2018年04月30日

分からないから、分かるようにする

「理解できないものには投資をしない」
と語ったのは、
米国の著名投資家ウォーレン・バフェットです。



「投資信託は初心者向き」と言われます。
ところが投信の仕組みは複雑です。



複雑で理解できない……
と言っていたら、
多くの投資ビギナーは
いつまでも投信を買うことができません。



後にバフェット氏は、
造詣が深くなかったIT産業にも
投資することになりました。




投資信託は、
証券や金融取引をパックした金融商品です。



株式や債券、為替取引、先物取引などが
数多く詰め込まれています。



この点は、
株式や債券を直接買うのと違い、
複雑といえます。



投信を理解するには、
パックされた投資対象の理解が必要。



例えば、
株価はどういう時に上下するか、
金利や為替の変動は運用資産にどう影響するか、
その要因となる出来事には何があるか、
などです。



それでも投資信託が
「投資ビギナー向け」
と位置付けられる理由は、
主に2つあります。



1つは、
少額で分散投資できる点です。

額面1万円が多く、
時価は数千円から2万円台。

インターネット証券など一部の金融機関では、
百円から投信積立ができます。

額面1万円は数十~数百種に分散投資され、
少額ながらリスク軽減効果が働いています。



もう1つは、
運用を運用会社に任せる点です。

投資家は
自分の運用方針に合う投信を選び、
いわば入口と出口は自己の判断です。

保有する間、
運用の中身である投資対象の売買の判断は
運用会社のファンドマネージャーが行います。



投資信託は
少額で分散投資ができ、
運用方針の大枠さえ自分で選べば良く、
投資のトライアルとして有効です。



そのため、ビギナー向けと言われます。



しかし、
ずっとビギナーのままで良いわけではありません。



自分で投資判断ができ、
資産運用の選択肢を広げた方が
将来に役立ちます。



そこで、
少額で多種に投資できる投信を
活用するのです。



まずは
実際に身銭を切って
投資経験を積みましょう。



「習うより慣れろ」です。



経験から学んだ投資術こそが、財産です。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 23:20Comments(0)金融のこと、お金のこと投資信託投資全般

2018年03月09日

仮想通貨の今後は?

仮想通貨が大きな転機を迎えています。



仮想通貨の流出問題が起きた
コインチェックの件で、

「ああやっぱりね。怪しいね」

と思った方も多いでしょうね。



でも私は反対に、
むしろ安心感が高まったと思っています。




コインチェックの件をきっかけに、
金融庁が仮想通貨交換業者に
立ち入り検査を行い、
行政処分をする業者を発表しました。

金融庁:報道発表資料

内部管理やセキュリティー対策が
不十分な業者に厳しい姿勢を示したのです。



これまで政府や行政は、
どちらかというと
仮想通貨という新しい技術を
後押しする立場を示していました。

しかしやはり利用者保護は絶対的なもの。
規制強化に乗り出しました。



また、ここ数週間、
仮想通貨は大暴落していますが
むしろ昨年の高騰が異常だったわけで。

いま、取引高も激減しています。



つまり

投機的な取引者は
手を引いているということです。



私は、仮想通貨に対しては
肯定的に思っています。

世界中を見渡すと、
法定通貨を使えない新興国の人が
まだまだ多いんです。

外国に働きに出て、
例えば米ドルで収入を得ても、
自国に残した家族に送金するのも難しい。

世界には
銀行口座を持っていない人が多くいて、
為替で送金する手数料は割高です。



スマホ1つで決済できる仮想通貨は、
新興国の人たちにとって
低コストで仕送りできる新しい手段。



24時間、即時送金できるのは
日本人にとっても
たいへん便利と言えるでしょう。



ブロックチェーン技術は
無数の監視の目によって
むしろ不正を働きにくいものです。



そんな仮想通貨が、
真の決済通貨になるためには、
今回のような
乗り越えるべき壁がいくつもあるでしょう。



でも、その先には
今の常識では考えられないほどの
利便性の高い世界が待っているような
気がします。



ある程度、仮想通貨市場が成熟するまで、
今後は当面、一定の規制の下で
安心な体制が整うまでの過程、
と見ています。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年02月15日

FPMAG 2018年春号発売!

AmazonのKindle(電子書籍)で
マネーの季刊誌を出しています。



本日は、最新号Vol.019(2018年春号)が
発売になりました~!

下記、販売ページより、
FPMAG Vol.019(2018年春号)
ご購入いただけますハート



今回の私の記事は……

【金融資産】

なぜ株式や投信は積立がイチオシなのか

(執筆:石原 敬子)


これまで
「貯蓄から投資へ」だった
金融界のキャッチフレーズ。

いつの間にか
「貯蓄から資産形成へ」と変化し、
つみたてNISAがスタート。

そのような中、
資産形成における「積立」が
注目されています。

その時代背景とともに、
資産形成における積立投資について
考察します。



【連載】

Vol.12 箇条書きの作法
~口が商売道具の証券レディから
“書けるFP” へ(その12)~

(執筆:石原 敬子)


伝えたい重要な事柄を、
簡潔に伝えるために用いるのが
箇条書き。

その効果をより発揮するために、
筆者自身が実践している
箇条書きの作法を解説します。



他、
仲間の執筆陣からは

【ファイナンス】
FP資格を生活に活用して
赤字家計を脱出する
~家計全体を把握する大切さ~

(執筆:大木 美子)

【ファイナンス】
金融リテラシーの高い低いは
何故起きるのか
~生まれ育った環境が影響する~

(執筆:林 智慮)

【金融資産】
加速するフィンテックとFP
第2回:お金の世界は一変する
~ポートフォリオに仮想通貨、
運用にロボアドバイザ~

(執筆:安田 晶子)

※FPMAGは、
Kindle Unlimited(定額読み放題サービス)の対象です。


【最新号Vol.019 Amazon販売ページ】


https://www.amazon.co.jp/dp/B079TMSCQ2/

**************************************

【バックナンバー】

FPMAGのバックナンバーは、
全冊Kindle Unlimited(定額読み放題サービス)で
ご覧いただけます。

また、
Kindle Unlimited利用枠の10冊に達した際は、
バックナンバーをご購入いただくことで、
ご利用枠の確保ができます。

どうぞよろしくお願いいたします。

【FPMAGバックナンバーAmazon販売ページ】
https://goo.gl/ZHtJB3


今後とも、
FPMAGシリーズをよろしくお願いいたします!!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  


2018年01月25日

お金と上手につきあう3つの考え方

1ヵ月って早いですね~。
1月も残すところあと1週間。



フリーペーパー『PIPO』の
配布週になりました。

すでに
お手に取って頂いている方も
いらっしゃるかもしれませんね。



今回のテーマは

「お金と上手につきあう
3つの考え方」




その「考え方」とは……?


(ちょっとだけ紹介しちゃいましょう♪)



1)「たくさん貯める」
  ということより
  「目的を明確に」

2)お金の価値は
  使い方で決まる

3)誰かの役に立ったお金は
  自分に還る



詳しくは……



PIPO2月号をご覧くださいね~。



宅配されない地域の方も、
豊田、みよしの各施設の
ラックをチェックしてみて下さい!

旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年12月13日

一日中ママトコの日。

今日は、
ママトコの日でした。




午前中は、
子育てコーチングのサークルの皆さんと。

午後は、
運用を始めようと考えている方の
ご相談です。



子育てコーチングでは、
自分のことや、子どものことなど、
話す内容はさまざまです。



今日、
私が問題提起したお金の話は、

「子どもの”おごり””おごられ”問題」

小学生のお子さんを持つママは
たいてい経験があると思います。



友達同士で遊んでいるときに、
お金を持っている子が、
みんなにお菓子を買ってあげちゃった、
という出来事。

「お金の貸し借りはいけません」

それ以前の

「お金をあげたり、もらったりしてはいけません」

多くのご家庭では、
このようなしつけをされていると思います。



でも、
なぜかよく起こる

「子どもの”おごり””おごられ”問題」。



どうして起こるのでしょう?

みんなで遊んでいて、
お金を持って来ない子がいた。

家におやつがないので
「これでおやつを買いなさい」と
渡されたお金を持っている子がいた。



いろいろと
理由はあるかもしれません。



子どものことです。

深く考えずに
今、お金を持っている子が、
みんなで食べようとおやつを買った

・・・・・・なのになぜ?
なぜママはあんなに怒るの??



じゃあ、ママ!

これならOKですか?


「これ持って行ってみんなで食べなさい」
って、
大袋入りのお菓子を持たせること。



友達と遊ぶ子どもに、
家にあるお菓子を持たせるでしょう。



お菓子をみんなで分けるのはOKで、
お金で買ったお菓子を分けるのは、ダメ?

お金を持っている子が、
駄菓子屋さんで、
友達それぞれが好きなものを買うのに、
お金を出してあげるのは、ダメ?



まだ分別のつかない年齢の子は、
お菓子を持って行って分けるのと、
お金を持って行って分けることの
区別がついていない可能性があります。



じゃあ

1人の子が持って行ったお金を
みんなで分けるのって
どうしてダメなの?

お菓子ならいいのに?

どうして?



その問いに答えられるかどうか。

大人の常識が
まだ通用しない年齢の子に、
どうやって理解させたら良いでしょうか?



答えは1つではないかもしれません。

ご家庭によって、
説明の仕方が違うかもしれません。

お子さんの性格や年齢によって、
判断基準が違うかもしれません。



答えが出なくても、お子さんに

「みんなにお菓子を買ってあげることは
いいことだと思う? ダメだと思う?」

って、聞いて話をするのも良いですね。

「いいんじゃない?」
「ダメだと思う」

などの返答があれば、

「どうしてそう思うの?」
「ママは、こう思うなあ」

お子さんと意見を出しあうのはいかがでしょう?

子育てには正解はありません。

最適な解は何だろうねぇ~。





そんな話を、
今日の子育てコーチングでは
話題の一つとして挙げました。



でも、

答えが出なくてもいいんです。

答えがあってもなくても、
そういう話を、お子さんとしたかどうか。

お子さんの頭の隅のどこかに、

「お金は大事なもの、特別なもの」

という意識が残っていれば、
中高生になってお金を持ち歩く時、
大人になってお金の管理をするようになる時、
お金のトラブルを
未然に防ぐことができる子になっているでしょう。



数百円の世界で
小学生のうちに小さな問題を
経験しては、学び
失敗しては、乗り越え

だんだんと

お金を適切に使えるように
なっていくのです。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

2017年12月11日

ESG(環境、社会、企業統治)

ESG投資が徐々に浸透してきています。


ESGというのは、

E(環境=Environment)
S(社会=Social)
G(企業統治=Governance)

のこと。



これらの分野について
優れた会社に投資をしようというのが
ESG投資です。



公的年金の運用(GPIF)の一部分でも、
ESG投資を採用し始めました。



いま、
公的年金の資金は、
日本株や外国株にも配分されて、
運用されています。


国民の将来の生活費でもある
公的年金の運用でも、
株を買っているのです。


今日は、
1ヵ月ぶりに日経平均株価が
今年いちばんの高値となりました。

「株なんて、私には関係ない」

と思っている方でも、
みなさんの公的年金では、
株価の影響を受けています。



公的年金の運用が
マイナスになるとマスコミが大騒ぎします。

でも、現状は、
日本株や外国株の運用を採用して以後、
年率3.2%の運用実績となっています。

こういう時には、
新聞でも小さい記事にしかなりません!



多くの方は、
「株ってお金儲けの手段でしょ」
と思うかもしれません。



でも、

E(環境=Environment)
S(社会=Social)
G(企業統治=Governance)

に配慮するような企業の株を買う、
というコンセプトは、
賛同できるのではないでしょうか。



良い取り組みの会社には、
頑張ってもらいたいし、
それが社会に貢献できて、
人々の生活が良くなれば
そこに資金を提供した投資家としては
本望だと言えます。



投資を通じて、
社会をよくするのも
投資家が担う役割の一つなのです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年10月22日

消費税にシビアな小学生

昨日のこと。

「選挙カーがうるさい」
「選挙なんかなければいいのに」

とボヤく娘に、
今度の選挙は消費税の引き上げも
争点の1つだと説明しました。

すると、
急に衆院選の行方が
気になり出したようで。



常々、
おこづかいのやりくりに
頭をかかえている小5の娘。

高校生や大学生の授業料に、
自分の納める消費税が
どうして回されるのか、
腑に落ちない様子です。



そんな矢先、
昨夜のテレビで
デンマークは消費税が25%だと知り、
目玉が飛び出そうになってました(笑)。




旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            http://www.keikoishihara-fp.jp" target="_blank">石原 敬子

  

2017年10月08日

AIの時代でもお客様は「人」

今週は
読みかけだった「ケインズ」

読了しました^^



私は
心理学を専攻し、
経済は無縁でした。

FPという仕事なのに

じつは

経済の基礎的な知識がないんです。

なので、コツコツと勉強。

前半は、ケインズの伝記。後半は、ケインズの政策や理論の解説です。

両輪が機能していると感じた私は読みやすかったです。

けれど、読む方の目的によっては前半だけ、もしくは後半だけで用は足りるかもしれません。

前半部分は、登場人物のファーストネームとミドルネームが混在するので、混乱しがちでした。
(それは読者である私の、能力の問題かもしれませんが)

どちらかといえば後半の方が読みごたえがあり面白かったです。一般に伝わっている「ケインズ主義」は、ほんの一面だということが分かりました。

ケインズは、臨機応変に、状況に合わせて考えを変えていたのです。この点は大変興味深く、また、大切なことだと思いました。

経済を勉強している学生さんや、若手のビジネスパーソンの中で、丸暗記の苦手な方はこのようなストーリーでケインズを知ると理解しやすいのではないかと感じます。



次は

少し余裕があると
ダレてしまうこの性格を

何とかしたいと思って……

自分の「やる気スイッチ」をONにし、「緊急かつ重要なこと」にスムーズに取り掛かり、効率よく仕上げたい

という目的のために、手に取りました。

特に目新しい技はなく。
精神力じゃなくて仕組み作りが大事、とのことです。

私としては、いままでトライしてきた仕組みが機能していないので何とかしたい……結局、自己管理の甘さが問題なのかなと。

本を読んで行動を起こすなどという他力本願ではなく、いろいろと試して自分にフィットする仕組みを見つけ出して行こうと思います。



自分のモチベーションは
自分で何とか動かさないと。


だけど今年になって、
習慣化した「お風呂掃除」。

午前中のうちに
お風呂を洗うことを習慣づけたら
苦にならなくなりました!

やっとです(笑)。


そして

意外とボリュームがあったのですが
一気に読んでしまったこちら。

著者 : 岡内幸策
日本経済新聞出版社
発売日 : 2017-06-02
「銀行員を応援するつもりで書きました」と、著者は「終わりに」で書かれていました。

銀行業界や金融を取り巻く環境について、現状把握や今後の展開が予想でき、意義のある書籍だと思います。

3章、4章はAIやフィンテックの解説になっていて、今後必須であるこの分野の知識が乏しい方には、「一粒で二度おいしい」的な章かもしれません。

結局は人間力がものをいうという主張は、同感です。

AIが台頭する時代が来ても、AIを活用する人間の能力がなければ、AIの機能が十分に発揮できないことでしょう。

AI×人間 で、未来を明るくできますように。

金融パーソンでなくても、金融を利用する一般の消費者にとっても、時代の変化についていく必要があり、このぐらいの知識は持っておきたいものです。



銀行員に限りません。

どんな仕事でも、
仕事じゃなくても社会にいる限り

持っていたいスキルは

「人間力」

これに尽きると思います。


AI時代になっても、
お客様は「人」ですからね。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年09月06日

NISAとマイナンバー

NISA(少額投資非課税制度)を
すでに利用している人で、
マイナンバーを届け出ていない、

という方は

早めにお手続きを!





NISAは2014年1月にスタートしました。

まだマイナンバーが始まる前だったので
当時、
NISA口座を開設する際には、
マイナンバーの届出は
必要ありませんでした。



NISAは、
今のところ、
期間限定の特例。



2014年1月1日から
2023年12月31日までの
10年間の期間限定です。



意外と知られていないのですが、
この10年間は、
2つの勘定期間に分かれています。



しかも
4年間と6年間という
バランスの悪い2つの期間。



2014年1月からの4年間が、
2017年12月31日で終わり、
2018年1月1日からは
次の6年間の勘定期間がスタートします。



そもそも、
NISAは税金を優遇する制度のため、
定期的に本人確認が必要です。



マイナンバー制度開始後は、
マイナンバーの届出をもって
本人確認とするというワケ。



なので、
NISA口座を利用している金融機関に
まだマイナンバーの届出を
行っていない人は
マイナンバーを提出する必要があるのです。



じゃあ

マイナンバーは
2018年1月になってから
提出すればいい?



そうじゃないんです。



2018年分も自動継続で
NISA口座を利用したければ、
2017年9月末までに
マイナンバーを届け出る必要があります。



もし

2017年9月末までに
マイナンバーの届出をしなかったら
どうなるでしょう?



2017年9月末までに
マイナンバーの届出をせず、
2018年分も
NISA口座を継続したいなら

・マイナンバーの届出
・非課税適用確認書の交付申請書の提出

の提出が必要になります。



つまり
10月以降は、
書類が1つ増えるっていうこと。



なお、
手続きには日にちがかかります。

混み具合によりますので
何週間、何ヵ月なのかは分かりません。



2018年になり、
マイナンバー届出の手続きが
まだ終わっていなければ、
手続き完了までは
非課税取引ができません。



繰り返しになりますが、

この話は、
NISA口座を開設している人で、
マイナンバーの届出がまだの人。




すでに
マイナンバーを届け出ている人が
同じ金融機関で
NISA口座を来年も継続する場合、
今から手続きすることはありません。




今日は、ちょっと長くなりました



そもそも

「NISAってなんだったっけ?」

という方もいらっしゃるでしょう。



これから時々、
NISAの話をしていきます。

毎日覗きに来てくださいね!




旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 17:46Comments(0)株式投資金融のこと、お金のこと投資信託NISA

2017年08月31日

お金を使う経験を積む

夏休み最終日。



娘の買い物にお付き合い。

ショッピングモールのファンシーショップで
1人でいろいろ考えながら
楽しくお買い物をしていました。



お店の前のベンチで
本を読みながら待つ私。



かれこれ3、40分か。



私にあれこれ言われずに、
自分の判断で買うのが
楽しいそうです。



お小遣いの渡し方について
どうしたらいいのか、
と、
聞かれることは多いです。



・おこづかい制ではない
・定額のおこづかい
・家の中のお仕事の対価

この3パターンに大別されると思います。



どれであっても、

「限りあるお金を
どのように
やりくりして使うか」

という経験を積むことをお勧めします。



おこづかい制でなくても、
お金を管理する経験はできます。



例えば、

遊びに出かけたり
買い物に行ったりする日の
予算を決めて、
「その範囲でお金を使う」
というルールで過ごすんです。



年齢に応じた適切なやり方で、
ゲーム感覚でやると良いと思います。



うちの場合は、
おこづかいを渡しています。

しかも、
学校で使う文房具や
(マンガだけじゃなく)本、
ゲームソフトや
ちょっとしたおしゃれグッズなど

一般的なおこづかいの
範囲を超えたものまで
おこづかいで買うルールです。

(その分、同じ学年の子より多めです)

欲しいものをどんどん買ってしまうと、
学校のノートを使い切ってしまった時、
お金がなくてノートが買えなくなります。



必要なものなのに
買えなくて困る!



という経験もして欲しいから。



ゲームソフトのような
高額なものを買いたいときには、
計画的に貯めようとして
なるべくお金を使わないようにする。

そんなことも
自分で考えるようになります。



子供の頃から、
失敗したり、
残念な思いをしたり、
貯めて手に入れる喜びを知ったりと
いろいろな経験を積むことが
大切だと思っています。



それから、
おこづかいを渡すなら
絶対に
子ども自身で
おこづかい帳をつけること!



所持金と数字が合わない!

なんてことはしょっちゅうです。



でも、
根気よくつきあってあげて、
おこづかい帳がつけられる
お子さんに育てて下さい。



大人になってから、
きちんと
金銭管理ができるはずです!



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子