2018年01月10日

子育てコーチングの会

今日は、
今年最初の子育てコーチングの会でした。

場所はいつもと同じ
ママトコ」のレンタルルームです。




誰からともなく

気がかりなことを打ち明けて、
ひたすら聞く、という時間。



「子育てコーチング」は、

子どもの心の奥にある想いを、
会話やしぐさ、表情などから感じ取り、
それを子どもにフィードバックしながら
子ども自身に気づきをもたらす話法
です。

↑  ↑  ↑  

言葉にすると
ちょっと難しいようですが、

要は
「子どもと向き合う」
ことを学ぶサークルです。



メンバーの経験談を聞いたり、
ワークショップ形式で実践したり、
徐々に、徐々に身につけていきます。



コーチングの会で学んだことを
家でやってみて、
うまくいったことや難しかったこと等を
次にみんなでシェアして、
みんなでステップアップしていきます。



今日は、

近況を話しながら
困っていることなどについて
みんなの意見を聞いたり
話してすっきりしたり、
という2時間でした。




子育てコーチングの会は

もうかれこれ6~7年になります。


意識して
繰り返し、繰り返し続けてきたので、

メンバーの話の聞き方が
とてもいい感じだなあって思いました。



「子育てコーチングの会」は、

毎月第2水曜日の午前中、
ママトコレンタルルームで行っています。


随時、参加者募集中です。


気になる方は、ご連絡くださいね!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子




  

Posted by FP石原敬子  at 21:38Comments(0)子育てコーチング

2017年12月13日

一日中ママトコの日。

今日は、
ママトコの日でした。




午前中は、
子育てコーチングのサークルの皆さんと。

午後は、
運用を始めようと考えている方の
ご相談です。



子育てコーチングでは、
自分のことや、子どものことなど、
話す内容はさまざまです。



今日、
私が問題提起したお金の話は、

「子どもの”おごり””おごられ”問題」

小学生のお子さんを持つママは
たいてい経験があると思います。



友達同士で遊んでいるときに、
お金を持っている子が、
みんなにお菓子を買ってあげちゃった、
という出来事。

「お金の貸し借りはいけません」

それ以前の

「お金をあげたり、もらったりしてはいけません」

多くのご家庭では、
このようなしつけをされていると思います。



でも、
なぜかよく起こる

「子どもの”おごり””おごられ”問題」。



どうして起こるのでしょう?

みんなで遊んでいて、
お金を持って来ない子がいた。

家におやつがないので
「これでおやつを買いなさい」と
渡されたお金を持っている子がいた。



いろいろと
理由はあるかもしれません。



子どものことです。

深く考えずに
今、お金を持っている子が、
みんなで食べようとおやつを買った

・・・・・・なのになぜ?
なぜママはあんなに怒るの??



じゃあ、ママ!

これならOKですか?


「これ持って行ってみんなで食べなさい」
って、
大袋入りのお菓子を持たせること。



友達と遊ぶ子どもに、
家にあるお菓子を持たせるでしょう。



お菓子をみんなで分けるのはOKで、
お金で買ったお菓子を分けるのは、ダメ?

お金を持っている子が、
駄菓子屋さんで、
友達それぞれが好きなものを買うのに、
お金を出してあげるのは、ダメ?



まだ分別のつかない年齢の子は、
お菓子を持って行って分けるのと、
お金を持って行って分けることの
区別がついていない可能性があります。



じゃあ

1人の子が持って行ったお金を
みんなで分けるのって
どうしてダメなの?

お菓子ならいいのに?

どうして?



その問いに答えられるかどうか。

大人の常識が
まだ通用しない年齢の子に、
どうやって理解させたら良いでしょうか?



答えは1つではないかもしれません。

ご家庭によって、
説明の仕方が違うかもしれません。

お子さんの性格や年齢によって、
判断基準が違うかもしれません。



答えが出なくても、お子さんに

「みんなにお菓子を買ってあげることは
いいことだと思う? ダメだと思う?」

って、聞いて話をするのも良いですね。

「いいんじゃない?」
「ダメだと思う」

などの返答があれば、

「どうしてそう思うの?」
「ママは、こう思うなあ」

お子さんと意見を出しあうのはいかがでしょう?

子育てには正解はありません。

最適な解は何だろうねぇ~。





そんな話を、
今日の子育てコーチングでは
話題の一つとして挙げました。



でも、

答えが出なくてもいいんです。

答えがあってもなくても、
そういう話を、お子さんとしたかどうか。

お子さんの頭の隅のどこかに、

「お金は大事なもの、特別なもの」

という意識が残っていれば、
中高生になってお金を持ち歩く時、
大人になってお金の管理をするようになる時、
お金のトラブルを
未然に防ぐことができる子になっているでしょう。



数百円の世界で
小学生のうちに小さな問題を
経験しては、学び
失敗しては、乗り越え

だんだんと

お金を適切に使えるように
なっていくのです。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

2017年12月07日

宿題を先にやれるように(少しずつですが)

学校から帰ると

「疲れた~」

「暑い~」

「お腹空いた~」

のどれかで、
ランドセルを放り投げ、
上着を脱ぎすて

ぐで~~~~


という小5の娘。



私は、娘に対して
なるべく「指示」をしないようにしたい。

自分の頭で考えて、
行動してほしいと思っています。



でも、
「やりなさい」と言わないでいると。



宿題は、
気が済むまでゲームをした後。

または、
録画したテレビドラマの1時間分見た後。

給食セットは
夜までずっとランドセルの中。

連絡帳やプリントは、
夕飯の後にやっと持ってくる。




そんな娘の行動を
何とかならないかなあと思っていたところに。


ディスカバー刊『はじめての子ども手帳』の
モニター募集の案内を見つけて!


応募して、約1ヵ月間、
娘が使ってみました。



私が手帳を使うのを見ていて、
自分も手帳が欲しいと

低学年の頃から
毎年、手帳を持っていましたが、
あまり使いこなせていませんでした。


はじめての子ども手帳
のキャッチを見ると、
自主性が育まれながら
時間管理ができるかなと。



最初の1週間は、
目標を立てるのが面白かったり、
達成できてうれしく思ったり。




結構張り切っていたのですが、
毎日、手帳を開いて
タスクを振り返る作業が
だんだん面倒に……。




途中から、
毎日の「やること目標」が
宿題だけになってしまいました(笑)。

週の初めに書くはずだった
「今週のめやす」も真っ白!

何とかモチベーションを維持しようと
私が必死のフォロー(苦笑)。



記録に残っている
手帳だけを見ると

「なんだかさっぱり」

っていう感じなのですが。



ただ、明らかに
娘の意識と行動は変わってきました。



「やるべきことは早くやった方が
スッキリする」


と、実感しているように見受けられます。

宿題に手を付ける時刻が早くなりました。

私がいちいち言わなくても、
やるべきことを進んでやろうとしています。

休日に好きなことをしたいため、
土曜日の午前中のうちに
宿題とシューズ洗いを終わらせていました。



手帳というツールがあると

今度は、
「手帳に全然書けていない」
というマイナス面が浮き彫りになってしまいましたが、
それは表面的なこと。



明らかに行動はプラスに転じています。



面倒なことを後回しにするのが、
だんだん少なくなってきました。



また、
やってみて感じたのは、
親も子供をしっかり見て、
フィードバックしてあげるのが大切だということ。

忙しくしている親としては
ちょっと大変ですが、
その関わりがより効果を上げると思います。



はじめての子ども手帳』は、
日付が空欄になっているので、
いつからでもスタートできます。

目標や計画を立てて実行し、
達成感を味わう。


この積み重ねで、
優先順位を自ら決めて、
自分の考えで行動できるようになるでしょうね。




書店で販売していますので、
一度使ってみて下さい。

学年に応じた使い方ができると思いますので、
小学生以上なら何年生でもお勧めです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子




  

Posted by FP石原敬子  at 23:04Comments(0)子育てコーチングお薦めの本

2017年11月06日

お金は幸せ交換チケット

お金は、
「たくさん持っていればいい」
というワケではありません。



何か素敵なモノや
楽しむことに交換して、
幸せに過ごすためのチケット。


それがお金です。



そのチケットを手に入れるには、
誰かを喜ばせなければなりません。

それが働くということ。



サービスを提供したら
お客様が喜んで代金を支払ってくれる

会社の一員として貢献したことを
経営者が喜んで、
お給料を払ってくれる

あなたの手で製作したものを
欲しいと思う人が代金を払う

不要になったものを
譲って欲しいと願う人が
それに見合う代金を払ってくれる



そうしてあなたは、
チケットを手に入れる



手に入れたチケットを

金庫にず~っとしまっておくか、
素敵な品物と交換するか、
楽しいことと引き換えるか、
安心感を得るためにとっておくか、

それはあなた次第。



お金は、

使って初めて
意義のあるものになるのです。



子育て中のパパ、ママに
お勧めしたい本に出合いました。



何気なく手に取った

お金のモラル』。


ふだん、
私がみなさんに言い続けていることと
同じご意見の著者さんです。



この著者さんに
お会いしてみたいなあ~!

お話が弾みそうハート



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

Posted by FP石原敬子  at 22:32Comments(0)金銭教育子育てコーチングお薦めの本

2017年10月11日

ママトコで 子どものおこづかい談義

今日は、ママトコの日。

ママトコ前の桜城址公園、
サクラの葉が
色づき始めました。


午前中は子育てコーチング。

今日のお題は
「子どものおこづかい」


我が家では
2歳ごろに「買って~」が
始まった頃におこづかいスタート。



その娘が、
たくさん失敗もしながら、
徐々にお金のやりくりを
身につけてきた話などが
まずは切り口。



「欲しい」と「ガマン」
の折り合いを
子供なりにどうつけていくか、
親としてはどんな導きができるか
どんな言葉がけができるか。



おこづかいの使い方は、
しつけの1つ。

価値観を育てるツール。

やりくりは、生きる力の1つ。



おこづかいを通じて、
生活力を身につけていきます。



集まった中には、
高校生のお子さんがいるママもいて、
幼稚園児のママたちに
参考になる話を
たくさん披露してくれました。



お金の使い方を
今日が初めてのメンバーも
まるで以前から来ていたみたいに
たくさんおしゃべりしてくれて
盛り上がりました~音符



ママトコで座談会、
グループさんでご予約頂くのもOK。

知らない人同士だからこそ
お金の話はしやすいのよって
1人でのご参加もOK。

旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年09月29日

宿題の「やる気スイッチ」

宿題に
取り掛かるまでが一苦労の
小5女子。



昨日は、習い事の日。

約2時間かかるレッスンに
往復の行き来を加えると
夕方が丸つぶれです。



レッスンの後、
下ごしらえしておいた夕飯が
出来上がるまでの短時間に
宿題が終わればいいなと



宿題に取り掛かるまで

本人もいろいろと気合いを
入れてみたりするのですが



「やる気~スイッチ
キミのはどこにあるんだろう~」



なんてずっと歌っていて
なかなか取り掛かれないのが
本人も悩みどころ。



そこで!

脳トレ系のクイズ番組が好きな
娘にどうかなと思って



試しに買ってみました!



宿題の準備運動的な感じで
頭を少し使ってみるって

どうかしらん?

と思ったわけです。



大成功!



彼女の場合は、

自分でも「やらなくちゃ」
と思いつつ、

気が乗らない

というのも自覚しているので、

脳トレのドリルを1問やって、
宿題を1教科なりプリント1枚なり
区切りのいいところまでやり、

また、
脳トレのドリルを1問やって、
次にまた別の宿題をやる



という風に

自分で時間割(?)
を決めて取り組んだ様子。



このドリルは面白いらしくて、
お風呂を出てから机に向かいだし

どんどん
やりたくなってきちゃったみたいです。



やる気スイッチ

きっかけにいかがでしょうか?



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年09月17日

お金を上手に使えるようになるには

3連休、
娘は友達の家にお泊り。



3日間預けっぱなしというのも
恐縮なので、
お泊り真ん中の日の今日は、
私がお出かけに連れ出すことに。



友達と娘を
豊田スタジアムで行われている
ハッピーサマーフェスタに
連れて行きました。



日ごろから聞いてはいたのですが、
お友達は倹約家。

無駄遣いをしないそうです。
(立派~キラン

一方、うちの娘は
お小遣い数回分を貯めると、
一気に使うタイプ。



今日もその違いがハッキリ!



今日のイベントは、
ハンドメイド作品の販売と、
作品作りのワークショップ。

それから
ご当地グルメ、ダンスなど。



娘たちのメインは、
ハンドメイド。



ひと通り見て回って、

「高~い」

ちょっと大人向けの
お値段でした。



そんな中でも、
お小遣いの範囲で
楽しめるワークショップを探し、
まずは
ガラス細工のアクセサリー作り。



ハンドメイド作品や
ワークショップは、
素敵だけど手が出なくて

スタジアムの反対側でやっていた
フリーマーケットに行ってみた(笑)。

それぞれ
100円で好きなものを買って
ご当地グルメでランチ。



でも娘は
ずーっと気になっていたみたい。

いちばん最初に見た、
1500円のイヤリング作りが!



高いけどどうしよう~



お昼を食べた後、
もう一度行ってみることにしたらしい(笑)。
そして



飲食スペースで本を読み
待っていた私のところへ戻ってきました。



娘(右)は、
やっぱり最初からやりたかった
1500円のイヤリング作りを体験。

自分でパーツを選んで
好きなデザインにするのが
良いそうで。

彼女の好きな色。
大好きなフリンジもつけて満足。

またお財布が寂しくなっちゃったけど
納得の使い道だそうです。



お友達(左)は、
やっぱり堅実!

作家さんの作品は、
300円で販売していたそうで、
5分の1のお値段。

お気に入りのデザインを
お値打ち価格で見つけたそうです。



2人とも、
よく考えてお買い物していました。

また、
お互いの価値観につられずに、
自分の思うように買っていました。



堅実なお友達と、
散在する娘ですが、
お昼を食べながらの会話は。

娘「おこづかい帳つけてる?」

友「つけてない」

娘「つけた方がいいよ。
  おこづかい帳つけると、
  お金を上手に使えるよ」



わはは。面白い。
言うじゃん。
浪費家のクセに(笑)。



お小遣い制にしていないお子さんでも、
このようなイベントの時に
あらかじめ予算を決めて
お金を渡しておき、
その範囲内で買うという経験を
すると良いと思います。



大人になっても、
お金は際限なく使えるわけでは
ありません。


持っている範囲で、
優先順位を決めて
必要なものや先に買うべきものを買う。

これができないと
カードローン地獄になってしまいます。



子どもの年齢に応じた予算で、
自分で考えながら買い物をする経験を
積み重ねる機会を
作ってあげましょう。



予算の範囲で何を買うかは
自由にさせてあげて下さい。



大人から見て
つまらないものを買うかもしれません。



でも、口出しはしないこと。



本人には宝物かもしれません。

大人が思った通りに
買った後に後悔することになったとしても
その後悔が、学びになるのです。



下手な買い物なんか、
何回だってしますよ!



大人だってそうでしょう?



何度も失敗したり
がっかりしたり、
いい買い物したなあって思ったり、
買ったものを大事にしたり



それを繰り返して
お金を上手に扱えるようになるんです。



金銭教育は、くらしの中で!



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

2017年09月13日

ママトコで子育てコーチング

今日はママトコの日。



午前中は「子育てコーチング」
のサークルDAY。

コーチングのサークルでは、
子どものこと、
自分の生き方のこと、
家族や友人とのコミュニケーション、
自分のモチベーションなど

近況を交えながら

意見交換をしたり

想いを打ち明けたりしています。




子どもを介したつながりでないから
良いんです。



子育てに
迷ったり、困ったり、
どうしたらいいかわからなくて

「この場でみんなに聞いてみよう」

って、持ってきた問題について、
みんなでシェアしながら
考えを深めていきます。



認めたり、
冷静な見方で意見したり
経験談を参考にしてもらったりと
話をしているうちに
解決の糸口が見えてくることが多く。



今日も、
2時間の予定が
盛り上がりまくって
なんと3時間に!



濃い3時間でした!




そして午後。

FPの相談や座談会の
予約が入っていなかったので、

ころも農園」さんのランチを頂きながら

引き続きサークル仲間の
モヤモヤ解消TIME。



ただの友達だと
無駄なおしゃべりになりがちですが、

「子育てコーチング」

という目的で集まって
じっくり話をしているので
本当に中身が濃い!



充実した1日となりました。



「子育てコーチングサークル」は
以前は交流館で行っていましたが、
今はママトコで月1回、
開催しています。

基本は第2水曜日の午前中。


 ● ● ● 次回 ● ● ●

【日時】10月11日(水)10時~12時

【テーマ】子どものお小遣い、どうしてる?

● ● ● ● ● ● ● ● ●


随時、新規メンバーも募集中。
ご興味ありましたら、
石原までご連絡くださいね~!



第2水曜午後と、第4水曜日は
マネー相談や座談会を行っています!





旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年07月12日

ママトコで子育てコーチング

今日は、MAMATOCO
「子育てコーチングの会」のサークルでした。



子どものことや
家族のこと、
自分のことなどを自由に話します。



1ヵ月に1回なので
その間に起こったことを中心に

みんなに意見を聞いてみたいことや
困っていること、
嬉しかったこと、
ぶっちゃけ自慢
(普段は自慢なんてしにくいですからね)
などを
話したい人が話します。



聞いているメンバーは
話を否定しないこと、
個々での話を口外しないことが
ルール。



そして時々、
「聴き方」
の練習もします。



今日は少人数だったので、
じっくり話ができて
充実感が味わえました!



お互いに意見交換をしながら
自分で自分に気づきをもたらす日もあれば、
モヤモヤがスッキリして帰る日もあります。


もともと知らない同志だったメンバーが、
仲の良い友達以上に
深い話をしにやって来る


そんなサークルです。




子育てコーチングの会は、
随時、メンバーを募集しています。


子育てや今の生活で
迷うことがあったり
自分に自信が持てなくなったりする人は
ぜひ、一度いらしてくださいね!


参加ご希望の方は、
メッセージかメールをお待ちしています!


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年06月05日

遠くから見守る話

あれこれと、
やりたいことがいっぱいの小5の娘。


今年は、
イベントや行事の日程が
重なってばかり。


どちらもあきらめられなくて、
どっちに行くかを決めるのに
悩みまくっています。


「数回のうちの1回だから、
今回はこれを休もう」

「また次のチャンスがあるかもしれないから
これはあきらめよう」

「私が行かないとダメだから
こっちは行こう」

「今回は大事な内容だから、
こっちに出席しよう」

と、なんとか判断して
乗り切っています。


もう10歳なので、
自分で決めるようにさせていますが
単純に決められない場合もあって。


出欠を決める際のそれぞれに
それなりに背景があるものです。


仲間との連携や
学年を踏まえた立ち位置や
周囲の方の想いなど。


状況をできるだけ正確に見極めて、
どうするかを決めるようにと
私が言うのはそれだけに留めています。


それを端で見ているのも
結構難しいものですね。



ところで、
推定生後1ヵ月のツバメのヒナちゃんたち。



ずいぶん大きく育ち、
巣から顔が出るようになりました。


その向こうに……


 
時には少し離れたあっちの方から。



ツバメさんちの親も
同じなんだな~と。


遠くからでも
子ども達を見守っています。