2017年11月12日

終活とエンディングノートセミナー

待望の、名古屋でのセミナー。


『終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋』


私が設立から参画している

NPO法人 ら・し・さ が主催する
エンディングノートのセミナーです。


「終活ではどんなことをするの?」

「ノートはどういうときに役立つの?」

「相続で困ることとその対策は?」

といった疑問にお答えします。



聞かなきゃ もったいな~い!
ぜひご参加くださいませ!


キラン  キラン  キラン  キラン



=====================

NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 主催
終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋

<概要>

日 時: 2017 年 11 月 27 日(月) 18:30~20:30

会 場: 名古屋国際センター  第3研修室
    名古屋市中村区那古野一丁目 47 番 1 号

受 講 料: 1,000 円(ら・し・さノート付き)

テ ー マ:
「シニアのための “少し早めの老い支度”」 :八杉加津治
「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」 :山田静江

定員:30 名

申込み締め切り:11 月 24 日(金)


《講師プロフィール》

八杉加津治

NPO 法人ら・し・さ 正会員
終活アドバイザー/ FP技能士1級

大手生命保険会社に勤務後、
身近な人を複数亡くした体験から、
死後準備の必要性や、
残された人生をより充実して過ごすことの重要性を知ってもらいたいと、
地元(岐阜県、愛知県)を中心に終活セミナーを開催している。



山田静江

NPO法人ら・し・さ 副理事長
終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 宅地建物取引士

早稲田大学商学部卒。
都市銀行、会計事務所勤務の後、
20年前から独立FPとして活躍。
終活関連の書籍や雑誌の執筆や監修を行い、
また、全国で終活やエンディングノート、
相続、介護、ライフプランに関するセミナーを行っている。

=====================

《会場までのアクセス》

名古屋国際センター  第3研修室

•地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
•市バス「国際センター下車すぐ
•「名古屋駅」下車 徒歩 7 分

=====================

詳細は【こちら


お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712


キラン  キラン  キラン  キラン


2005年、私たちファイナンシャル・プランナーが
知恵を持ち寄って制作したエンディングノート。

当時は『ラスト・プランニング・ノート』
という名称でした。

「ラスト」だけじゃないプランニングを
ということで、
後にノートの名称を
『ら・し・さノート』に変更しました。

エンディングノートの草分けです!




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2017年11月02日

名古屋初開催! 終活とエンディングノートセミナー

待望の、名古屋でのセミナー。


『終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋』


私が設立から参画している

NPO法人 ら・し・さ が主催する
エンディングノートのセミナーです。


「終活ではどんなことをするの?」

「ノートはどういうときに役立つの?」

「相続で困ることとその対策は?」

といった疑問にお答えします。



聞かなきゃ もったいな~い!
ぜひご参加くださいませ!


キラン  キラン  キラン  キラン



=====================

NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 主催
終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋

<概要>

日 時: 2017 年 11 月 27 日(月) 18:30~20:30

会 場: 名古屋国際センター  第3研修室
    名古屋市中村区那古野一丁目 47 番 1 号

受 講 料: 1,000 円(ら・し・さノート付き)

テ ー マ:
「シニアのための “少し早めの老い支度”」 :八杉加津治
「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」 :山田静江

定員:30 名

申込み締め切り:11 月 24 日(金)


《講師プロフィール》

八杉加津治

NPO 法人ら・し・さ 正会員
終活アドバイザー/ FP技能士1級

大手生命保険会社に勤務後、
身近な人を複数亡くした体験から、
死後準備の必要性や、
残された人生をより充実して過ごすことの重要性を知ってもらいたいと、
地元(岐阜県、愛知県)を中心に終活セミナーを開催している。



山田静江

NPO法人ら・し・さ 副理事長
終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 宅地建物取引士

早稲田大学商学部卒。
都市銀行、会計事務所勤務の後、
20年前から独立FPとして活躍。
終活関連の書籍や雑誌の執筆や監修を行い、
また、全国で終活やエンディングノート、
相続、介護、ライフプランに関するセミナーを行っている。

=====================

《会場までのアクセス》

名古屋国際センター  第3研修室

•地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
•市バス「国際センター下車すぐ
•「名古屋駅」下車 徒歩 7 分

=====================

詳細は【こちら


お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712


キラン  キラン  キラン  キラン


2005年、私たちファイナンシャル・プランナーが
知恵を持ち寄って制作したエンディングノート。

当時は『ラスト・プランニング・ノート』
という名称でした。

「ラスト」だけじゃないプランニングを
ということで、
後にノートの名称を
『ら・し・さノート』に変更しました。

エンディングノートの草分けです!




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子





  

2017年10月26日

医療保険と介護保険のゆくえは?

今日は、
私が設立から参画している


NPO法人 ら・し・さ

から

セミナーのご案内です!




「2018年からの医療と介護のゆくえ」


2025年、地域包括ケアシステムが完成します。

それに向けて、医療保険と介護保険のゆくえは?



『地域包括ケアシステム』の基本、
2018年の診療報酬、介護報酬の
同時改定のおもな内容について、
最新情報をお伝えしてゆきます。


==========

日 時 : 2017 年 12月 5 日(火) 13:30~16:30

    <前半>セミナー (120分)
    <後半> ワークショップ ~事例研究~(60分)


会 場 :ビジョンセンター 東京日本橋 
    東京都中央区日本橋3-3-3  八重洲山川ビル6F 
    
    ●JR東京駅  八重洲中央口・北口 徒歩3分
    ●東京メトロ日本橋駅   B3出口 徒歩5分 

※ ビジョンセンター東京ではありませんので、ご注意ください

    
参加費 : 5,000 円(会員は 3,000 円/『ら・し・さノートを持参ください)

お申込み締め切り:12月 1 日(金)


【セミナー講師】
久保田勉(CFP®、終活アドバイザー)


==========

●詳細は こちら

●お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp



主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル

TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712

==========


NPO法人 ら・し・さ

平成15年に設立以来、
エンディングノートの発行や書き方のセミナー、
人生の終末期に関わる情報提供を行っている、
終活の専門集団です。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年08月28日

医療保険より、ヨガとぶどう

医療保険に入って
保険料を払うぐらいなら!



その分、
身体に良いことに
お金を使った方が
いいんじゃないの?



と思っている私です。



お客様のことではなくて、
あくまでも、
私自身についてです。



体調は人それぞれ。
遺伝的な病気もありますし、
生活環境が違えば
健康状態も違います。



だから、
あくまでも、
私の場合です。



今日は、
ヨガに行くことができました。



先週はなかなか時間が取れず
1回だけでしたが
今週は、3回行けそうです。



好きなことばかり
やっているわけにもいきませんので、
週2回ペースのヨガが
他のこととのバランスが良いです。



ヨガの月会費と、
医療保険の保険料、
どちらが得かなんて
答えが出ない話はナンセンス。



とにかく
気分が爽快になって、
体調管理に効果的で、
タイムマネジメントも調子いい。



食事もそう。



なるべく
素材と基本的な調味料で作り、
チルド製品やお惣菜は
よっぽど忙しい時でないと
使いません。



なんと
冷凍食品は、
1人暮らしを始めて以後、
現在の生活まで
約20年間、
買った記憶がありません^^



今日のデザートは
ぶどうで~す。




本当は
ポテチは大好きですし
カップラーメンも
好きなんですけどね(笑)。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:19Comments(0)備えること健康のこと食事のこと

2017年08月11日

セミナーのご案内

今日は、
私が設立から参画している
NPO法人 ら・し・さ
からのお知らせです。



終活アドバイザー協会講演会 
地域を支えるしくみ
「地域包括ケアシステムを知ろう」

~超高齢社会の医療・介護はこうなる~





NPO法人ら・し・さは、
12年間の活動で培った
知識と経験、ノウハウを
多くの方に広めるため、
2016年に「終活アドバイザー協会」を発足させ、
終活アドバイザーの資格認定と育成を
行っております。



このたび、
当協会の発足1年を記念しまして、
講演会および当会のイベント報告、
参加者の交流会を開催いたします。


< 日 時 > 
2017年9月7日(木)14:00~16:30(開場13:30)


< 会 場 >
【セミナー会場】
東京ウイメンズプラザ ホール(地下1階) 
渋谷区神宮前5丁目53-67コスモス青山ビルB1


表参道駅B2出口より徒歩7分、
渋谷駅から徒歩12分、
国連大学とオーバルビルの間を入り50mほど


【交流会会場】
un café(アンカフェ)  
セミナー会場と同じビルB2にて17:00


< 参加費 >
【講演会参加費】
一般 1,000円(但し、交流会参加者は無料)
正会員・終活アドバイザー会員 無料


【交流会参加費】
5,000円 


< 講 師 >
前 一樹氏
(一般社団法人 地域包括ケア支援事業連合会・事務局長)

現在、ジャパンマネジメントシステムズ株式会社代表取締役社長、
一般社団法人人工知能ビジネス創出協会理事、上場企業監査役なども務める


【講師より】
「厚生労働省が提唱する地域包括ケアシステムは、
高齢者が要介護状態になっても住み慣れた地域で
自分らしい暮らしを最期まで続けることができるように、
医療・介護・予防・住まい・生活支援が
一体的に提供される社会システムとされ、
団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる
2025年を目途に
その構築が急務となっています。

在宅医療における「cureからcare」への考え方、
多職種連携によるチーム医療など、
社会システム・サービスを再構築する必要性と
今後の展望をお話しします。」


<お申込み締切>
2017年8月25日(金)



● ● ● ● ● ● ● ● お申込みはこちら ● ● ● ● ● ● ● ●

<申込フォーム>
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

< 電 話 >
03-5201-3793(月~金)9:00 -17:00

< FAX >
03-5201-3712  24時間365日受付


多くの方のご参加をお待ちしています。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年07月19日

いざという時、困らないために

子ども達は、もうすぐ夏休み。



夏休みになると、
ご実家に帰省されるお宅も多いでしょうね。



また、
お盆などで親戚が集まる機会も
あることでしょう。



ご両親やご兄弟、親戚などは、
「いざという時」にお世話になるもの。



お互いに、
意思表示のできない状態や
万が一のことが起こった時に
手続きなどに困らないよう、
必要なことを話し合っておきましょう。



8月号のPIPOが
そろそろ配布されると思います。



今月号の

「石原敬子の
教えます! お金のこと」は

『「いざという時」
家族や親せきが困らないために』

というテーマでお届けしています!



お手元に届いたら
どうぞご覧くださいね~!

旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

2017年07月15日

相続・事業承継フェア

昨日は、午前中だけ
日経新聞社主催の
「相続・事業承継フェア」に
行ってきました。



基調講演の竹中平蔵先生の話は、
内容もさることながら、
たとえ話や身近な例を挙げるなど
話の展開がとても勉強になりました。



その後、
スポンサーのプレゼンみたいなセミナーが
続きました。



東京やその近郊の
大きなコンベンションなどでありがちな、
たくさんのブースがあるような「フェア」だと
次々と話を聞きまくって
同業者間の比較ができるのでしょうが……。



私がいられた午前中は
遺言信託を扱う銀行と、
富裕層対象で相続税対策の不動産会社
の2つのセミナーを聴けただけです。



「●●フェア」などというと
紙袋やエコバックいっぱいに
パンフレットや資料を詰め込んで帰る……
というイメージでしたが、

ずいぶん期待外れ……


想像していたようなブースは1つもなく。



まあ、でも

FP分野の中でも
特に専門としているわけではないジャンルの
お話を聴けたので、
勉強になった部分もありました。



今の生活環境では、
半日だけでもセミナーに出て来られただけで
以前よりはずいぶん前進したかもしれません。



まだまだ時間と地理的要因で
制約が多いですが、
できる範囲で
できることを頑張ろうと思います。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年07月03日

老後資金の見積もり方

「定年までに、
いくらの貯金があれば
老後は暮らせるのでしょうか?」


今日は、こんな質問がありました。


多くの方が
なんとな~く、知りたいことでしょうね。


質問された方のお宅は、
おばあちゃまが畑をやっていて
スーパーなどでは
野菜を買うことがほとんどありません!


質問者の方が、
そのお姑さんと同じように
自家栽培のお野菜で
一生食べていくかどうかは分かりませんが、
少なくとも
一般的な食費よりは
野菜の分だけ助かっているはず。


それを何十年もの生活費に
反映させるとなると
一般的な老後生活費よりは
少なく見積もっていいですよね。



生活に係る支出は
家庭ごとに違うのですから、
そのお宅でどれぐらいの支出が予想されるか、
それを見積もらなければ
答えは出ないのです!


ざっくりと
老後の生活費を見積もってみましょう。

①今から退職時までの
生活費合計(月間支出×12カ月×年数)

②退職後の生活費合計
(老後の月間支出×12カ月×年数)


※1 
老後の月間支出は、
退職後の生活を考えて支出を予測するか、
現在の生活費の8割程度に設定するなど、
大雑把で良いので数字を当てはめます

※2
退職後の年数は、
退職から天寿を全うするまで
何年生きるかを予測して当てはめます

※3
①と②の境界線がなくても可
本来は、①から徐々に
②に生活が移っていくはずです



③今後、かかるだろう支出
(介護、リフォーム、子や孫への支出、など)



①+②+③が、
これから一生の間に、
出て行くお金です!





ここでビックリして、
計算をやめちゃダメ!


この先があります!


老後に受け取るお金です。



④公的年金、企業年金、個人年金など。



受け取るお金は、
「ねんきん定期便」や会社の福利厚生のパンフレット、
個人年金の契約内容の資料などを見て、
いつ、どのような形で、いくら受け取るのか
把握しておきましょう!


はい!


これで計算ができるはずです!

①+②+③-④

①+②+③より
④の方が多ければ安心ですが、
そういう方はめったにいらっしゃいません!


①+②+③と
④の差額分を、

「退職時に持っておきたい金融資産額」
と考えます。



はい!


さっそく計算してみましょうね~にっこり



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年07月01日

税金がおトクとか、そんなことよりも

先日、
パート主婦(扶養の範囲で働いている人)さんから
質問されました。



「税金を納めていないのに、
個人型確定拠出年金(iDeCo)を
やるメリットって、あるんですか?」



前面に打ち出されている
個人型確定拠出年金(iDeCo)の
メリットは、


①掛金を納めた年の
所得税が少なくなる

②iDeCo内の金融商品の
利息や運用益に対する
税金がかからない

③老後、
年金や一時金を受け取る時に
所得税が少なくなる



この3つです。


そのうち、
いま目に見える大きなメリットは①。

扶養の範囲内で働く、または
専業主婦の方は、
そもそも所得税を納めないので
①のメリットを受けようがありません。

②も③も、
今すぐおトクなわけではないので、
イマイチ実感がわかず……


たぶん、そういう方は多いと思うんです。



個人型確定拠出年金(iDeCo)は、
毎月、
掛金が銀行口座から引き落とされて、
60歳までおろすことができない、
老後の資金を貯める口座。


税金のメリットを受けるとか
受けられないとか


それ以前に、

「毎月、
掛金が銀行口座から引き落とされる」

「60歳までおろすことができない」


って、
すごい強みだと思うんです。


出し入れが簡単な口座で貯めていると、
家計が苦しい時に
あてにしてしまう


毎月決まった日に
引き落とされるから、
残ったお金で生活しなければならない


60歳までおろせないということは、
老後まで使うことができない



税金がおトクだとか
非課税だとか

そんなことよりも、

「つい使っちゃう」

ことの防止になるのは大きなメリット。


この説明で、
質問者さんは、
大きくうなづいてくださいました。


みなさまも、
ぜひご検討を!






旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年05月31日

健康寿命の次は、お金の寿命

「健康寿命」という言葉が
一般化してきました。


100年生きる時代ですからね。


かくいう私も、
ヨガ週2回ペースを保っています。


人生折り返していますから(笑)。


また、
食事やサプリメントなどで
栄養バランスに気を使っている人も
いらっしゃるかと思います。


生命の寿命が延び、
健康寿命が延び、
次に求められるのは……


お金の寿命!



お金の寿命を延ばしましょう。


その方法は


なるべく使わないようにする(節約)、
収入アップを狙う(稼ぐ)、
コツコツ積立てる(資産形成)、
投資をする(資産運用)など、
さまざまです。


健康寿命を延ばす方法が
いろいろあるように、
お金の寿命を延ばす方法も
いろいろあります。


いくつかの方法を組み合わせて、
あなたの環境や性格、
考え方などに合った方法で
お金の寿命を延ばしましょう。


キラン    キラン    キラン  


こちらは、
我が家のマンションのエントランスに
仮住まいをしているご家族。



1か月ぐらいかけて巣を作り、
数日前から、
ヒナたちの顔が見えるように
なってきました!



今は親鳥が
せっせと餌を運んできています。


私たちが
「かわいいなあ~」
って、下から巣を見上げていると
親鳥2羽が、
「ぴぴ~、ぴぴ~、ぴぴ~」
って、巣の周りを円を描いて飛んでいます。


うちの娘(人間)は、
「はいはい、あっちに行きますよ」
と言いながら、立ち去っていました。




旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:43Comments(0)ライフプラン備えること