2017年10月20日

教育費のおすすめ本

今日は、
お友達の本をご紹介します。



私が豊田に移ってからは
年に数回、
会うだけになってしまいましたが
会うといつも元気をもらいます。





彼女が日経出版社から出す

『「●●」と思ったときにまず読む本』シリーズは、

出すたびに大ヒット。
しかも、長く売れ続けています。




難しいことを分かりやすく、
具体的事例に必要なポイントを押さえ、
論理的に、でも簡潔に
解説するからだと思います。



忙しいはずなのに
個人相談も丁寧で。



机上の空論ではなく
実務を重ねているからこそ
内容がリアルなんだろうと
思います。


教育費が気になる方に
新刊、お勧めですよ!


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子






  

2017年10月11日

ママトコで 子どものおこづかい談義

今日は、ママトコの日。

ママトコ前の桜城址公園、
サクラの葉が
色づき始めました。


午前中は子育てコーチング。

今日のお題は
「子どものおこづかい」


我が家では
2歳ごろに「買って~」が
始まった頃におこづかいスタート。



その娘が、
たくさん失敗もしながら、
徐々にお金のやりくりを
身につけてきた話などが
まずは切り口。



「欲しい」と「ガマン」
の折り合いを
子供なりにどうつけていくか、
親としてはどんな導きができるか
どんな言葉がけができるか。



おこづかいの使い方は、
しつけの1つ。

価値観を育てるツール。

やりくりは、生きる力の1つ。



おこづかいを通じて、
生活力を身につけていきます。



集まった中には、
高校生のお子さんがいるママもいて、
幼稚園児のママたちに
参考になる話を
たくさん披露してくれました。



お金の使い方を
今日が初めてのメンバーも
まるで以前から来ていたみたいに
たくさんおしゃべりしてくれて
盛り上がりました~音符



ママトコで座談会、
グループさんでご予約頂くのもOK。

知らない人同士だからこそ
お金の話はしやすいのよって
1人でのご参加もOK。

旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年10月02日

教育費高騰に負けない学費の準備

うちは、
娘に学資保険をかけていません。

学費は普通預金に積立てていき
ある程度まとまったところで、
他の金融商品に分けていっています。




まだ0歳の頃、
お祝いや健康保険から頂いたお金を
個人向け国債と、
とある独立系投資信託に
振り分けました。



個人向け国債は10年。
そろそろ満期が来ます。
早いものです!



投資信託は、
購入したすぐ後に
リーマンショックが来ました。

しかしその後のアベノミクスで
倍以上になっています。



その後、
毎月普通預金に
決まった額を入れていき、
貯まったところで株式を買い、
さらに残高が増えてきたので
普通預金からの自動振替で
別の独立系投資信託を
ジュニアNISAで積立投信しています。



株式は、
娘も時々気になるようで。

「夏はお客さんが増えるから
株価が上がるんじゃないの?」

なんて
イッチョマエなことを
言ったりします。

(実際そう単純ではないのですが……
でも株のことを
ある程度理解している意見です)



デフレの中でも、
最も値上がりしたのが教育費。



どこの学資保険が有利?
返礼率がプラスなのはどこ?

なんて言っても、
教育費の値上がりには
届きません。



もちろん
投資信託や株式の
値上がりも保証がありません。



けれど

モノやサービスの
値上がり値下がりと
方向性が同じなのが
国内株式の動き。



だから

一昔前は

「教育費は元本割れしないもので」

と言っていた私も、
実際にこの10年は
変動商品を適切に活用して
教育費を管理しています。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年09月10日

ジュニアNISAの基本

先日、このブログで
簡単にNISAの説明をしました。

NISA:基本中の基本

NISAとは、
「少額投資非課税制度」。



基本のNISAは成人向けです。

それと別に、
未成年者向けのNISAもあります。

「ジュニアNISA」といいます。

今日は、
ジュニアNISAの基本を
お届けしましょう。



ジュニアNISAは、
2016年4月に
スタートしました。



未成年者名義で
NISA口座を利用したい
という要望に
応える形で誕生しました。



背景となったのは、
教育費の上昇や
相続税の実質増税など。



この低金利の下、
教育費は、
消費者物価指数などの
物価全体とは
全く異なり、
年々増え続けています。



はっきり言えば、
18年後を夢見て掛けた
学資保険が満期になる頃には、
契約した当時の学費を
はるかに上回る学費が
必要になっているということ!



学資保険の返礼率は
どれが有利か?

なんていう
議論以前の問題です!

どの学資保険だって
学費の値上がりには
追いついていません。



さて本題に戻しましょう。



ジュニアNISAの
対象となる金融商品は、
大人のNISAと同じです。



上場株式等
(ETF,REITなどを含む)や
公募株式投資信託など。



本来は、
利益の20.315%が課税されますが
ジュニアNISAでは、非課税になります。



大人のNISAとの主な相違点は、

①3月末時点で18歳になる年の
前年の12月末までは、
売却代金を引き出せない

②年間投資上限額が80万円

③金融機関の変更不可



また、
運用資金は
未成年者本人の財産に限られます。



従って
親や祖父母の資金の
「名義貸し」での利用はできません。



とはいえ、
幼い子では自分で
資産運用、管理はできません。



原則として、
親権者が未成年者の代理で
運用管理を行います。



収入のない未成年者の名義で
資産運用をするとなれば、
その資金は
贈与となるわけですが、
年間110万円以内の贈与資金は
贈与税が課税されません。



なので、
その範囲内ということで
ジュニアNISAは
年80万円が上限額なのです。



なお、
生活費や教育資金など
その子を養育するために必要で、
妥当な金額であれば、
贈与税の対象になりません。



ということで、
18歳以降に使うお金の準備に
ジュニアNISAを活用するのも
1つの選択肢となります。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

 
  

2017年08月30日

親世代と違う、教育費事情

今日は、
奨学金について
しっかり勉強してきました。



学んだ知識は
追々、
皆さまへのご相談や
セミナーなどを通じて
ご提供していきたいと思います。




教育費については、
今の親御さん世代が
受験された頃と、
今のお子さんたちでは
ずいぶん変わってきています。



教育関係の費用は
物価に比べて
かなり高額になっています。



それだけではなく、
親御さん世代の多くは
一般入試で受験されたと思いますが、
今は、
半数が学校推薦かAO入試。



つまり、
入学金を払い込む時期が
秋だっていうこと。



準備資金をいつ用意するか、
という点もかなり重要です。



奨学金の制度も、
日本学生支援機構になり、
日本育英会の時代とは
ずいぶん変わりました。



また、
私自身は
開業したのが首都圏で、
現在は
豊田市でアドバイスをしていますから
地域性の違いを感じています。



子どもの教育にかける
お金や環境。
学校の状況。



これらを総合的に考えた
アドバイスを心がけたいと思います。




今日のお土産は
551蓬莱。

新大阪駅ではいつも行列で
新幹線に乗れるか
ヒヤヒヤしちゃうので
通り道のデパ地下で購入!






旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 20:48Comments(0)教育費・子ども費用のこと

2017年08月17日

FP仲間と教育費の話

昨日まで
ラグーナで遊んでいましたが、
今日は一転して
お仕事モード。



しかも
東京日帰り出張です!



朝、起きるのがつらかったです!



打ち合わせ後、
同業者(ファイナンシャル・プランナー)仲間
数人でお昼を食べながら
雑談。



首都圏の
教育費高騰には驚き!



文部科学省から、
毎年出ている
教育費のデータがあります。



メディアでは、たいてい
このデータを使って
教育費の試算をします。



私が豊田で教育費の話をするとき、

「このデータはあくまでも全国平均。
東京などの数値が
平均を引き上げているため、
豊田でかかる費用とは差がありますよ」

と補足説明をします。



東京で活躍するFP仲間は
反対に

「文部科学省のデータは
あくまでも全国平均。

東京ではもっとかかるので、
覚悟して下さいね」

と説明するとのこと。



私が開業したのは千葉県で、
10年以上前のこと。

その後、首都圏の教育費は
青天井。



一方、豊田は
収入が比較的高く、
支出の負担が重すぎない地域。



本当に住みやすい、
子育てしやすい、
恵まれた環境だと
感じています。



豊田で生まれ育った方は
なかなか
実感できないようですけど……ね。



教育だけでなく、
生活全般が
低コストで暮らせる、
本当にいいところだと思いますよ。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 21:22Comments(0)教育費・子ども費用のこと

2017年07月17日

お金のやりくりは、経験

「名古屋でお買い物」

が大好きな、うちのJSガール。



休みだなんて忘れていた、
ぽっかり予定の空いた祝日だったので、
名駅にお買い物に出かけました。



限られた予算の中で、
やりくりしてお買い物をするという
経験は大事だと思っています。



小さい頃は、
アドバイスもしましたが
今はほとんど
私は口出しをしません。



5年生になってからは、
少し多めのお小遣いにして、
お小遣いで買うものの範囲も広げました。



自由度は高くなりましたが、
やりくりの難しさも実感しているようです。



高額の物も
お小遣いで買わなければならなくなったので、
先の見通しも考えるようになり、
計画を立てることもできるようになってきました。



頂いた図書カードやクオカードも
上手に活用しながらやっているみたいです。



今日は、
いつものおこづかいと別枠で

「短パンと夏のサンダルを
予算内で買う」


という「ボーナス」を支給。


手持ちの短パンとサンダルが
小さくなったため、
他のものに目移りせずに

「短パンとサンダル限定」

のボーナスです。



セールのガウチョパンツや
新作のフィッシュテールスカートに
心動かされたようですよ(笑)。



でも
とても気に入った厚底サンダルに
巡り合うことができて、
それに合う
シースルーソックスとのコーデで
ランチの後にさっそく履き替え!




お小遣いでも
いいお買い物ができたみたいで
ゴキゲンな日になったようです。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年07月14日

お金の話から、生き方の話まで

昨日は、
フリーペーパーを発行している
PIPOさん主催で
お金の座談会を行いました。



教育費を何に預けたらいいか?

公的年金はどうなるのか?

株式や投資信託はどう勉強したらいいか?



など、まずはお金の話でしたが……

これからの子どもは
勉強ができるだけじゃダメ!

「生きる力」を養わないと
ダメだよね~!

とか

世の中の変化を
常にキャッチして
社会や経済の流れに
上手にのるにはどうしたらいいか?

などと、

幅広いお話で盛り上がりました~!


少人数だったので、
ぶっちゃけ話もいろいろと……




またこのような会がありましたら

ぜひお越しくださいねっ!


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年06月22日

最新号は「奨学金」の話

そろそろ配布時期です。


今月の「PIPO」
『石原敬子の 教えます!
お金のこと』では
最近の奨学金事情について
簡単に解説しています。




社会問題になっている、
奨学金を返還できない人増加を受けて、
2018年度入学者から
国の奨学金制度が変わっていきます。


国の奨学金制度といえば、
ママ世代だと
「日本育英会」
が耳なじみだと思います。


行政改革を経て、
今は
「日本学生支援機構」
になっています。


それに併せ、
制度も昔と違っていて、
そのため
返還できない人が増えています。


そんな話を
書かせて頂いています。


ご自宅の郵便受けや
豊田市周辺の施設やお店で
見つけたら
手にとってご覧くださいね~!



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年06月10日

ディズニーリゾートの株主優待(じつは教育費)

来ました~音符


オリエンタルランドの株主優待券。
東京ディズニーリゾートのパスポート。
最新のアトラクション「ニモ」
のデザインです。




株主は、
小学5年生の娘。


娘が生まれてから、
娘の名義で積立てをしている普通預金。


目的は教育費です。


ある程度貯まってきたところで
オリエンタルランドの株式を買い、
保有しています。


ただの資金形成だけではありません。
金銭教育も兼ねています。


だから、
株主総会の資料は
娘と一緒に見ます。


決算書はもう少し大きくなってから。

今は、
今後の事業展開のページを。

「イッツア・スモールワールドの
リニューアル後のキャラクターが
カワイイ!」

「アナ雪の
エレクトりカル・パレードが
リニューアルするんだって!」

と、喜んでいます。

昨年度の事業報告のページも
楽しみながら見ています。

主なスペシャルイベントや
アトラクションのオープンが
見開きで、たくさんの画像での紹介。



こういう
新しいアトラクションのために
お金が必要で、
そのお金を出しているのが
株主なんだよ!



娘は、
株価が値上がりしていることも
知っていますが、
「売っちゃおうよ」
とは言わないですね(笑)。


一昔前は
私たちファイナンシャル・プランナーも
「教育費は安全性の高い金融商品で
準備しましょう」
と言っていました。


「安全性」をどのように理解するか
によるのですけど。


家計支出の教育費は
デフレの時代でも増加してきました。


そのような中、
預金オンリーでは
いくらコツコツ貯めても
教育費インフレには追いつきません。


うちの娘の教育費は、
そのほかに投資信託でも
運用しています。


とはいえ、普通預金の割合が
大半ですけどね。


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子