2018年01月18日

お金まわりを整える

今年から、
電話相談の「ボイスマルシェ」に
登録をしました。



ボイスマルシェは、女性専用。
匿名で電話相談ができます。



今日は1件、
ご相談が入りました。



守秘義務があるので
相談内容はナイショですが、
とてもスッキリしたご様子です。



ボイスマルシェの登録をするにあたって、
年末に、
事前準備として考えた自己紹介。



自分なりには
練りに練って考えたものです。



私の想いが伝われば……

と思いまして。




●心と健康とお金のバランスを保つこと

心豊かな生活を送る3大要素は、
「メンタル」×「フィジカル」×「マネー」。

大学では心理学を専攻し、
証券会社に13年勤務。

ファイナンシャル・プランナーとして独立して15年、
コーチングを学んで15年。

ヨガが大好きで、雪が降ればスキー。

地域では絵本の読み聞かせボランティア、
家ではぬか漬けや毎年の梅仕事に精を出し、
頼まれるとイヤとは言えないおせっかいな私。

あなたの人生設計のお手伝いをします。



●「使うが大事」がモットー

節約、お得情報、有利な貯め方・殖やし方。

どれも大事なお金の情報ですが、
もっと大事なことを忘れていませんか?

お金は、最終的には使うもの。
あなたがやりたいこと、なりたい自分のために、
有意義に使ってこそお金は活かされます。

お金の価値は、額面の金額ではありません。

お金がネックになって、
やりたいことをやれないのはもったいない。

小手先のマネーテクニックより、
広い視野で、
お金に振り回されない人生を応援します。



●明日のために、いま、お金を整える

家計の赤字、貯蓄がない、
浪費グセ、老後資金の不足……など、
お金の問題点はいろいろ。

自分一人では気づかなかった原因を
一緒に見つけ出し、
将来の道筋をつけていきましょう。



人生の主役はあなたです。

お金が整うと、あなたは笑顔になります。

家族が安らぎます。

人間関係が良くなります。

あなたは積極的になれます。

未来が明るくなります。

人生が輝きます。

明日のために、いま、お金を整えましょう。



相談メニューは【こちら


お名前を伏せて相談できます。

直接お会いして相談するのが苦手な方は
ぜひご利用くださいね!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 21:56Comments(0)ライフプランご案内

2018年01月16日

老後の公的年金、いよいよ70歳からの選択肢も

夕方、

「政府が公的年金の受取開始年齢について、
受給者の選択により
70歳以降に先送りできる検討に入った」


というニュースメールが届きました。



日経新聞による、

朝刊スクープを
前日夕方に配信するメールです。



【参照記事】

公的年金受給開始、 70歳超も選択肢 政府検討



「いよいよ来たか」という感じです。



ですが、
個人的には大賛成です。



全員が70歳から支給ということではなく、
選択により、
70歳を過ぎてから受け取り始めることも
できるという内容。



「政府が検討に入った」

という日経のスクープなので、
決まったわけではありません.

ですが、
遅かれ早かれ、そうなるでしょうね。




高齢者になってくれば、
健康状態も個人さが大きくなり、
いつまでも働ける人もいれば、
労働が難しい人もいるでしょう。



また、
家族の状況や生活環境も
人によってさまざま。

働き続けたい意思も
人それぞれ。



自分の状況や考えによって
いつから年金を受け取るか
選択制なら良いと思います。



受け取り開始年齢を遅らせた人は、
受け取る年金額が増える仕組みです。



現在の制度でも同様の措置はあります。


基本は65歳からの受け取り開始に対し、
65歳より後に受け取り始めることにすると、
毎月の受給額が
1カ月遅らせるごとに0.7%ずつ増えます。



現在は、
最大限遅らせても70歳まで。



5年遅らせることで、
受給額は42%増えます。

0.7%×12ヶ月×5年=42%


この仕組みを拡充するという案
のようです。


厚生労働省の想定は、
受給開始年齢の上限を75~80歳程度まで
引き上げるもようです。



今後の、
国民年金法と厚生年金保険法の
改正に注目ですね。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 19:11Comments(0)ライフプラン最近のニュースから終活

2018年01月02日

電話相談 始めます! 

2018年。

今年は、
どんなことにチャレンジされますか?



私は、
電話相談を始めます!



ボイスマルシェ

という、
女性専用の匿名での電話相談です。



ボイスマルシェのサービスは、
利用者(会員)も、専門カウンセラーも女性のみ。

取扱う内容は、

仕事・キャリア、恋愛・結婚、メンタルヘルス、家族、お金のこと
など。

20歳以上の女性の課題解決に特化した内容て
゙電話 カウンセリングをご提供するサービスです。



ボイスマルシェは
匿名で予約・相談が可能です。

※会員登録に必要な情報は最小限。
メールアドレス(PC)と、お名前、生年月日、電話番号のみ。



もちろん、
相談相手の専門カウンセラーには、
ニックネームのみしか伝わらないので、安心!



私は、
お金の相談カウンセラーとして、
1月4日にオープンします。

石原敬子のページは【こちら



ぜひご利用くださいね~♪





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 08:00Comments(0)ライフプランご案内

2017年12月26日

医療保険に入る代わりに

今日は、
ファイナンシャル・プランナーである私の、
生命保険についてご紹介します。



※ お読み頂くと分かると思いますが
誰にでも当てはまるアドバイスではありません。

「ご自分の状況」に合わせて
保険設計することが大切。

と思っていただけたら幸いです。



大まかな内容をご紹介し、
併せて
その契約をしている理由を
お伝えしますね。



まず前提として、
私が死亡して収入が途絶えても、
夫や娘の生活資金に困ることは
ありません。

(夫が現状と同様に
健康で働き続ける場合)



そのため、
基本的には私の生命保険は

必要ない!

と思っています。



ですが、
社会人1年目の時に加入した
終身の生命保険(500万円)があり、
予定利率が5.5%。

いわゆる「お宝保険」です。

なので、
基本的に生命保険が不要である生活でも、
この保険は残してあります。



この終身の死亡保険についている
特約は、ごく最低限。

・入院保障特約(病気・傷害で5日目以降)
 5,000円/日

・手術保障特約 100万円

・傷害特約 500万円


これだけです。


入院保障特約は、一見
「1日目から出る」
というのがお得なように感じるでしょう。


私の生命保険を契約した当時は
5日以上継続して入院した場合に、
5日目から支払われるタイプが主流でした。



それをそのままにしているわけは……

2,3日で退院できる病気であれば、
健康保険が利く治療なら
手持ちのお金で払えそうだからです。



また、
「1日5,000円って、少なくないですか?」
と思われるかもしれません。

わりと私は健康で、
健康診断の結果も良好。
病院のお世話になるのは
歯医者さんと、
コンタクトレンズ交換時の眼科のみ。

内科に行ったことは、
小児科を卒業した年齢になってからは、
記憶にないぐらいです。



さらに、
重要なポイントは

日常的に体を動かしていること。



1週間に2回ペースで、ヨガに通っています。



学生時代は激しい運動をしていましたが、
社会人になってからはずっと
スポーツクラブに通っていました。



子どもが小さい頃には
ワンコインで通える地域のヨガと
週1回のフラダンス。



今はそれを切り替えて、
ヨガのスタジオに入会して、
週2回ペースをキープしています。

(ホントはもっと通いたいのですが
仕事にしわ寄せが行くので、笑)。



ヨガの月会費は、1万円弱です。

医療保険を
手厚くするより、
有意義な費用だと
思っています。



爽快感が得られます。

瞑想して、仕事にも集中。



昨日は、
私にとっての今年のヨガ納めでした。



ヨガ納めにぴったりの
最もハードなクラスに出てきました。



今年も
気持ちよくヨガができたことに感謝して。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:08Comments(0)ライフプラン備えること健康のこと

2017年12月08日

将来のライフプラン、資金不足となったら

今日は、
「ライフプランを立てる」
がテーマのセミナーを
聞きに行ってきました。



一般の方向けのセミナーです。
受講者の皆さんの
「へえ~」の声が勉強になります。



講師の方の、
お話の順番や展開、
協調するポイントなどが
参考になります。



タブレット端末を使って、
自分の家族構成を入力し、
収入・支出の平均値などを使い、
ライフプラン表を作成してみる、
というもの。



だいたい皆さんの関心は、
「○○万円足りない!」
という数字。

その事実にだけ
目が向いてしまいがちですが、

「何年後に、いくら足りない」

ということが分かったので

では、今、どういう対策を立てるか

を考えるんです。
ライフプラン表は、考えるためのツール。

診断書ではないんです。
これからの未来を考える、材料です。


○○万円の不足を
どのように埋めていくかを示してくれたので、
ただガッカリして終わらせるのではなく、
働くのか、貯めるのか、運用するのか、節約するのか
それとも、人生設計を見直すのか。

きっかけを与えてもらったと、考えましょう。



セミナーは友達も参加していたので、
終わってからランチ。

久しぶりにゆっくり話をしました^^




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年11月12日

終活とエンディングノートセミナー

待望の、名古屋でのセミナー。


『終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋』


私が設立から参画している

NPO法人 ら・し・さ が主催する
エンディングノートのセミナーです。


「終活ではどんなことをするの?」

「ノートはどういうときに役立つの?」

「相続で困ることとその対策は?」

といった疑問にお答えします。



聞かなきゃ もったいな~い!
ぜひご参加くださいませ!


キラン  キラン  キラン  キラン



=====================

NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 主催
終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋

<概要>

日 時: 2017 年 11 月 27 日(月) 18:30~20:30

会 場: 名古屋国際センター  第3研修室
    名古屋市中村区那古野一丁目 47 番 1 号

受 講 料: 1,000 円(ら・し・さノート付き)

テ ー マ:
「シニアのための “少し早めの老い支度”」 :八杉加津治
「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」 :山田静江

定員:30 名

申込み締め切り:11 月 24 日(金)


《講師プロフィール》

八杉加津治

NPO 法人ら・し・さ 正会員
終活アドバイザー/ FP技能士1級

大手生命保険会社に勤務後、
身近な人を複数亡くした体験から、
死後準備の必要性や、
残された人生をより充実して過ごすことの重要性を知ってもらいたいと、
地元(岐阜県、愛知県)を中心に終活セミナーを開催している。



山田静江

NPO法人ら・し・さ 副理事長
終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 宅地建物取引士

早稲田大学商学部卒。
都市銀行、会計事務所勤務の後、
20年前から独立FPとして活躍。
終活関連の書籍や雑誌の執筆や監修を行い、
また、全国で終活やエンディングノート、
相続、介護、ライフプランに関するセミナーを行っている。

=====================

《会場までのアクセス》

名古屋国際センター  第3研修室

•地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
•市バス「国際センター下車すぐ
•「名古屋駅」下車 徒歩 7 分

=====================

詳細は【こちら


お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712


キラン  キラン  キラン  キラン


2005年、私たちファイナンシャル・プランナーが
知恵を持ち寄って制作したエンディングノート。

当時は『ラスト・プランニング・ノート』
という名称でした。

「ラスト」だけじゃないプランニングを
ということで、
後にノートの名称を
『ら・し・さノート』に変更しました。

エンディングノートの草分けです!




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2017年11月02日

名古屋初開催! 終活とエンディングノートセミナー

待望の、名古屋でのセミナー。


『終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋』


私が設立から参画している

NPO法人 ら・し・さ が主催する
エンディングノートのセミナーです。


「終活ではどんなことをするの?」

「ノートはどういうときに役立つの?」

「相続で困ることとその対策は?」

といった疑問にお答えします。



聞かなきゃ もったいな~い!
ぜひご参加くださいませ!


キラン  キラン  キラン  キラン



=====================

NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 主催
終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋

<概要>

日 時: 2017 年 11 月 27 日(月) 18:30~20:30

会 場: 名古屋国際センター  第3研修室
    名古屋市中村区那古野一丁目 47 番 1 号

受 講 料: 1,000 円(ら・し・さノート付き)

テ ー マ:
「シニアのための “少し早めの老い支度”」 :八杉加津治
「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」 :山田静江

定員:30 名

申込み締め切り:11 月 24 日(金)


《講師プロフィール》

八杉加津治

NPO 法人ら・し・さ 正会員
終活アドバイザー/ FP技能士1級

大手生命保険会社に勤務後、
身近な人を複数亡くした体験から、
死後準備の必要性や、
残された人生をより充実して過ごすことの重要性を知ってもらいたいと、
地元(岐阜県、愛知県)を中心に終活セミナーを開催している。



山田静江

NPO法人ら・し・さ 副理事長
終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 宅地建物取引士

早稲田大学商学部卒。
都市銀行、会計事務所勤務の後、
20年前から独立FPとして活躍。
終活関連の書籍や雑誌の執筆や監修を行い、
また、全国で終活やエンディングノート、
相続、介護、ライフプランに関するセミナーを行っている。

=====================

《会場までのアクセス》

名古屋国際センター  第3研修室

•地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
•市バス「国際センター下車すぐ
•「名古屋駅」下車 徒歩 7 分

=====================

詳細は【こちら


お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712


キラン  キラン  キラン  キラン


2005年、私たちファイナンシャル・プランナーが
知恵を持ち寄って制作したエンディングノート。

当時は『ラスト・プランニング・ノート』
という名称でした。

「ラスト」だけじゃないプランニングを
ということで、
後にノートの名称を
『ら・し・さノート』に変更しました。

エンディングノートの草分けです!




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子





  

2017年10月28日

人生100年時代、気になる老後資金

今日は、
東郷町でセミナー。




第3回TOGO大学講座
『将来に備えたライフプラン』


というタイトルで
お話をさせて頂きました。



最近は、
政府でも「人生100年」と言うようになり、
どんな年代の方でも
「将来」を考える必要があります。



「老後の資金はどれぐらい必要?」



と聞かれても、
老後のお金の使い道は、
十人十色。



また、
一口に「老後」といっても
何歳から何歳を「老後」と考えているのか

これも一人ひとり違います。



今日、来場された皆さんに

「老後の始まりは何歳だと考えていますか?」

「では、老後の終わりは何歳だと思いますか?」

とお聞きしてみました。


多くの方が、
65歳からが老後と考え、
90歳前後で老後を終える

と考えているようでしたが

なかには100歳以上まで
と考える方もいらっしゃいました。


「老後」が何年間なのかによっても
必要な老後資金は違ってきます。


健康や食生活に気を配っている方と、
暴飲暴食、不規則生活という方では、
将来の支出が違ってくるかもしれません。



ご自分の生き方に合う支出の見積もりと、
第二の人生の収入の見積もりを

「ご自分の場合」

で計算してみて下さい。

老後に必要な資金が具体的になりますよ。



セミナーが終わって外に出てみたら
空を仰ぐ、素敵な像がありました。



今日、セミナーにお越しいただいたお客様の中に、
以前に個人相談にいらっしゃった奥様と、
その旦那様がいらっしゃいました。

意識が変わって良い方向に向かっているとのことです。
空を仰ぐ像に、
そのご夫婦を重ね合わせてしまいました。



すっごく嬉しい!
嬉しいご報告を頂きました!!



おかげで私は元気モリモリ♪
午後は、また他のセミナーの資料作成で
ハードな資料にガッツリ取り組むことができました。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年10月26日

医療保険と介護保険のゆくえは?

今日は、
私が設立から参画している


NPO法人 ら・し・さ

から

セミナーのご案内です!




「2018年からの医療と介護のゆくえ」


2025年、地域包括ケアシステムが完成します。

それに向けて、医療保険と介護保険のゆくえは?



『地域包括ケアシステム』の基本、
2018年の診療報酬、介護報酬の
同時改定のおもな内容について、
最新情報をお伝えしてゆきます。


==========

日 時 : 2017 年 12月 5 日(火) 13:30~16:30

    <前半>セミナー (120分)
    <後半> ワークショップ ~事例研究~(60分)


会 場 :ビジョンセンター 東京日本橋 
    東京都中央区日本橋3-3-3  八重洲山川ビル6F 
    
    ●JR東京駅  八重洲中央口・北口 徒歩3分
    ●東京メトロ日本橋駅   B3出口 徒歩5分 

※ ビジョンセンター東京ではありませんので、ご注意ください

    
参加費 : 5,000 円(会員は 3,000 円/『ら・し・さノートを持参ください)

お申込み締め切り:12月 1 日(金)


【セミナー講師】
久保田勉(CFP®、終活アドバイザー)


==========

●詳細は こちら

●お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp



主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル

TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712

==========


NPO法人 ら・し・さ

平成15年に設立以来、
エンディングノートの発行や書き方のセミナー、
人生の終末期に関わる情報提供を行っている、
終活の専門集団です。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年10月15日

来週末のイベント案内

今日は、
私が設立から参画している


NPO法人 ら・し・さ

から,
2つのお知らせです。


【1】「日本橋BOOK COM」






【2】「くらしフェスタ東京2017」




ぜひ、
足をお運びくださいませ。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子