2018年10月11日

『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』2018年秋号

電子書籍の『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』
最新号のご案内です。



1週間ほど前から発売されていました。
遅くなりましたが、ご案内いたします!

ファイナンシャル・プランナー・マガジン』
2018年秋号 Kindle版


定価 99円



今回、私の書いた内容は
株式投資に役立つ話。

投資指標を使いこなすために
留意しておきたいポイントを
シリーズでお伝えして行きます。

まず今号では、
割安性を見る投資指標から、
PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)。

実務的な見方について紹介します。



■目次■

【ファイナンス】
家計管理が苦手な人の教育資金選考
(執筆:大木 美子)

【金融資産】
投資指標を柔軟に使いこなそう 
①「割安性」編
(執筆:石原 敬子)

【相続】
認知症と資産凍結
・介護と共に始まる資産管理の憂鬱 
~選択肢のひとつに「家族信託」を~
(執筆:安田 晶子)


購読方法は……

下記、販売ページから
ダウンロードをして下さい。

【最新号Vol.021 Amazon販売ページ】
https://www.amazon.co.jp/dp/B07J3PZ4B4/


Kindle Unlimited(定額読み放題サービス)
の対象です!

どうぞよろしくお願い致します。

FPMAG021


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  


2018年09月29日

講座はただのお手伝いでしたが……

今日は、NPO法人 ら・し・さ主催の
『終活講座in名古屋』の日でした。




NPO法人 ら・し・さは、
まだ今ほど終活が一般的でなかった15年前に、
FPの視点でエンディングノートを出したいということで
設立したNPO法人です。



私も設立メンバーではあるのですが、
豊田に来てからは、
なかなか顔を出すことができず……



今日も、
名古屋での開催だというのに、
運営は東京任せ。
すみませんって感じです。



けれど多くの方にお集まりいただき、
皆さま熱心にお聞きになられたようで
良かったです。





FPとして独立した頃の私を
知ってくれている、
長年お世話になっている方々に会うと、
ホッとします。



準備もバタバタ、片付けもバタバタ。
だけどなんだか楽しかったです。



会場が国際センターだったので、
もちろん
大名古屋ビルヂングに寄り道。

黄金わらび



大豆の味がしっかりするきな粉と、
トロットロのわらびもちが絶妙な

ツバメヤの黄金わらび~!!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

2018年09月20日

今月のPIPOでは、パートの壁の話題

PIPOの配布週となりました。


先日、このブログでも

厚生年金、パートの「壁」を下げる案

としてご案内しました、
厚生労働省が
厚生年金加入の適用対象を
拡大する検討をしている話を掲載しました。




豊田市、みよし市の各施設、
ご自宅への配布で
どうぞご覧くださいませ~!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2018年09月05日

電話でご相談「ボイスマルシェ」

娘の夏休みが終わり、
台風も過ぎ去って、
ようやく
通常のペースを取り戻しました。



夏休み期間中は、
落ち着かないのでお休みをしていた

「ボイスマルシェ」の電話相談



今週から再開です。

私のキャッチフレーズは、
お金まわりを整えて、カラフルな人生を

ボイスマルシェは、
電話で相談をするシステムです。

匿名で相談できるのが特徴です。
相談できるのは女性だけ。
カウンセラーも女性しかいません。



無料ではありません。
責任を持って対応します。



私の自己紹介ページはこちら

https://www.voicemarche.jp/advisers/889


メニュー(プログラム詳細、時間、料金)は

お試しショートコース(25分)

メインセッションコース(55分)

メインセッションコース(110分)


直接お目にかかって相談するのは
恥ずかしい……という方は、
どうぞご利用くださいね!





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年09月01日

ねんきん定期便が届いたら

8月は誕生月だったのですが、
なかなか「ねんきん定期便」が届かず、
郵便がどこかに紛れてしまったのかと
思った矢先。



8月30日に届きました。






みなさんも、
お誕生月に「ねんきん定期便」が
届くかと思いますが、
ご覧になっていますか?



まず
大きなポイントとして、

50歳未満の方と、
50歳以上の方では
様式が異なっています。



50歳未満の方は、
現在(正確には2ヵ月前)までの勤務状況で計算された
「年金の見込額」です。

なので、
今後も働き続けるとか、
国民年金保険料を払い続けるなどで
この先の加入期間については
反映されていません。

よって

50歳未満の方は
年金定期便に記載された
「年金の見込額」が
すご~く少なく感じると思います。



50歳以上の方は、
老齢基礎年金と老齢厚生年金の
「年金の見込額」が確認できます。



ただし!

厚生年金基金に加入していた(いる)人の場合、
ねんきん定期便の「年金の見込額」以外に
実際は「基金代行部分」が加算されます。

ねんきん定期便には、
「基金代行部分」が記載されていないのです。



じゃあ、
「年金の見込額」って目安にならないじゃないの!
と思うかもしれませんね。




厚生年金基金の加入期間がある人には、
支給される老齢厚生年金(報酬比例部分)のうち、
厚生年金基金加入員期間についての部分は、
代行部分が差し引かれて厚生年金から支給されるのです。



「基金代行部分」は、
厚生年金基金から支給されます。



簡単に整理すると、
厚生年金基金の加入期間のある方については、
老後の年金は

「国民年金」+「厚生年金」+「基金代行部分」


ということになります。



では、
「基金代行部分」は
どのようにして知ることができるか?



ねんきんネット」です。



日本年金機構のホームページ内に
設置されています。

ねんきんネット http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

利用するには、事前登録が必要です。
郵送された「ねんきん定期便」に記載された
アクセスキーと、
年金手帳等に記載されている基礎年金番号があれば
登録ができます。



ねんきんネットの利用は無料です。



ねんきん定期便では、
加入期間などの確認はできるのですが、
最も関心のある

「私は老後の年金はいくらもらえるんだろう?」


の疑問に答えてくれるのは、
ねんきんネットの方です。




また、ねんきんネットでは、
年金の受取開始時期を早くしたり(繰り上げ受給)、
遅らせたり(繰り下げ受給)した場合、
受取見込額がいくらになるのかの
シミュレーションもできます。



ぜひ、
じっくりとご覧になってみて下さい。

いろいろなパターンで試算をしてみて下さい。



受取年金額のめどが分かれば、
老後生活の不安も和らぐことでしょう。

おススメです!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:32Comments(0)ライフプラン備えることご案内終活

2018年08月28日

「終活講座in名古屋」

NPO法人 ら・し・さ からのご案内です!

「終活講座in名古屋」のお知らせ

FP(ファイナンシャル・プランナー)が作った
エンディングノートの草分けである
「ら・し・さノート」を使った
終活とエンディングノートのセミナーを
名古屋で開催します!

ご興味のある方は、
ぜひ、ご参加ください。



「エンディングノートとは、どういうもの?

どのように書けばいいの?」

「成年後見制度について、ぜひ知りたい」
という方に、

終活の専門家集団
「NPO法人ら・し・さ」のメンバーが、
わかりやすくお伝えします。

= = = = = = = = = = = =

《テーマ》 
第1部 「エンディングノートの書き方教えます」 
    (高伊 茂)

第2部 「これだけは知っておきたい成年後見制度
     ~なぜ利用が進まないのか~」 
    (若色信悟)

= = = = = = = = = = = =


日時:2018年9月29日(土)  13:30~16:30

会場:名古屋国際センター 第1研修室  

   (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
 
  《会場までのアクセス》
   •地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
   •市バス「国際センター」下車すぐ
   •「名古屋駅」下車 徒歩7分

参 加 費 :3,000円(ら・し・さノート付き) 
     終活アドバイザー協会会員は2,000円 
     (ら・し・さノートを持参してください)

定員:30名

お申込締切:2018年9月25日(火)

= = = = = = = = = = = =

《講師プロフィール》

高伊 茂 / NPO法人ら・し・さ 理事

終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 社会保険労務士
旧中央信託銀行に入社。
53歳でFP・社会保険労務士として独立。
北海道から九州まで国内各地で、
ライフプランセミナーや終活セミナー等の
講師、執筆や監修を行なっている。


若色信悟 / NPO法人ら・し・さ 理事長


終活アドバイザー/CFPⓇ
会計専門学校の教員(会計全般、相続、税法、FP担当)、
日本FP協会教育事業部長、財務部長などを経てFPとして独立。
ライフプラン作成や相続、成年後見の財産管理を専門とする。
また知的がい者のライフプランと財産管理にも力を入れている

= = = = = = = = = = = =

詳細・お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3370
FAX:03-5201-3712





私もお手伝いに行きます!

ご興味のある方、お待ちしております。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2018年08月27日

厚生年金、パートの「壁」を下げる案

今日の日経新聞朝刊の
1面トップ記事は

「厚生年金 パート適用拡大」です。





数年前までの家計相談では、

「厚生年金に加入しないパートで
働きたい」

というママさんが圧倒的でした。

(特にこの地域では顕著です)


ところがここ最近では、

「厚生年金保険料を納めてでも
しっかり働きたい」

というママが増えたように思います。



現在、
社会保険料を負担して
手取りが少なくなってでも、
老後の生活費を確保したいという
ニーズが高まってきたことを
実感しています。



そんな中、

厚生労働省が
厚生年金加入の月収要件を
引き下げる検討をしているという報道。

現在、
月収に関する適用要件は
8.8万円以上。

いわゆる
「106万円の壁」

ってやつです。



それが月収6.8万円に
引き下げる検討をしているとのことです。



今後、詳細を詰めて、
国会の審議を経て、
早ければ2021年中にも施行されるという
検討内容のようです。

(日経の独自取材による)


保険料の負担を嫌って
働く時間を減らす方も
相変わらずいらっしゃいます。


しかし
簡単に言えば、

老後の年金として受け取れる
厚生年金部分の金額は、
厚生年金加入者として働いた
「月数」と、「お給料の金額」を使って
計算をするものです。



人生100年時代。

老後の厚生年金を増やすためにも
ぜひ、
厚生年金加入で働ける環境の方は、
前向きに考えて頂きたいと思います。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年08月07日

エンディングノートの書き方&成年後見制度

発足時から関わっている
NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)
よりご案内です。

終活講座 in 名古屋

FP(ファイナンシャル・プランナー)が作った
エンディングノートの草分けである
「ら・し・さノート」を使った
終活とエンディングノートのセミナーを
名古屋で開催します。

是非ご参加ください。






「エンディングノートとは、どういうもの?
どのように書けばいいの?」

「成年後見制度について、ぜひ知りたい」

という方に、
終活の専門家集団NPO法人ら・し・さのメンバーが、
わかりやすくお伝えします。

= = = = = = = = = = = =

《テーマ》 

第1部 「エンディングノートの書き方教えます」 
    (高伊 茂)

第2部 「これだけは知っておきたい成年後見制度
     ~なぜ利用が進まないのか~」 
    (若色信悟)


= = = = = = = = = = = =

日時:2018年9月29日(土)  13:30~16:30

会場:名古屋国際センター 第1研修室  
   (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
 
  《会場までのアクセス》
   •地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
   •市バス「国際センター」下車すぐ
   •「名古屋駅」下車 徒歩7分

参 加 費 :3,000円(ら・し・さノート付き) 
     終活アドバイザー協会会員は2,000円 
     (ら・し・さノートを持参してください)

定員:30名

お申込締切:2018年9月25日(火)


= = = = = = = = = = = =

《講師プロフィール》

高伊 茂 / NPO法人ら・し・さ 理事

終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 社会保険労務士
旧中央信託銀行に入社。
53歳でFP・社会保険労務士として独立。
北海道から九州まで国内各地で、ライフプランセミナーや終活セミナー等の講師、執筆や監修を行なっている。


若色信悟 / NPO法人ら・し・さ 理事長

終活アドバイザー/CFPⓇ
会計専門学校の教員(会計全般、相続、税法、FP担当)、日本FP協会教育事業部長、財務部長などを経てFPとして独立。
ライフプラン作成や相続、成年後見の財産管理を専門とする。
また知的がい者のライフプランと財産管理にも力を入れている

= = = = = = = = = = = =

詳細・お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp


主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3370
FAX:03-5201-3712



どうぞよろしくお願い致します。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年08月06日

女性のためのマネー塾

昨日、失態をやらかした
日本証券業協会のセミナーですが。


次回の予定が
ホームページに
アップされましたので
ご案内しますね。

次は、
時間をきっちり守って
お話します!!


はじめての資産運用講座
(女性のためのマネー塾)



☆開催日☆2018年10月4日(木)

☆時 間☆18:30~20:45 (開場18:00)

☆会 場☆名証ホール(名古屋証券取引所ビル5階)
       (所在地:名古屋市中区栄3-8-20)
       地下鉄東山線・名城線「栄駅」下車 
       サカエチカ7番・8番出口より徒歩5分
   
☆定 員☆80名

☆内 容☆
女性の方限定の学習プログラムです。

・将来の「お金」に漠然とした不安・・・何かをスタートしたい方
・今話題のiDeCoについて知りたい方
金融や資産運用に関する日頃の疑問を解決しましょう!  

プログラム1「女性のためのライフプラン」  

プログラム2「iDeCoでじぶん年金をつくる」


☆講 師☆
金融・証券インストラクター 石原 敬子

☆主 催☆ 日本証券業協会

☆共 催☆
金融庁、全国銀行協会、日本取引所グループ、投資信託協会、
生命保険協会、日本損害保険協会、日本FP協会

☆後 援☆
金融広報中央委員会、名古屋市教育委員会、名古屋証券取引所

☆お問い合わせ先☆
日本証券業協会 名古屋地区協会
電話:052-251-3891

概要・お申し込みはこちら

チラシはこちら(PDF)


名古屋で夜のセミナーですが、
ご興味のある方は、ぜひお越しくださいね。

旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  


2018年07月27日

住宅ローンの変動金利 大丈夫?

10年国債利回りが、
ちょっと異常な動きをしています。

みなさん、
気付いていらっしゃいましたか?

(「金融の専門家じゃないから、
そんなこと知らないよ」って声が
聞こえてきそうです……)




1週間ぐらい前から、
おかしな動きになっています。

今日はとうとう0.1%に!
7月上旬は、0.02%まで下がっていたのに。
(それもちょっと異常値でしたが)



背景にあるのは、

「日銀の金融政策の路線が
変わるかもしれない?」

という憶測です。



金融の専門家じゃないから、
関心なくても、いい? ですか?



2018年7月4日の日経新聞に
「住宅ローンの変動型金利を
選ぶ人が急速に増えている」
という記事がありました。



その日は、

「そうかもしれないなあ、
これだけ低金利が続いてしまったらなあ」

と思っていた私。



いやいや、みなさん。

「金利が上がりそうになったら
固定のローンに切り替えればいい」

というご意見をよく聞いたものです。



この1週間の金利動向を、どう判断しますか?



黒田日銀総裁が
G20で日本にいなかったのに
金融政策の方針を突然変更するってことは
無いとは思いますが

低金利政策の副作用を心配する声が
大きくなっていることは間違いないでしょう。



ざっくり言って
住宅ローンの金利変動型は、
マーケットの短期金利に連動し、
住宅ローンの金利固定型は
マーケットの長期金利に連動します。



自称シロウトのみなさん。


「金融の専門家じゃないから、
そんなこと知らないよ」

で、済まされますか?

それとも

「金利が上がりそうになったら
固定のローンに切り替えればいい」

いま、その時が来たと思われますか?



金利の市場から、目が離せません。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子