2018年03月30日

節分天井、彼岸底

相場の格言に
「節分天井、彼岸底」
と言われるものがあります。



言葉通り、
節分の頃までは株価が上昇して
ピークをつけた後は下落に転じ、
お彼岸の頃に安値を付けるという
株価の動きを示しています。



この格言の一般的な解釈は、

お正月のご祝儀相場で
1月は順調に値上がりし、
3月の決算末を意識して
売り物が出て、
実質新年度入りする頃には
その売りもとどまる―――

というもの。




今年度は、
第3四半期までの
好業績期待で買われ続けていて
節分まで勢いづいて



ドカン!



2月は慌てた投資家さんが
多かったかと思いますが、
時間が経てば
売りも薄くなってきて。



今のところは
3月23日で底を打ったように見えます。

まさに、彼岸底。



日経平均株価でみると、
3月23日は
2月14日と、3月5日の安値を下回っています。



3月28日からは実質新年度入りして
今日は、23日に下げる前まで戻りました。



さあ、名実ともに新年度入りとなる
来週の相場はどうなるでしょうか。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

Posted by FP石原敬子  at 22:14Comments(0)株式投資

2018年03月13日

株主優待&配当取りのスケジュール

いよいよ3月期決算企業の
年度末が近づいてきました。



株主優待や高配当利回りの銘柄に
絞って投資をしている方も
多いことでしょう。




株主優待や株主配当金がもらえる
「権利」が確定する決算期末を、
権利確定日」といいます。



今年は3月末が土曜日なので、
権利確定日は3月30日(金)です。




日本の株式投資は、
売り手と買い手の間で
受渡しに要する日数が4営業日必要です。



売買が成立した日を1日目として数えて、
4営業日目に
株式を売った人から買った人へと
株主が変わります。



つまり、今年の場合、
3月末までに株主になっておくためには
4営業日さかのぼった3月27日(火)までには、
お目当ての株式を買っておかなければなりません。



この3月27日のことを、
権利付最終日
といいます。




なお、
株主優待が魅力的な銘柄や
配当利回りの高い銘柄は、
みんなが狙っています。



「安い日に買おう」
と思っていても、
3月は権利を狙う買い手が多い傾向があるので
思うように値下がりしない場合もあります。



反対に、
権利確定日を通り越すと、
「とりあえず3月の権利は確保した」
という投資家が売りを出すことも多く、
株価が値下がりする場合もあります。



かえって
優待や配当の権利を取らずに
株価の下がった時に買った方が
優待相当分以上にお得だった―――

なんてこともあり得るので
ご注意を!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

Posted by FP石原敬子  at 21:06Comments(0)株式投資

2018年02月17日

はじめての資産運用講座

今日は、
日本証券業協会主催のセミナーでした。




テーマは
はじめての資産運用講座


この講師の仕事は
もうかれこれ15年になりますが、
年々、
若い方の受講者が増えてきています。

また、
今日は土曜日だったこともあり、
ご夫婦や、
ご両親とお嬢様という
ご家族連れが多かったです。



運用というと
ギャンブルみたいに思う方も
未だ多い中、

環境は
ますます運用を取り入れなければ
お金の寿命が持たなくなっています。



人生100年時代。
現役時代に稼いだお金を
100歳まで、どうやって持ちこたえさせるか。



消費者物価指数、
昨年12月分が最も新しい公表数字ですが、
年率1%になっています。



1年間貯金をして、
利息が1%増えなければ
1年前と同じものが
買えないという状況です。



運用を取り入れて、
せめて
物価上昇と同じだけ
資産を維持しなければなりません。



そんな思いを込めて
今日はお話をさせて頂きました。





だけど、

講義自体は反省点が多々あり。
振り返りをしっかりやって
次のセミナーに活かしたいと思います。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年02月15日

FPMAG 2018年春号発売!

AmazonのKindle(電子書籍)で
マネーの季刊誌を出しています。



本日は、最新号Vol.019(2018年春号)が
発売になりました~!

下記、販売ページより、
FPMAG Vol.019(2018年春号)
ご購入いただけますハート



今回の私の記事は……

【金融資産】

なぜ株式や投信は積立がイチオシなのか

(執筆:石原 敬子)


これまで
「貯蓄から投資へ」だった
金融界のキャッチフレーズ。

いつの間にか
「貯蓄から資産形成へ」と変化し、
つみたてNISAがスタート。

そのような中、
資産形成における「積立」が
注目されています。

その時代背景とともに、
資産形成における積立投資について
考察します。



【連載】

Vol.12 箇条書きの作法
~口が商売道具の証券レディから
“書けるFP” へ(その12)~

(執筆:石原 敬子)


伝えたい重要な事柄を、
簡潔に伝えるために用いるのが
箇条書き。

その効果をより発揮するために、
筆者自身が実践している
箇条書きの作法を解説します。



他、
仲間の執筆陣からは

【ファイナンス】
FP資格を生活に活用して
赤字家計を脱出する
~家計全体を把握する大切さ~

(執筆:大木 美子)

【ファイナンス】
金融リテラシーの高い低いは
何故起きるのか
~生まれ育った環境が影響する~

(執筆:林 智慮)

【金融資産】
加速するフィンテックとFP
第2回:お金の世界は一変する
~ポートフォリオに仮想通貨、
運用にロボアドバイザ~

(執筆:安田 晶子)

※FPMAGは、
Kindle Unlimited(定額読み放題サービス)の対象です。


【最新号Vol.019 Amazon販売ページ】


https://www.amazon.co.jp/dp/B079TMSCQ2/

**************************************

【バックナンバー】

FPMAGのバックナンバーは、
全冊Kindle Unlimited(定額読み放題サービス)で
ご覧いただけます。

また、
Kindle Unlimited利用枠の10冊に達した際は、
バックナンバーをご購入いただくことで、
ご利用枠の確保ができます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【FPMAGバックナンバーAmazon販売ページ】
https://goo.gl/ZHtJB3


今後とも、
FPMAGシリーズをよろしくお願いいたします!!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  


2018年02月13日

ひとやすみ、一休み。

今日、2月13日はNISA(ニーサ)の日。
2(に)・1(い)3(さ)、というワケです。

NISAの日だというのに、
相場は相変わらずで、
落ち着きませんね。



朝方は強いかと思えば、
午後からマイナスに転じ。

最近の荒相場では、
同じムードが1日保てない日が
多いです。



つまり。

投資家は迷っている証拠。

「買い」と思う投資家もいる一方で、
戻れば「売り」と思う投資家もいる。



なんてったって、

景気が良いと伝わったことが原因で、
株が下がるという、
奇妙な状態なのですから。



実体経済は悪くない、
企業業績も悪くない、

去年からの
過熱感が高まっていた株式市場に、

「米国の金利が上がりそうだ」

という明確な売り材料がスイッチとなり、
このような展開が続いています。



しばらく不安定な相場が
続きそうだと思う方は、
ここで一旦
逃げ売りを検討しているかもしれませんね。



昨年のイケイケドンドン相場で、
リスクポジションが高まってしまった方は、
小出しに売りを出そうかと
考えていることでしょう。



じゃあ、
どの銘柄を現金化するか?



答えは簡単です。


「今後も持っていたい銘柄は残す」

これに尽きます。



業績が思ったほど伸びないとか、
事業内容が時流に乗っていないとか、
ちょっとした悪材料が出たとか、

何か引っかかることがある銘柄が
まず売りの対象になるでしょう。



利益が十分出ている銘柄を売るのは
気持ちが良いものです。

でも、
利益が出るほど値持ちの良い銘柄は
この相場でも、
誰かが買ってくれているということ。

見込みがあるから、
この荒相場でも、
買いが集まるということ。



それを手放してしまうと、
相場が復活した時に、
痛い思いをすることになるでしょう。



自分の利幅を取るというよりも、
良い銘柄を今後も持ち続け、
先の利益が期待できるものを
手元に残すということ。



投資家の動揺が落ち着けば、

(落ち着く=妥当な水準まで
 下げるということでもあるので、
 ある程度の覚悟は必要)

また再び、
ファンダメンタルズの良い銘柄から
底固めを始めるでしょうから。




一休さんのアニメで

「あわてない、あわてない
一休み、一休み」

って言っていましたね。



それもまた、1つの選択肢。



夕方から
先物がまた下げ出して
欧州市場も下げ基調。

米国株も下げそうです。



おいしいものでも頂きながら
一休みしますか。



我が家は、昨日ご紹介したように
土曜日に長久手のモンベルに行きました。

帰り道、亀屋芳広の店舗があったので
立ち寄って、
バレンタイン限定スイーツを
買い込みました!



「和風ばれんたいん」
という生菓子セット。



チョコレートやバターなども
ちょっと使ってあるけれど
テイストは和菓子。

「全種類食べたい!」
と誰もが主張し(笑)、
3人でちょこっとずつをお味見。

私は
薔薇の練り切りがおいしかったなあ。



これも限定、
「ラムレーズンバターケーキ」



こってりしたチョコに、
ラムがしっかり効いたドライフルーツ。

こちらも絶品でした!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 21:58Comments(0)株式投資楽しみのことNISA

2018年02月09日

慌てふためくか、丁寧にチェックするか

今日も東京株式市場は
大きく下げましたね。



米国発の株安がなければ、
今頃は
3月期決算企業の第3四半期業績が
相場を動かしていたことでしょう。



この暴落で
長期投資の個人投資家は
何をすべきか?

(短期のトレーダーは、
思いっきり遊んでください)




長期投資の個人投資家は、
この騒ぎの隙に
第3四半期決算を丁寧にチェックしておくと
良いでしょう。



こんな相場でも、
値上がりしている銘柄もありました。

サプライズの好決算だったり、
好材料が出たりした銘柄は、
この騒ぎの中で
拾っておこうという投資家が
いたということです。



もっと言えば
先週末よりも今日の方が
高い銘柄もありました。



私は、
自分が持っている銘柄以外でも
注目銘柄をいくつかピックアップしていて、
折に触れ
チェックするようにしています。



近い将来、
それを買うかどうかは分かりませんが、
いろいろな銘柄について
相場環境とニュースと
株価の関係を見ておくのは
相場観を養うのにもってこいです。



「保有株が値下がりしてつまらない、
 株価を見ても面白くない」

なんて言っていては、
いつまでも成長しないのです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:40Comments(0)株式投資投資全般

2018年02月07日

株価は下げ止まったか?

今日も、私は
丸1日株価を見ていられない日でしたが、
相場に張り付いていたら
目が離せない日だったようですね。



前場に大きく上げて、
後場は売りに押されたようです。

2日続けて暴落したので、
不安になった投資家は、
今日の反発で戻り待ち売りを
考えたのだと思います。



昨年は
本当によく株価が上がったので
そろそろどこかで
調整があってもおかしくない水準だったのは
誰もが認めるところ。

そのきっかけが
なかなか訪れなかった、


そこへ
米国の金利上昇懸念という
「売る気になる絶好の材料」
が舞い込んできました。



そろそろ売ろう、
いつか売ろう、
と思っていた投資家にとって、

売るための明確な理由が
出来たというワケです。



株価上昇が続けば
売り圧力が高まるのは当然のこと。


「今でしょ~!」と、
2日間で大幅な調整をしました。



過熱感が高まった場面で、
今回のように、
短期間で大幅に下落して、
程よい水準にリセットされることを

値幅調整

と言います。



一方、

売りは一気に集まらず、
ダラダラとほぼ横ばいのまま、
大きく下げない代わりに、上げもしない

と、過熱感が冷めるまで
ただ日にちだけ経過して行く状況を

日柄調整

と言います。



どちらも、
上がり過ぎた株価の調整局面です。



今回の値幅調整では、

「どこまで下げるのか」

が気になるところだと思います。



それを探るために、
今日は、
日経平均株価の週足チャートを見てみました。



そして、
週足の株価と、
26週移動平均線を比べました。



2016年9月に
13週線と26週線がゴールデンクロスして以後
きれいな周期を
繰り返しているように見えます。



2016年9月以後、
株価が26週線を割り込んだのが
今回で4回目。


【1回目】2016年11月
26週平均:16,545.13
株価(安値):16,111.81
かい離率:-2.62%


【2回目】2017年4月
26週平均:18,845.82
株価(安値):18,224.68
かい離率:-3.30%

【3回目】2017年9月
26週平均:19,580.66
株価(安値):19,239.52
かい離率:-1.74%

【4回目(今回)】2018年2月
26週平均:21,827.34
株価(安値):21,078.71
かい離率:-3.43%


こう見ると、
今回の下げも
それほど過大ではないことが分かります。

2017年4月の調整局面と
マイナスかい離はそう変わりません。

今日の日経平均終値は21,645.37。

26週移動平均の21,827.34を
0.83%下回った水準。

明日以降も、
26週移動平均近辺でウロウロするようなら、
適切な調整水準だと思います。



26週移動平均を大きく割り込んだら、
トレンドが変わる
すなわち、
下げ基調になるでしょうね。



さて、
明日はどうなりますやら。


(投資はご自身のご判断でお願いします)



今日は、
名駅付近の会場だったので

我が家お約束の
ツバメヤさんのわらび餅!!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 22:40Comments(2)株式投資投資全般

2018年02月06日

株価暴落。そこで私は何をしたか

いやぁ、
小気味よいほどの下げでしたね。
2日間。



たぶん、ですけど。
明日は下げ止まるでしょうね。

NY相場次第というところもありますが。



さて、
このような株価の大暴落で、
私は、何をしたでしょうか。



みなさんの投資判断や
投資行動のヒントになれば、
と思い、お伝えします。




まず、
今日はほぼ1日外出で、
ゆっくり株価を見る余裕はありませんでした。


帰宅したのは
東京株式市場が終わってからです。

買おうにも売ろうにも、
株式取引は終わった後でしたが、
どういうチェックをしたのかを
ご紹介します。



(1)日経平均株価の5分足チャートをチェック


→14時ごろから上昇に転じていたので、
 下げ止まりの兆しを確認


(2)保有株や、購入検討中の銘柄の
直近6ヵ月の日足チャートをチェック


→ここ半年は、どの銘柄も上がっていました。
 今日の株価が
 半年間の安値水準まで落ちたかどうかを確認


(3)上記(2)の銘柄について、
2日間の5分足チャートをチェック


→日経平均が下げ止まっても
 上向かなかった銘柄がないかを確認


(4)夜になってから、
日経平均先物の5分足チャートをチェック


→14時ごろから18時頃までの上昇を確認、
 その後は前日比プラス水準で推移


今日は、この4点をチェックしました。



強い銘柄ほど、 
他の銘柄や指標よりも早く、
上昇に転じます。

そしてその上昇率も、
他の銘柄や指標より
高くなります。



何でもかんでも上がってきた
昨年来の相場から、
「本当に強い銘柄」
をふるいにかける良い機会だと
思ったのです。


とりあえず先物がプラスになっていることで、
全体的な下げ止まりを実感しました。

そんな中で、
今後の戻りが早そうな銘柄、
戻らずしまいになりそうな銘柄を
選別しようと思ったのです。



企業業績が良いという環境は
変わっていません。

米国の雇用環境が想定以上に良かった

という、

普通だったら買い材料となるニュースが
金利上昇懸念を受けて悪材料に変わるという
珍しい展開でした。


なので、

昨年の”気持ち悪いほどの”上昇が
落ち着いたのかな、と感じました。



本来の、
企業の実力を表す相場になった時に、
今日のチェックは生きてくると思います。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:19Comments(0)株式投資最近のニュースから

2018年01月30日

すでに満員御礼 (ノД`)・゜・。

ごめんなさいっがーん



そろそろブログでご案内しようかな~

っと、思っていたら。


満員御礼でした~ おーまいがっ

すみません!!!!



2月17日(土)、
名古屋証券取引所内の名証ホールにて

日本証券業協会主催の
はじめての資産運用講座




株価が堅調だからかなあ?

土曜日だからかなあ?

NISAが気になるのかなあ?



定員80名に対して、すでに締め切ってました


じつはこんな内容でした……


【基礎編】

「これでわかる!資産運用はじめの一歩」

・資産運用の基礎と金融商品の仕組み

・金融商品のリスクを知ろう

・NISA、確定拠出年金の概要など   


【実践編】

「意外とカンタン!投資のキホン」
・株式・投資信託とは? 

・NISA、確定拠出年金等の活用など



次は早めにご案内しますので!

機会があったら
ご参加くださいませ~!



上記と同じような講座・セミナーや
グループでの勉強会など

ご要望がありましたら
ご相談くださいね~!




(日本証券業協会のゆるキャラ
「とうしくん」と一緒に
右肩上がりのポーズ^^)



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2018年01月06日

「戌笑う」スタート

株式市場には、
昔から伝わる格言があります。

縁起を担ぐ業界ですから(笑)。



相場の格言の中でも、
年が改まるこの時期は、
十二支にちなむ格言が
その年の相場を占うものとして
紹介されます。



今年は、
つちのえ・いぬ(戊戌)。

戌年の格言は
「戌笑う」。





大発会の日経平均株価は、
文字通りイヌも笑うような
741.39円高(23,506円33銭)の
高値引け。



続く昨日も
朝方の弱いムードから
あれよあれよと、
大引けは208.20円高(23,714円53銭)、
こちらも高値圏で引けました。



3連休が入るので
ちょっと怖い気もしますが。



岩井証券調べによると
過去の戌年の年間騰落率は

2006年:+ 6.9%
1994年:+13.2%
1982年:+ 4.4%
1970年:-15.8%
1958年:+40.5%

東京証券取引所の開所以来、
4勝1敗だそうです。



ちなみに、
十二支では2019年が亥(い)、
2020年が子(ね)。


十二支の格言では、

亥(い)固まる
子(ね)は繁栄

と続きます。


オリンピック・イヤーまでは
面白い相場が続くかもしれませんね。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 12:00Comments(0)株式投資