2018年09月01日

ねんきん定期便が届いたら

8月は誕生月だったのですが、
なかなか「ねんきん定期便」が届かず、
郵便がどこかに紛れてしまったのかと
思った矢先。



8月30日に届きました。






みなさんも、
お誕生月に「ねんきん定期便」が
届くかと思いますが、
ご覧になっていますか?



まず
大きなポイントとして、

50歳未満の方と、
50歳以上の方では
様式が異なっています。



50歳未満の方は、
現在(正確には2ヵ月前)までの勤務状況で計算された
「年金の見込額」です。

なので、
今後も働き続けるとか、
国民年金保険料を払い続けるなどで
この先の加入期間については
反映されていません。

よって

50歳未満の方は
年金定期便に記載された
「年金の見込額」が
すご~く少なく感じると思います。



50歳以上の方は、
老齢基礎年金と老齢厚生年金の
「年金の見込額」が確認できます。



ただし!

厚生年金基金に加入していた(いる)人の場合、
ねんきん定期便の「年金の見込額」以外に
実際は「基金代行部分」が加算されます。

ねんきん定期便には、
「基金代行部分」が記載されていないのです。



じゃあ、
「年金の見込額」って目安にならないじゃないの!
と思うかもしれませんね。




厚生年金基金の加入期間がある人には、
支給される老齢厚生年金(報酬比例部分)のうち、
厚生年金基金加入員期間についての部分は、
代行部分が差し引かれて厚生年金から支給されるのです。



「基金代行部分」は、
厚生年金基金から支給されます。



簡単に整理すると、
厚生年金基金の加入期間のある方については、
老後の年金は

「国民年金」+「厚生年金」+「基金代行部分」


ということになります。



では、
「基金代行部分」は
どのようにして知ることができるか?



ねんきんネット」です。



日本年金機構のホームページ内に
設置されています。

ねんきんネット http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

利用するには、事前登録が必要です。
郵送された「ねんきん定期便」に記載された
アクセスキーと、
年金手帳等に記載されている基礎年金番号があれば
登録ができます。



ねんきんネットの利用は無料です。



ねんきん定期便では、
加入期間などの確認はできるのですが、
最も関心のある

「私は老後の年金はいくらもらえるんだろう?」


の疑問に答えてくれるのは、
ねんきんネットの方です。




また、ねんきんネットでは、
年金の受取開始時期を早くしたり(繰り上げ受給)、
遅らせたり(繰り下げ受給)した場合、
受取見込額がいくらになるのかの
シミュレーションもできます。



ぜひ、
じっくりとご覧になってみて下さい。

いろいろなパターンで試算をしてみて下さい。



受取年金額のめどが分かれば、
老後生活の不安も和らぐことでしょう。

おススメです!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:32Comments(0)備えることご案内終活

2018年08月27日

厚生年金、パートの「壁」を下げる案

今日の日経新聞朝刊の
1面トップ記事は

「厚生年金 パート適用拡大」です。





数年前までの家計相談では、

「厚生年金に加入しないパートで
働きたい」

というママさんが圧倒的でした。

(特にこの地域では顕著です)


ところがここ最近では、

「厚生年金保険料を納めてでも
しっかり働きたい」

というママが増えたように思います。



現在、
社会保険料を負担して
手取りが少なくなってでも、
老後の生活費を確保したいという
ニーズが高まってきたことを
実感しています。



そんな中、

厚生労働省が
厚生年金加入の月収要件を
引き下げる検討をしているという報道。

現在、
月収に関する適用要件は
8.8万円以上。

いわゆる
「106万円の壁」

ってやつです。



それが月収6.8万円に
引き下げる検討をしているとのことです。



今後、詳細を詰めて、
国会の審議を経て、
早ければ2021年中にも施行されるという
検討内容のようです。

(日経の独自取材による)


保険料の負担を嫌って
働く時間を減らす方も
相変わらずいらっしゃいます。


しかし
簡単に言えば、

老後の年金として受け取れる
厚生年金部分の金額は、
厚生年金加入者として働いた
「月数」と、「お給料の金額」を使って
計算をするものです。



人生100年時代。

老後の厚生年金を増やすためにも
ぜひ、
厚生年金加入で働ける環境の方は、
前向きに考えて頂きたいと思います。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:21Comments(0)備えること家計のこと最近のニュースから

2018年08月07日

エンディングノートの書き方&成年後見制度

発足時から関わっている
NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)
よりご案内です。

終活講座 in 名古屋

FP(ファイナンシャル・プランナー)が作った
エンディングノートの草分けである
「ら・し・さノート」を使った
終活とエンディングノートのセミナーを
名古屋で開催します。

是非ご参加ください。






「エンディングノートとは、どういうもの?
どのように書けばいいの?」

「成年後見制度について、ぜひ知りたい」

という方に、
終活の専門家集団NPO法人ら・し・さのメンバーが、
わかりやすくお伝えします。

= = = = = = = = = = = =

《テーマ》 

第1部 「エンディングノートの書き方教えます」 
    (高伊 茂)

第2部 「これだけは知っておきたい成年後見制度
     ~なぜ利用が進まないのか~」 
    (若色信悟)


= = = = = = = = = = = =

日時:2018年9月29日(土)  13:30~16:30

会場:名古屋国際センター 第1研修室  
   (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
 
  《会場までのアクセス》
   •地下鉄桜通線「国際センター」駅 下車すぐ
   •市バス「国際センター」下車すぐ
   •「名古屋駅」下車 徒歩7分

参 加 費 :3,000円(ら・し・さノート付き) 
     終活アドバイザー協会会員は2,000円 
     (ら・し・さノートを持参してください)

定員:30名

お申込締切:2018年9月25日(火)


= = = = = = = = = = = =

《講師プロフィール》

高伊 茂 / NPO法人ら・し・さ 理事

終活アドバイザー/ CFPⓇ/ 社会保険労務士
旧中央信託銀行に入社。
53歳でFP・社会保険労務士として独立。
北海道から九州まで国内各地で、ライフプランセミナーや終活セミナー等の講師、執筆や監修を行なっている。


若色信悟 / NPO法人ら・し・さ 理事長

終活アドバイザー/CFPⓇ
会計専門学校の教員(会計全般、相続、税法、FP担当)、日本FP協会教育事業部長、財務部長などを経てFPとして独立。
ライフプラン作成や相続、成年後見の財産管理を専門とする。
また知的がい者のライフプランと財産管理にも力を入れている

= = = = = = = = = = = =

詳細・お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp


主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3370
FAX:03-5201-3712



どうぞよろしくお願い致します。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年05月16日

奨学金を使い切っちゃダメですよ

昨日のブログ
コメントを頂けたのがうれしくて、
今日も奨学金ネタで行きま~す!



今日は、
現在、奨学金の貸与を受けている
学生さん向けの話。



入学前に手続きをして
1年生になった今年度、
もっともスムーズに手続きをした学生さんは、
4月の下旬に
第1回目の貸与を受けたと思います。


これから毎月、
奨学金が振り込まれてきますね。

大切に使ってください。



おっと!

使い切っちゃダメですよ!!



後期の授業料は、
いつ納めますか?

それはいくらですか?



後期の授業料が払えなくて
1年生の秋に退学……

という学生さんは少なくないそうです。



毎月の奨学金。

後期の授業料。



ちゃんと計算しておいてくださいね!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  


2018年05月11日

老後の不安を小さくする方法

老後の生活資金が不足するのではないかと
不安視する方が多いようです。



そのような方は、
どれだけかかりそうかを
簡単で良いので、
見積もってみましょう。




【収入面】

・何歳まで、
いくらぐらいの収入の仕事を続けるのか

・公的年金や企業年金、個人年金は
何歳から何年間、いくらずつ入って来るのか。


【日常の支出】

・日常はどんな暮らしで、
コンスタントに出て行くお金はいくらぐらいか

・年に1回、数年に1回の支払いが
発生するのは何か、そしていくらか

【いざという時の支出】

・健康面を考慮し、
健康保険や準備済みの保険を踏まえ
いくらぐらいの備えがあったらよいか

・家族、親戚などに
資金援助する予定はあるか

・車や家電、リフォームなど
まとまった資金が必要な買い換えの
ペースや金額はどれぐらいか

【お楽しみの支出】

・旅行、趣味や、
余裕資金で購入したいものが
あるならばいくらぐらいか




これらの要素を挙げてみて、
おおよその金額を当てはめてみましょう。



「分からない」
というものがあれば、

「いま、調べる必要があることが
分かった」という収穫を得たわけです




分からないことがだいたい分かっただけでも
不安は小さくなるものです。



収入と支出のおおよその金額が分かったら、
貯蓄を年間どれぐらい取り崩せば良いかが
計算できます。



「老後」の終わりまで、何年あるでしょう?
何年取り崩せば良いでしょう。

逆に、
貯金の寿命はどれぐらいでしょう?



足りるでしょうか。

足りなければ、
どんな対処法を考えましょうか。

今のうち、働いて貯金を増やしておきますか?
退職の年齢を遅らせますか?
収入の高い仕事に就きますか?
資産運用を始めますか?
節約してコツコツ積み立てますか?




早く気づくほど、
選択肢は
多くなります。



ここまでの作業を
やってみると

何となく不安だった老後が
ぼんやりと見えてきます。

今、
やるべきことが分かってきます。

不安も
小さくなることと思います。



自分の人生は、
自分でコントロールできるようにしておきましょう。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:46Comments(0)備えること家計のこと

2018年04月29日

専業主婦も、扶養内パートさんも、iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、
2017年から専業主婦やパート主婦も
加入できるようになりました。



公的年金だけでは
老後の生活が不安だという方には
ぜひ利用してもらいたいと思っています。



ところが

専業主婦や
扶養内で働くパート主婦には
「メリットがない」
と思われることが多く……



iDeCoでは、
掛金全額が所得控除です。

所得控除とは何か?

所得税や地方税の計算の際、
その金額は所得から引き算する、
ということです。

つまりDeCoの掛金でいえば、
その年の掛金全額を差し引いて、
課税対象の所得を計算します。

その分、
所得税や住民税の負担が軽くなります。


扶養されている人は
そもそも所得税・住民税を納めていないので、
「メリットないじゃん」
となってしまうのです。



わざわざ
面倒な手続きを踏んで
iDeCoに加入することないよね、

手数料を払ってまで
利用する必要はないよね

となってしまうんですね。



でも、

そもそもiDeCoの目的は
老後の生活費を準備するためであって
節税優先ではないはず。



iDeCoは

「人任せ、国任せにせず、
自分の老後のお金は自分で準備する」

と行動した人に対して、
政策として税金を優遇する制度です。



なお、

運用で増えた利益に対する課税は
非課税、

老後になってから
年金や一時金を受け取る場合の
税金は軽減されます。



これだけでも
一般の金融商品を利用するより
有利ですからね。





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:30Comments(0)備えること

2018年03月31日

空き家問題/障がいのある子の生活力

NPO法人ら・し・さ 主催
終活アドバイザー協会講演会in大阪

のご案内です!!


※このイベントは
一般財団法人ゆうちょ財団の『金融相談等活動助成事業』です



第1部は、

社会問題としてクローズアップされている
自宅・実家の空き家問題について、
管理、活用、処分の考え方と具体的な進め方、
事前の工夫など、
親が元気なうちからできる準備を含めて解説します。



第2部では、

親亡きあと、障がいのある子が
生まれ育った自宅や地域で
暮らし続けるために必要な生活力を育む
トレーニング術をお伝えします。



障がいのないお子さんの教育のヒントにもなります。

多くの方のご参加をお待ちしています。

= = = = = = = = = = = =

日時:2018年4月21日(土)
   13:30~16:45(開場13:10)


会場:エル・おおさか 本館5階 研修室2
   (大阪市中央区北浜東3-14) 

懇親会会場 : エル・おおさか 本館10階 宴会場 

参 加 費 : 講演会のみ 1,000円
     講演会+懇親会 4,000円(各ら・し・さノート付き)

 
第一部:講演会

「住まいの終活」
~空き家の管理・処分で慌てない、困らないために~
講師: 橋本 秋人


第二部:講演会

「この自宅や地域に住むための
今日から出来るお金とお料理実践講座」
講師: 住山 志津枝


懇親会の申込締切:4月10日(火)


= = = = = = = = = = = =

《講師プロフィール》

【橋本 秋人】
CFP®/終活アドバイザー
FPオフィス ノーサイド代表
住宅メーカーで30年以上
相続支援・不動産活用の実務に携わった後、独立。
セミナー、執筆、相談、実行支援を中心に活動している。

【住山 志津枝】
CFP®/終活アドバイザー
障がい児教育専門のFP。
買い物と料理を教材に生活算数を学ぶ
「お金で学ぶさんすう®」を開発した。
教育基本法を根拠に、
学校・保護者・地域で連携した子育ての
重要性を伝えている。

= = = = = = = = = = = =

詳細・お申し込みは……

【イベント参加申込フォーム】
http://www.ra-shi-sa.jp/event-form/

【e-mail】
kanri@ra-shi-sa.jp

主催 NPO 法人 ら・し・さ (終活アドバイザー協会)

〒103-0027 東京都中央区日本橋 3-2-14 日本橋 KN ビル
TEL:03-5201-3793
FAX:03-5201-3712




(掲載画像2点は、昨年大阪で開催した
『本当に役に立つ 終活のはなし in 大阪』
の様子です)  

2017年12月26日

医療保険に入る代わりに

今日は、
ファイナンシャル・プランナーである私の、
生命保険についてご紹介します。



※ お読み頂くと分かると思いますが
誰にでも当てはまるアドバイスではありません。

「ご自分の状況」に合わせて
保険設計することが大切。

と思っていただけたら幸いです。



大まかな内容をご紹介し、
併せて
その契約をしている理由を
お伝えしますね。



まず前提として、
私が死亡して収入が途絶えても、
夫や娘の生活資金に困ることは
ありません。

(夫が現状と同様に
健康で働き続ける場合)



そのため、
基本的には私の生命保険は

必要ない!

と思っています。



ですが、
社会人1年目の時に加入した
終身の生命保険(500万円)があり、
予定利率が5.5%。

いわゆる「お宝保険」です。

なので、
基本的に生命保険が不要である生活でも、
この保険は残してあります。



この終身の死亡保険についている
特約は、ごく最低限。

・入院保障特約(病気・傷害で5日目以降)
 5,000円/日

・手術保障特約 100万円

・傷害特約 500万円


これだけです。


入院保障特約は、一見
「1日目から出る」
というのがお得なように感じるでしょう。


私の生命保険を契約した当時は
5日以上継続して入院した場合に、
5日目から支払われるタイプが主流でした。



それをそのままにしているわけは……

2,3日で退院できる病気であれば、
健康保険が利く治療なら
手持ちのお金で払えそうだからです。



また、
「1日5,000円って、少なくないですか?」
と思われるかもしれません。

わりと私は健康で、
健康診断の結果も良好。
病院のお世話になるのは
歯医者さんと、
コンタクトレンズ交換時の眼科のみ。

内科に行ったことは、
小児科を卒業した年齢になってからは、
記憶にないぐらいです。



さらに、
重要なポイントは

日常的に体を動かしていること。



1週間に2回ペースで、ヨガに通っています。



学生時代は激しい運動をしていましたが、
社会人になってからはずっと
スポーツクラブに通っていました。



子どもが小さい頃には
ワンコインで通える地域のヨガと
週1回のフラダンス。



今はそれを切り替えて、
ヨガのスタジオに入会して、
週2回ペースをキープしています。

(ホントはもっと通いたいのですが
仕事にしわ寄せが行くので、笑)。



ヨガの月会費は、1万円弱です。

医療保険を
手厚くするより、
有意義な費用だと
思っています。



爽快感が得られます。

瞑想して、仕事にも集中。



昨日は、
私にとっての今年のヨガ納めでした。



ヨガ納めにぴったりの
最もハードなクラスに出てきました。



今年も
気持ちよくヨガができたことに感謝して。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:08Comments(0)備えること健康のこと

2017年11月30日

健診ランチは油淋鶏 

今日は、
健康診査・がん検診の日でした。



「お金に強く」のブログなので、
費用について考えてみたいと思います。




私は、
国民健康保険の被保険者です。

家族は夫の会社の健保組合です。


つまり、私は自分の分の
健康保険料を納めています。



主婦の働き方として、
「扶養の範囲で」
というニーズは高いと思います。

けれど私は、
ずっと自分で国保に入っています。

住民税も、
自分の収入の中から
自分の分を納付しています。



収入が年によって変動する個人事業主。

国保の保険料も、住民税も
キツイな~~~~
と思う年もあります。

前年の収入が高くて
今年の税が多い時に、
たまたま今年の収入が少ないと
特にキツイ!!



月の変動も大きいです。
少ない月は、多い月の10分の1という月も。

それでも、
毎月の国保の保険料と
偶数月の住民税は、
容赦なく引き落としされます。



しかも私は、いたって健康!

コンタクトレンズの買い換え時か、
虫歯の治療ぐらいしか
お医者さんに行きません。



そりゃあ、もったいないなぁって
思う時もありますけど。



でもやっぱり
国保の特定健診や
市のがん検診は、
保険料や市民税のおかげ。



それに
私は今のところ元気で
仕事にもそれなりに恵まれて
保険料や税を納めることができます。



いま、たまたま
人生の休憩地点にいて
そうじゃない方もいらっしゃるはず。



そして私が今後いつ、
人生の休憩地点で足踏みするか
分かりません。



だから、
元気に働けている今は、
そうでない方のために
私が納める保険料や税を
使ってもらえれば、いいじゃない?



ところで、
毎年無料で受けている特定健診って、
本来いくらなんだろう?
って、疑問がわきました。



毎年、検診でお世話になる病院の
ホームページで確認したところ……

「厚生労働省の定める一般健康診断内容」

市の特定健診とほぼ同じメニューで
11,300円のようです。



これが、
国保の被保険者は
市の受診券で、無料になります。



市の受診券で
胃がん・大腸がん・肺がんの検診を受けると
自己負担6,200円です。



ご家族の扶養に入っていても
割安な検診費用で受けられると思いますので
扶養に入るかどうかの決め手にはなりませんが



自分で保険料や税金を納めて、
保険事業のサービスを確かに受けて
無駄な納付じゃないってこと!!


意識せずにいると
「健康診断は無料が当たり前」
なんて思ってしまいがちです。



アメリカでは
オバマケアの見直しの見直しが
注目されていますが


日本の医療保険制度は
優れものだと思いますよ!



本日の健診ランチは
油淋鶏でした^^





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年11月27日

「もしも」の時に備えて

今日は、
終活アドバイザー協会の講座を
名古屋で開催しました。



夜の時間帯だったので、
私は受付などのお手伝い。


定員30名で募集して
いっぱいになりました。



やはり関心の高いテーマなのでしょうか。





エンディングノートって
高齢者が書くものでしょう?



って思われがちですが。



何でもネットで完結してしまう今、
家族の方が、
金融機関やサービス契約を
ネットで手続きしていると
「もしも」の時に
分からずじまいってこともあります。



簡単にキャッシングができる今、
家族の方がお金を借りていることも知らず
「もしも」の時に
いざ借金があったなんて発覚したら
大変です。



アドレス帳はスマホだけ
という人が「もしも」の時、
連絡してほしい友人、知人を
家族はどうやって知るのでしょう。



「もしも」の時の書き置きは
重要です!



今日の講座は

「シニアのための “少し早めの老い支度”」

「相続のポイントと終活アドバイザー講座のご案内」




終活はシニアだけの問題ではありません。

「もしも」のことを考えたら、
家族が分かるようにしておくことが大事です。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:40Comments(0)備えることセミナー・勉強会・座談会終活