2017年12月26日

医療保険に入る代わりに

今日は、
ファイナンシャル・プランナーである私の、
生命保険についてご紹介します。



※ お読み頂くと分かると思いますが
誰にでも当てはまるアドバイスではありません。

「ご自分の状況」に合わせて
保険設計することが大切。

と思っていただけたら幸いです。



大まかな内容をご紹介し、
併せて
その契約をしている理由を
お伝えしますね。



まず前提として、
私が死亡して収入が途絶えても、
夫や娘の生活資金に困ることは
ありません。

(夫が現状と同様に
健康で働き続ける場合)



そのため、
基本的には私の生命保険は

必要ない!

と思っています。



ですが、
社会人1年目の時に加入した
終身の生命保険(500万円)があり、
予定利率が5.5%。

いわゆる「お宝保険」です。

なので、
基本的に生命保険が不要である生活でも、
この保険は残してあります。



この終身の死亡保険についている
特約は、ごく最低限。

・入院保障特約(病気・傷害で5日目以降)
 5,000円/日

・手術保障特約 100万円

・傷害特約 500万円


これだけです。


入院保障特約は、一見
「1日目から出る」
というのがお得なように感じるでしょう。


私の生命保険を契約した当時は
5日以上継続して入院した場合に、
5日目から支払われるタイプが主流でした。



それをそのままにしているわけは……

2,3日で退院できる病気であれば、
健康保険が利く治療なら
手持ちのお金で払えそうだからです。



また、
「1日5,000円って、少なくないですか?」
と思われるかもしれません。

わりと私は健康で、
健康診断の結果も良好。
病院のお世話になるのは
歯医者さんと、
コンタクトレンズ交換時の眼科のみ。

内科に行ったことは、
小児科を卒業した年齢になってからは、
記憶にないぐらいです。



さらに、
重要なポイントは

日常的に体を動かしていること。



1週間に2回ペースで、ヨガに通っています。



学生時代は激しい運動をしていましたが、
社会人になってからはずっと
スポーツクラブに通っていました。



子どもが小さい頃には
ワンコインで通える地域のヨガと
週1回のフラダンス。



今はそれを切り替えて、
ヨガのスタジオに入会して、
週2回ペースをキープしています。

(ホントはもっと通いたいのですが
仕事にしわ寄せが行くので、笑)。



ヨガの月会費は、1万円弱です。

医療保険を
手厚くするより、
有意義な費用だと
思っています。



爽快感が得られます。

瞑想して、仕事にも集中。



昨日は、
私にとっての今年のヨガ納めでした。



ヨガ納めにぴったりの
最もハードなクラスに出てきました。



今年も
気持ちよくヨガができたことに感謝して。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:08Comments(0)ライフプラン備えること健康のこと

2017年11月30日

健診ランチは油淋鶏 

今日は、
健康診査・がん検診の日でした。



「お金に強く」のブログなので、
費用について考えてみたいと思います。




私は、
国民健康保険の被保険者です。

家族は夫の会社の健保組合です。


つまり、私は自分の分の
健康保険料を納めています。



主婦の働き方として、
「扶養の範囲で」
というニーズは高いと思います。

けれど私は、
ずっと自分で国保に入っています。

住民税も、
自分の収入の中から
自分の分を納付しています。



収入が年によって変動する個人事業主。

国保の保険料も、住民税も
キツイな~~~~
と思う年もあります。

前年の収入が高くて
今年の税が多い時に、
たまたま今年の収入が少ないと
特にキツイ!!



月の変動も大きいです。
少ない月は、多い月の10分の1という月も。

それでも、
毎月の国保の保険料と
偶数月の住民税は、
容赦なく引き落としされます。



しかも私は、いたって健康!

コンタクトレンズの買い換え時か、
虫歯の治療ぐらいしか
お医者さんに行きません。



そりゃあ、もったいないなぁって
思う時もありますけど。



でもやっぱり
国保の特定健診や
市のがん検診は、
保険料や市民税のおかげ。



それに
私は今のところ元気で
仕事にもそれなりに恵まれて
保険料や税を納めることができます。



いま、たまたま
人生の休憩地点にいて
そうじゃない方もいらっしゃるはず。



そして私が今後いつ、
人生の休憩地点で足踏みするか
分かりません。



だから、
元気に働けている今は、
そうでない方のために
私が納める保険料や税を
使ってもらえれば、いいじゃない?



ところで、
毎年無料で受けている特定健診って、
本来いくらなんだろう?
って、疑問がわきました。



毎年、検診でお世話になる病院の
ホームページで確認したところ……

「厚生労働省の定める一般健康診断内容」

市の特定健診とほぼ同じメニューで
11,300円のようです。



これが、
国保の被保険者は
市の受診券で、無料になります。



市の受診券で
胃がん・大腸がん・肺がんの検診を受けると
自己負担6,200円です。



ご家族の扶養に入っていても
割安な検診費用で受けられると思いますので
扶養に入るかどうかの決め手にはなりませんが



自分で保険料や税金を納めて、
保険事業のサービスを確かに受けて
無駄な納付じゃないってこと!!


意識せずにいると
「健康診断は無料が当たり前」
なんて思ってしまいがちです。



アメリカでは
オバマケアの見直しの見直しが
注目されていますが


日本の医療保険制度は
優れものだと思いますよ!



本日の健診ランチは
油淋鶏でした^^





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年11月27日

「もしも」の時に備えて

今日は、
終活アドバイザー協会の講座を
名古屋で開催しました。



夜の時間帯だったので、
私は受付などのお手伝い。


定員30名で募集して
いっぱいになりました。



やはり関心の高いテーマなのでしょうか。





エンディングノートって
高齢者が書くものでしょう?



って思われがちですが。



何でもネットで完結してしまう今、
家族の方が、
金融機関やサービス契約を
ネットで手続きしていると
「もしも」の時に
分からずじまいってこともあります。



簡単にキャッシングができる今、
家族の方がお金を借りていることも知らず
「もしも」の時に
いざ借金があったなんて発覚したら
大変です。



アドレス帳はスマホだけ
という人が「もしも」の時、
連絡してほしい友人、知人を
家族はどうやって知るのでしょう。



「もしも」の時の書き置きは
重要です!



今日の講座は

「シニアのための “少し早めの老い支度”」

「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」




終活はシニアだけの問題ではありません。

「もしも」のことを考えたら、
家族が分かるようにしておくことが大事です。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:40Comments(0)備えることセミナー・勉強会・座談会終活

2017年11月12日

終活とエンディングノートセミナー

待望の、名古屋でのセミナー。


『終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋』


私が設立から参画している

NPO法人 ら・し・さ が主催する
エンディングノートのセミナーです。


「終活ではどんなことをするの?」

「ノートはどういうときに役立つの?」

「相続で困ることとその対策は?」

といった疑問にお答えします。



聞かなきゃ もったいな~い!
ぜひご参加くださいませ!


キラン  キラン  キラン  キラン



=====================

NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 主催
終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋

<概要>

日 時: 2017 年 11 月 27 日(月) 18:30~20:30

会 場: 名古屋国際センター  第3研修室
    名古屋市中村区那古野一丁目 47 番 1 号

受 講 料: 1,000 円(ら・し・さノート付き)

テ ー マ:
「シニアのための “少し早めの老い支度”」 :八杉加津治
「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」 :山田静江

定員:30 名

申込み締め切り:11 月 24 日(金)


《講師プロフィール》

八杉加津治

NPO 法人ら・し・さ 正会員
終活アドバイザー/ FP技能士1級

大手生命保険会社に勤務後、
身近な人を複数亡くした体験から、
死後準備の必要性や、
残された人生をより充実して過ごすことの重要性を知ってもらいたいと、
地元(岐阜県、愛知県)を中心に終活セミナーを開催している。



山田静江

NPO法人ら・し・さ 副理事長
終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 宅地建物取引士

早稲田大学商学部卒。
都市銀行、会計事務所勤務の後、
20年前から独立FPとして活躍。
終活関連の書籍や雑誌の執筆や監修を行い、
また、全国で終活やエンディングノート、
相続、介護、ライフプランに関するセミナーを行っている。

=====================

《会場までのアクセス》

名古屋国際センター  第3研修室

•地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
•市バス「国際センター下車すぐ
•「名古屋駅」下車 徒歩 7 分

=====================

詳細は【こちら


お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712


キラン  キラン  キラン  キラン


2005年、私たちファイナンシャル・プランナーが
知恵を持ち寄って制作したエンディングノート。

当時は『ラスト・プランニング・ノート』
という名称でした。

「ラスト」だけじゃないプランニングを
ということで、
後にノートの名称を
『ら・し・さノート』に変更しました。

エンディングノートの草分けです!




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2017年11月02日

名古屋初開催! 終活とエンディングノートセミナー

待望の、名古屋でのセミナー。


『終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋』


私が設立から参画している

NPO法人 ら・し・さ が主催する
エンディングノートのセミナーです。


「終活ではどんなことをするの?」

「ノートはどういうときに役立つの?」

「相続で困ることとその対策は?」

といった疑問にお答えします。



聞かなきゃ もったいな~い!
ぜひご参加くださいませ!


キラン  キラン  キラン  キラン



=====================

NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 主催
終活とエンディングノートセミナーのご案内 in 名古屋

<概要>

日 時: 2017 年 11 月 27 日(月) 18:30~20:30

会 場: 名古屋国際センター  第3研修室
    名古屋市中村区那古野一丁目 47 番 1 号

受 講 料: 1,000 円(ら・し・さノート付き)

テ ー マ:
「シニアのための “少し早めの老い支度”」 :八杉加津治
「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」 :山田静江

定員:30 名

申込み締め切り:11 月 24 日(金)


《講師プロフィール》

八杉加津治

NPO 法人ら・し・さ 正会員
終活アドバイザー/ FP技能士1級

大手生命保険会社に勤務後、
身近な人を複数亡くした体験から、
死後準備の必要性や、
残された人生をより充実して過ごすことの重要性を知ってもらいたいと、
地元(岐阜県、愛知県)を中心に終活セミナーを開催している。



山田静江

NPO法人ら・し・さ 副理事長
終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 宅地建物取引士

早稲田大学商学部卒。
都市銀行、会計事務所勤務の後、
20年前から独立FPとして活躍。
終活関連の書籍や雑誌の執筆や監修を行い、
また、全国で終活やエンディングノート、
相続、介護、ライフプランに関するセミナーを行っている。

=====================

《会場までのアクセス》

名古屋国際センター  第3研修室

•地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
•市バス「国際センター下車すぐ
•「名古屋駅」下車 徒歩 7 分

=====================

詳細は【こちら


お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712


キラン  キラン  キラン  キラン


2005年、私たちファイナンシャル・プランナーが
知恵を持ち寄って制作したエンディングノート。

当時は『ラスト・プランニング・ノート』
という名称でした。

「ラスト」だけじゃないプランニングを
ということで、
後にノートの名称を
『ら・し・さノート』に変更しました。

エンディングノートの草分けです!




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子





  

2017年10月26日

医療保険と介護保険のゆくえは?

今日は、
私が設立から参画している


NPO法人 ら・し・さ

から

セミナーのご案内です!




「2018年からの医療と介護のゆくえ」


2025年、地域包括ケアシステムが完成します。

それに向けて、医療保険と介護保険のゆくえは?



『地域包括ケアシステム』の基本、
2018年の診療報酬、介護報酬の
同時改定のおもな内容について、
最新情報をお伝えしてゆきます。


==========

日 時 : 2017 年 12月 5 日(火) 13:30~16:30

    <前半>セミナー (120分)
    <後半> ワークショップ ~事例研究~(60分)


会 場 :ビジョンセンター 東京日本橋 
    東京都中央区日本橋3-3-3  八重洲山川ビル6F 
    
    ●JR東京駅  八重洲中央口・北口 徒歩3分
    ●東京メトロ日本橋駅   B3出口 徒歩5分 

※ ビジョンセンター東京ではありませんので、ご注意ください

    
参加費 : 5,000 円(会員は 3,000 円/『ら・し・さノートを持参ください)

お申込み締め切り:12月 1 日(金)


【セミナー講師】
久保田勉(CFP®、終活アドバイザー)


==========

●詳細は こちら

●お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp



主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル

TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712

==========


NPO法人 ら・し・さ

平成15年に設立以来、
エンディングノートの発行や書き方のセミナー、
人生の終末期に関わる情報提供を行っている、
終活の専門集団です。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年08月28日

医療保険より、ヨガとぶどう

医療保険に入って
保険料を払うぐらいなら!



その分、
身体に良いことに
お金を使った方が
いいんじゃないの?



と思っている私です。



お客様のことではなくて、
あくまでも、
私自身についてです。



体調は人それぞれ。
遺伝的な病気もありますし、
生活環境が違えば
健康状態も違います。



だから、
あくまでも、
私の場合です。



今日は、
ヨガに行くことができました。



先週はなかなか時間が取れず
1回だけでしたが
今週は、3回行けそうです。



好きなことばかり
やっているわけにもいきませんので、
週2回ペースのヨガが
他のこととのバランスが良いです。



ヨガの月会費と、
医療保険の保険料、
どちらが得かなんて
答えが出ない話はナンセンス。



とにかく
気分が爽快になって、
体調管理に効果的で、
タイムマネジメントも調子いい。



食事もそう。



なるべく
素材と基本的な調味料で作り、
チルド製品やお惣菜は
よっぽど忙しい時でないと
使いません。



なんと
冷凍食品は、
1人暮らしを始めて以後、
現在の生活まで
約20年間、
買った記憶がありません^^



今日のデザートは
ぶどうで~す。




本当は
ポテチは大好きですし
カップラーメンも
好きなんですけどね(笑)。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:19Comments(0)備えること健康のこと食事のこと

2017年08月11日

セミナーのご案内

今日は、
私が設立から参画している
NPO法人 ら・し・さ
からのお知らせです。



終活アドバイザー協会講演会 
地域を支えるしくみ
「地域包括ケアシステムを知ろう」

~超高齢社会の医療・介護はこうなる~





NPO法人ら・し・さは、
12年間の活動で培った
知識と経験、ノウハウを
多くの方に広めるため、
2016年に「終活アドバイザー協会」を発足させ、
終活アドバイザーの資格認定と育成を
行っております。



このたび、
当協会の発足1年を記念しまして、
講演会および当会のイベント報告、
参加者の交流会を開催いたします。


< 日 時 > 
2017年9月7日(木)14:00~16:30(開場13:30)


< 会 場 >
【セミナー会場】
東京ウイメンズプラザ ホール(地下1階) 
渋谷区神宮前5丁目53-67コスモス青山ビルB1


表参道駅B2出口より徒歩7分、
渋谷駅から徒歩12分、
国連大学とオーバルビルの間を入り50mほど


【交流会会場】
un café(アンカフェ)  
セミナー会場と同じビルB2にて17:00


< 参加費 >
【講演会参加費】
一般 1,000円(但し、交流会参加者は無料)
正会員・終活アドバイザー会員 無料


【交流会参加費】
5,000円 


< 講 師 >
前 一樹氏
(一般社団法人 地域包括ケア支援事業連合会・事務局長)

現在、ジャパンマネジメントシステムズ株式会社代表取締役社長、
一般社団法人人工知能ビジネス創出協会理事、上場企業監査役なども務める


【講師より】
「厚生労働省が提唱する地域包括ケアシステムは、
高齢者が要介護状態になっても住み慣れた地域で
自分らしい暮らしを最期まで続けることができるように、
医療・介護・予防・住まい・生活支援が
一体的に提供される社会システムとされ、
団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる
2025年を目途に
その構築が急務となっています。

在宅医療における「cureからcare」への考え方、
多職種連携によるチーム医療など、
社会システム・サービスを再構築する必要性と
今後の展望をお話しします。」


<お申込み締切>
2017年8月25日(金)



● ● ● ● ● ● ● ● お申込みはこちら ● ● ● ● ● ● ● ●

<申込フォーム>
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

< 電 話 >
03-5201-3793(月~金)9:00 -17:00

< FAX >
03-5201-3712  24時間365日受付


多くの方のご参加をお待ちしています。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年07月19日

いざという時、困らないために

子ども達は、もうすぐ夏休み。



夏休みになると、
ご実家に帰省されるお宅も多いでしょうね。



また、
お盆などで親戚が集まる機会も
あることでしょう。



ご両親やご兄弟、親戚などは、
「いざという時」にお世話になるもの。



お互いに、
意思表示のできない状態や
万が一のことが起こった時に
手続きなどに困らないよう、
必要なことを話し合っておきましょう。



8月号のPIPOが
そろそろ配布されると思います。



今月号の

「石原敬子の
教えます! お金のこと」は

『「いざという時」
家族や親せきが困らないために』

というテーマでお届けしています!



お手元に届いたら
どうぞご覧くださいね~!

旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

2017年07月15日

相続・事業承継フェア

昨日は、午前中だけ
日経新聞社主催の
「相続・事業承継フェア」に
行ってきました。



基調講演の竹中平蔵先生の話は、
内容もさることながら、
たとえ話や身近な例を挙げるなど
話の展開がとても勉強になりました。



その後、
スポンサーのプレゼンみたいなセミナーが
続きました。



東京やその近郊の
大きなコンベンションなどでありがちな、
たくさんのブースがあるような「フェア」だと
次々と話を聞きまくって
同業者間の比較ができるのでしょうが……。



私がいられた午前中は
遺言信託を扱う銀行と、
富裕層対象で相続税対策の不動産会社
の2つのセミナーを聴けただけです。



「●●フェア」などというと
紙袋やエコバックいっぱいに
パンフレットや資料を詰め込んで帰る……
というイメージでしたが、

ずいぶん期待外れ……


想像していたようなブースは1つもなく。



まあ、でも

FP分野の中でも
特に専門としているわけではないジャンルの
お話を聴けたので、
勉強になった部分もありました。



今の生活環境では、
半日だけでもセミナーに出て来られただけで
以前よりはずいぶん前進したかもしれません。



まだまだ時間と地理的要因で
制約が多いですが、
できる範囲で
できることを頑張ろうと思います。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子