケア、
ギフトラッピング、パッチワーク、
コーラス、ハーバリウム などなど。



バラエティに富んだ
フェスティバルになりそうで
ワクワクです!


2018年6月29日(金)
10:00~14:00です。



私は、

=========================

①教育費・住宅資金etc「どうしよう」と思ったら
『ライフプランを立ててみよう』

②『家計やマネープランの個別相談』

=========================


のブースを計画しています!



詳細が詰まってきましたら、
またご案内しますね~!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2018年02月25日

帰りに必ず買うお酒

志賀高原に行くと必ず、
お酒を買って帰ります。



湯田中の玉村本店さん。

志賀の宿には、
地ビールなら「志賀高原ビール」、
日本酒なら「縁喜」
が置いてあるかと思います。

その蔵元。



我が家が好きなのは、
「縁喜」の純米大吟醸。



香りが良くて飲みやすい。
食事がおいしく感じられる(笑)。



というわけで。

今回もお買い上げです^^



さあ~!
明日からまた日常生活。

お仕事頑張ろう~。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2018年02月23日

50歳から前を向いて生きるための……

2月は、
特に上旬がぎゅうぎゅう詰めで。


例年のことなので、
計画的に進めて2月を迎えればいいのですが、
年末年始から怒涛のように流れてきて
あっという間に2月。

それも下旬笑顔汗


金利については、個人投資家の多くの方が難しいと感じていらっしゃるようです。

本書は『「超」入門』とありますが、やっぱり投資経験の浅い方や経済・金融への関心が薄い方には難しく感じられるのではないかという印象です。

それでも、「超」でなくとも入門書として、平易な言葉を意識して使われていると感じました。日経新聞や経済ニュースなどに抵抗感がない方だったら、面白く読めるのではないでしょうか。

金利については、短期金利と長期金利を明確に区別して理解してもらえるように説明するのが重要だと思っています。

その点で、本書は理解の助けになるだろうと思います。

今後、マイナス金利政策の出口については、ますます注目が高まるでしょうし、場合によっては波乱もあるでしょう。そのような環境に置かれた時に、慌てずに済むよう、金利の動向や政策がわたしたちの生活にどのように関わって来るのかを知っておくのは大切だと思います。



久々に、私の中での大ヒット!

子育てが一段落して、
一番楽しい時期じゃありませんか!

久々に拍手! ブラボー!
坂東先生、ナイス!

「50歳から前を向いて生きていくための指南書」です。

ベースにあるのは、リンダ・グラットン著『LIFE・SHIFT』です。

50歳以降を「余生」と呼ぶのではなく、メインの人生の第2ステージと位置づけ、ステップ踏みましょう!!


次は、

読んでいて徐々に、
何だか「自社のセミナーの宣伝?」
と思ってしまいました。

「セミナーに来られない方に、
本書で学んでもらいましょう」

ってことらしいですけど。

自分自身の棚卸し、というところでしょうか。
主に仕事面における、自分自身の見直しのためにどうぞ。

ほとんどは類書でも言われているような内容ですが、自分の足跡、価値観、眠っている強みなどを活かしきれていない方が読まれると、発見があるでしょうね。

多くの人は、PDCAの「P」と「D」しかやっていない……確かにそうだと思います。本書で一番響いたのは、ここでした。



そして、
日経読者にはおなじみの
滝田編集委員の新書。

折しも、
株式市場が不穏な動きを見せた
時期に手に取りました。

まさにタイムリー!

2月に入って株式市場の大幅な調整を迎え、
その後のマーケットも信頼感が薄く
ウロウロしている最中に本書を読みました。

滝田さんの文章やお話は、
例えが上手なので尊敬します。

「この言葉を使えば誰もがイメージできる」という、端的にその事柄を表現する語句を持ってくるんですよね。

ダラダラとした説明がなく、「言い得て妙」な単語。
そのためとてもリズミカルで、非常に読みやすいんです。

ところで滝田さんといえば、新書の論調はもっと硬かったと思います。本書は、まるでエッセイかと思うような出だしの第1章。するするっと引き込まれて行きました。

何気ない日常の出来事や街の様子から、景気の動きをキャッチします。その感覚、そのアンテナが投資家や生活者としてとても大事。

つまり、バブル崩壊に巻き込まれない防衛術なのです。

滝田さんの視点を真似て街を歩けば、景気の先読みができるようになるのではないか? と思います。大変勉強になる1冊です。

日銀の今後の出方はどうなるのだろう?

いま、誰もがそう思っていると思います。ぜひ、大きな動きが出る前に、本書を通読されることをお勧めします。


最後は、ブームの「行動経済学」。

でもちょっと類書と違うテイストなので、
一度読んでみて下さい。

2002年ノーベル経済学賞のカーネマン教授、続いて2017年ノーベル経済学賞のセイラー教授。

いま、行動経済学がブームです。
本書は、日経新聞朝刊の「経済教室」コーナーの特集を編集し直したものです。読み進めながらも随所で「あ、これ読んだな」と記憶のどこかに。

ところで本書は、
「認知バイアス」「アンカリング」「フレーミング効果」などといった、行動経済学でよく出てくる用語を前面に出して解説する類書とは一線を画しています。

どちらかというと、日々の生活や仕事の中で抱く感情が、経済学的にどのような意味を成しているのかといった側面に焦点を当てています。

私は、やる気・モチベーションの章が面白かったです。

他に、幸福論、差別・偏見、希望学、メンタルヘルスなどの章があります。各章ごとにテーマに分かれ、それほど文字量も多くない小論文なので、幅広く多くの方が読みやすいと思います。




……こうして何冊も一度にアップせず、
こまめに上げたいものです……


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2018年02月22日

メチャメチャ嬉しい♡

昨日のブログで、
フリーペーパー『PIPO』の記事について書きました。



ブログをアップした後、
パラパラっと『PIPO』をめくっていると!



めちゃめちゃ嬉しいコメントが!!





「読者の広場」のコーナーです。

とても嬉しいフィードバックでした。



限られたスペースで、
正しい情報を
分かりやすい言葉でまとめて
お届けするのは至難の業。



文字量が多い方が、
実はずっと楽なんです。



そんな中でも、
知識の伝達だけでは
私らしさが伝わらない。



フリーペーパーの記事は、
私を知っていただくのが目的です。



1つのテーマで
ある情報をお伝えする場合でも、
自分なりの考えを加えて
お届けしているつもりです。



考え方はいろいろあって、
こんな見方もありますよ、と
物事を違う視点でご紹介するのも
気をつけている点です。



投稿者様が感じて下さっているほど
実物の私は易しいかどうか疑問ですが(笑)、

「惹きつけられる魅力」

なんてお言葉を頂いて
本当にうれしい限りです。



そういえば、
1か月ぐらい前にも
友人がメールをくれました。



「敬子さんらしい文章になっているなぁ。
と感じたことを伝えたくて、
メールさせてもらいました。

(中略)

敬子さんだから伝えられることを、
これからも発信し続けて下さい。」



お金の最新情報や知識を伝えるだけでなく、
その情報を、
どう考え、どのように活用するのか。



時には辛口な意見も述べますが、
これからも、
この持ち味を生かして
発信し続けたいと思います。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2018年01月26日

「自分と向き合う講座」のち Risoさんのパン

今日は
キラッ☆とよた「私らしいライフプランを考えるセミナー」の
第4回目でした。


テーマは「自分と向き合う、今日からはじめる私の夢への一歩」。
講師は学び舎momさんの方です。



ドリームマップの紹介や、
価値観ワーク、
「何も制約がなかったら何をしたいか」
などのワークを通じて、
夢を叶えるステップに一歩踏み出す

という講座。


1日、1mmでも前に進む。



私は、
「50分の仕事+10分の家事」
サイクルの習慣化を毎日続けることにします。



講座の後は、

コンテンツニシマチの
Risoさんでおやつのパンを
買いました。



どちらも
クリームチーズがトッピング。



左のシナモンロールは
甘ぁいクリームチーズと
シナモン、メイプルシロップが
ちょうど良いバランス。

右側は小さな食パンに
クリームチーズと杏子。
酸味が効いています。



どちらもパンはふわっふわ!

次は、松丈コロッケサンドを買いたいな。



(今日も置いてあったんだけど、
シナモンロールが私を呼んでいた、笑)





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  
タグ :Riso


2018年01月09日

2018年ヨガ初め

ヨガ初め。

終わってから
背筋がピンと伸びて、
帰宅後の
タスクはサクサクと。

ヨガで2時間使っても、
1日を有効に使えます。


今年初旬の読書は
オフにさらっと読めるものを。



中谷氏の本は、
どれも同じような感じがして
めったに読まないのですが、
タイトルが気になりました。


とかくお金に関しては、
露骨に話をすると品がななどと思われがちです。

「お金が欲しい」などとストレートに言葉にすると、品がないと言われます。

タイトルの「品のある稼ぎ方、使い方」とは具体的にどのような作法なのか興味を持ちました。

至って当たり前のことが書かれています。品のある行為として取り上げられている一つひとつが本のネタになるのは、人々がお金を粗雑に扱っているからでしょう。

お金は、大切に扱えば、その心に応えてくれるものです。誰かの役に立つことに使えば、それが自分に還って来るものです。価値を見出したものの代金として使えば、その商品の「次」につながります。その商品を作ったり関わったりした人への感謝の代償です。

ともすると忘れがちな、お金や労働、物への感謝の気持ちを思い出させてくれる一冊です。



ナイトタイムエコノミーについて、
調べる必要があり、
急きょ購入してお勉強。

ナイトタイムエコノミーについて詳しく調べていて、本書に巡り合いました。

訪日外国人の需要を取り込む目的で、政府が力を入れ始めていると思っていましたが、地域経済振興の狙いもあり、進行の先には税収増も見込めるという、創造よりも大きなマーケットになりそうだと感じました。

夜の遊び=飲み会、だけではありませんね。ハロウィンやイルミネーション、花火など、大人も子どもも楽しめる夜のエンターテインメントはあります。

「ナイトメイヤー」のような、安心して夜を楽しめる環境づくりと、交通機関の充実が課題ですね。



次は……

この方、本当にカウンセラーなの?

残念な本でした。

事例がいくつも出てくるわりには、すべて「他者(多くは母親)からの暗示」が原因だと結論付けています。

「行動できない」原因は、人によってさまざまだろうと思うのですが、みんな同じパターンに落とし込んでいます。みんながみんな、他者からの呪いの暗示や嫉妬を受けているわけではないと思うのですが……?

1つだけ学べたことは、私自身が母として、娘に呪いの暗示や嫉妬をしないように育てなければいけないと感じたことです。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年12月29日

2017年の振り返り

今日は大納会でした。

株式取引の年内最終日。



日経平均株価の今年の終値は
22,764円94銭。

年内に2万3千円行くかな?
と多くの投資家が
株価を見つめていたのではないでしょうか。



今年後半は
好業績が株価を押し上げるという
正当な株価上昇で爽快感があります。



やはり官製相場は
どことなく不快な感じですよね。



ところで

私の2017年のモットーは



確か、
娘がいつまでたっても
書初めの宿題に
とりかからなかったので
思い付きで書いたのでした。



3つとも満点!



心地よく快適に過ごせた
2017年でした!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年12月19日

「やり抜く力」や「ワンオペ育児」など

スキマ時間に、読書。




待ち時間が少しあれば、
数ページ読み進め、
電車に乗れば、ガッツリ読んで。



娘の送迎で待っている間も、
極力静かな場所を選び。



でも思うように進まないですけど(笑)。



本を読む目的は、
仕事上の資料にすることがだいたい半分。

残り半分のそのまた半分は、
モチベーションアップかな。

半分のもう半分の片方は、
興味の範囲を広げるため。



今月前半は、
社会問題あり、自己啓発ありと
バラエティに富んでいました。

高齢になると身近な問題になりそうな生活上の出来事、介護や病気、終末期に起こり得る出来事について、クイズ形式で学ぶ内容となっています。

現役世代にはなじみのない言葉が多いので、クイズ形式は頭に入りやすいのではないでしょうか。

「終活」のくくりで範囲は広いです。
老後の資金、任意後見、認知症、介護、高齢者の住居、リバースモーゲージ、お墓、尊厳死と安楽死の違い、などなど。

高齢期に起こる問題について、今まで関心がなかったという方にお勧めです。



ずっと読みたくて、
なかなか手を付けずにいた

『GRIT』

自分のため、と思って読みましたが、
意外や意外。

子育てに使えますよ。
おススメです。

ずっと読みたくて、なかなか読めずにいた一冊。
読み始めたら、ワクワクして、うなづきながら、どんどん読み進めることができました。

体育会系的気質の私にとって、「情熱」「粘り強さ」をキーワードにした本書は、共感する点が満載です。

一方で、「重要度の低い目標は、あきらめる必要がある」という記述については、欲張りな私にとっては非常に難しいこと。

確かにその通りなんです。何でもかんでもやりたくなってしまい、結果、集中すべきことに全力を投じることができなくなります。その通りなんです。

「やり抜く力」は伸ばすことができるという点、明日が明るくなります。

「めげたままではいない。私は立ち直る」
なんて勇気をもらえる一言でしょう。

最後の方の章、「外側から伸ばす」は、ぜひ、子育て中の方に読んでもらいたいです。お勧めです!



子育てと言えば!

笑えたのは「自称イクメン」

あるある~

ハッとさせられた箇所は
「育児”休暇”ではなく、育児”休業”」
ライフプランニングに携わる立場として、「育児”休暇”」なんて誤った使い方をしてはいけないな、と思いました。

子どもが乳児、幼児の頃は、本当に予期せぬことの連続です。自分の気持ちや感情、タスクすらも後回し、とにかく子供中心に世界が回っている感じです。

拍手を送りたいと思ったのは「自称イクメン問題」。
確かに、子どもと一緒にいるだけで育児をしていると胸を張っちゃうパパ、いますね~。

自分はテレビを見ていたり、ゲームをやっていたり、昼寝をしたりしていても、子どもと同じ部屋にいさえすれば「子供の面倒を見ていた」と。

「子どもと遊ぶ」と「子どもの世話をする」は、完全に別の行為です。

しかしなぜか、本書を読んでからの自分。
我が家にも自称イクメンがいますが、なぜか寛大な気持ちになった私。なぜでしょうね。

我が家だけじゃない、社会全体として、同じような悩みの母たちがいる、自分の尺度で物事を考える父親は大勢いるんだ、と思ったら、どういうわけか、自称イクメンにムカついていた気持ちも和らいでしまいました。


そして

セミナー講師としては、
一度は読んでおきたいと思った本書。

気付けば
テレビCMも、ストーリー仕立てが多いですね。

仕事のさまざまな側面に置いて、参考になる事例がもりだくさんでした。

一番響いたエピソードは、ウォールナッツヒル・メディカルセンターの話。家計相談を業務としている私にぴったりの事例です。

金銭面での解決策を提供するのではなく、心豊かで幸せな日々を送る基盤を築いていただくことが、本当に提供したいサービスです。そのホスピタリティを、改めて学ぶことができました。

また、文章を書くことが多いので、「シンプルに語る」「3点ルール」は非常に参考になりました。

さらに、セミナーの講師としては、プレゼンの説得力としてさまざまなノウハウを学びました。


事実やデータよりもストーリー。
情熱を持ってビジョンに命を吹き込む。


このようなアツい、浪花節的な展開は、個人的には大好きです。

が、事例ばかりがずらっと並んでいると、だんだん飽きてきてしまいます。それぞれの事例はとても素晴らしいですし、刺激を受けます。モチベーションも上がります。

でも通しで読み続けていくのにはちょっときついなと思いました。1章ずつ、日を替えて読むと良いかもしれませんね。



年末年始は、
ゆっくり本を読んで過ごしたいなあ~。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:22Comments(0)モチベーション読書録お薦めの本