2019年06月12日

老後の赤字2,000万円を計算してみた

今日は、月に1度の
子育てコーチングの会。



普段は、
子どもとのコミュニケーションや
子育てに関する悩みなどを
話しています。



今日は、
このところ話題沸騰中の
「老後の生活費2千万円赤字問題」

を検証することにしました。



集まったメンバーは
中学生~幼稚園児のママです。



「そもそも”老後”って何歳?」
から始まり、
その時の生活を思い浮かべながら
どれだけお金を使うかを想像してもらいました。



するとメンバーのひとりがノートを出して

「じつは、年表を書いてみたんですハート



先日、
交流館でミニセミナーを行った時に
来てくれた子。



その時にお話した
「将来、家族に起こりそうな出来事を年表にして
それにかかる予算を書き出してみましょう」
を、実践してくれたんです!!!



セミナーというのは、だいたいにおいて
聞きっぱなしになってしまう人が多いもの。



ハードルを下げて、下げて、
実際に行動に移してもらうセミナーが
私の目指すセミナーです。



彼女は、
やってみて感じたことなどを
熱く語ってくれました。



今日、同席したメンバーは
「私も書きたい! あー早く書きたい!」と(笑)。



頭で考えているのと、
実際に書いてみるのとでは
全然違うんですよ!


MAMATOCO


子育てコーチングの会は、
いつでもメンバーを募集しています!

気になる方は、メッセージ下さいね音符


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年05月07日

NYから目が離せない

日本では10連休明けということで、
滞っていたビジネス社会が動き出しました。



テレビの情報番組では、
各局でこぞって「5月病」をとりあげていました。



しかし、投資家の皆さん!

そろそろ目を覚まさないと。



NY株式市場では、緊張感が走っています。



先週末、トランプ米大統領が
対中関税の引き上げを示唆しました。



これが「引き金」にならなければいいけど。



下げ相場イラスト



先ほどオープンした7日のNY市場。
現地時間午前10時ごろで
300ドルほど下げています。

【参考チャート】
ロイター ダウ平均


この展開では、
NYダウなどの株価だけでなく
VIX先物指数の動きにも注意したいところです。



VIX指数は、別名「恐怖指数」とも呼ばれています。
相場の乱高下を反映する指数として知られています。



このVIX指数の先物取引の売り買い差引残高が
いま、
過去最高水準に積み上がっています。



【参考記事】

QUICK Money World
VIX、溜まる急騰マグマ 先物ショート18万枚超の最高水準



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:32Comments(0)株式投資最近のニュースから

2019年02月05日

働く女性、半分以上。子育て世代でも四分の三

2018年、
働く女性が半分以上になったそうです。



2月1日に発表になった、
総務省の「労働力調査」の結果(速報)です。

女性の15歳以上の人口に対して、
働いている人は51.3%。

5割を超えたのは、50年ぶりだそう。



「50年前は、半数の女性が働いていた?」

と驚いたかもしれませんが、
当時は、農業や自営業が多く、
女性も働いていたのですね。



「労働力調査」から、
2018年の女性の就業率を
年齢層別にご紹介しましょう。



15-24歳:46.8%
25-34歳:77.6%
35-44歳:75.8%
45-54歳:77.7%
55-64歳:64.2%
64歳以上 :17.4%



「M字カーブ」の谷間が
かなり緩やかになっています。

参考:25-44歳:76.5%


子育て世代でも、
約四分の三の人が働いていると。



私の家の近くには、私立幼稚園があります。
現在、小6の娘の入園を検討していた頃、
その幼稚園に夏休みの保育に通う子は
目視で、そうですねぇ、1日20人前後だったかしら。

なので、
少人数ではかわいそうかなと思い、
小学校の学区外のこども園に
車で登園していました。



けれど幼稚園の最近は、
その当時の何倍もの園児さんが、
夕方の延長保育や長期休暇の保育に
通ってきています。



働くママさんが増えたなあ、と
実感しています。



働く環境も、
10年前とはかなり変わったと思います。



とはいえ。

先日、朝日新聞の記事で
東京ガス都市生活研究所の調査が
紹介されていました。

「家事のほとんどは
まだ女性が担っているのが実態。」




そうなんですよねぇ。

我が家の場合。
食事関係はすべてワンオペ。



夕飯の片づけは、
「21時までに終わらせる」
が私の目標で。

その間、
娘も夫も、ゲームやテレビ、
ネットやYouTubeを楽しんでいます。



はい。
深呼吸でもしないと、
やってられませんね(笑)。



私は21時までに家事を終わらせ、
その後は仕事の時間に充てます。

「今日はここまで」と
だいたい決めていた所まで終わらせるか、
24時になるので途中でもやめるか、
という「残業」です。



夕飯の片づけだけでも
あの二人がやってくれれば、
毎日1時間は早く寝られるのになあ。



【参考資料】
総務省「労働力調査


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年02月04日

まずはワイン、徐々にチーズ

2月1日、
日本とヨーロッパ(欧州連合=EU)の間で、
経済連携協定(EPA)が発行されました。



日本とEU加盟国との間での
貿易の壁が低くなったのです。



対象の品物によって、
関税がゼロになったり、
関税率が引き下げられたり、
徐々に引き下げて最終的にゼロになったりと、
さまざまです。



日本の消費者である私たちは
ヨーロッパの品物を
今までよりも安く買えるようになります。



大きく伝えられているのがワイン。

これまでは、
欧州産ワインには関税が掛けられていました。

その関税率は、
「代金の15%」または
「1リットル当たり125円」の
どちらか安い金額でしたが

2月1日から、関税がかからなくなったのです。
報道では、
イオンなどのスーパーや
アマゾンなどのネットショッピングで
欧州ワインの値下げセールが行われているようです。



ワイン1本分の関税撤廃は価格帯にもよるのですが、
750mlで、
おおよそ100円程度から300円程度の値下げが多いようです。



カマンベールチーズなどは、
徐々に関税が引き下げられ、
最終的には16年目に関税率がやっとゼロに。



一方で、
革製品や洋服などの高級ブランドは、
関税撤廃・引き下げを反映するかどうかは、
間に入る商社などの対応しだいだそうですよ。



日欧EPA発効、ワイン・生ハム続々値下げ 売り場でアピール(日経電子版 2019/2/1)

日欧EPA、恩恵まずワインから 2019年2月発効 (日経電子版 2018/12/17)

ワインとチーズ



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年01月28日

豊田市は都市力ランキング14位

今朝の日本経済新聞に、
都市力ランキングの記事が出ていました。



データで見る地域 都市力ランキング
文化・交流、京都1位 政令市が上位占める


森記念財団が昨年まとめた
日本の都市特性評価 2018
からの記事のようですが。

(なぜ、今日の朝刊に?)



日経の紙面には、
都市力1位から10位までのスコアが
棒グラフで紹介されていました。


1位:京都市
2位:福岡市
3位:大阪市


「ふ~~ん……」


と思いながら記事を読み進めていると



本文中に、豊田市の記述が!



「総合順位は14位だが、
指標ごとにみると
財政と市民生活・福祉で全国トップだった。」



興味があったので、
元の資料(日本の都市特性評価 2018 概要版)を
見てみました。


概要版がPDFでダウンロードできます。



豊田市が上位に位置している分野は

<経済・ビジネス> 4位
(トップ3は、大阪・名古屋・福岡)

<生活・居住> 7位
(トップ3は、福井・松本・長野)

<環境> 11位
(トップ3は、浜松・松本・松江)

<交通・アクセス> 17位
(トップ3は、大阪・名古屋・福岡)



都市特性を明らかにするための
「クラスター分析」
での豊田市は、
他に似通った都市がないほどの
独自路線のようです。

「活力と住みやすさが共存し、
強固な自治体財政の企業城下町」


「個性あふれる都市例」として、
日本の都市特性評価 2018のサイト上でも
豊田市のレーダーチャートが紹介されています。


強みは、「財政」と「市民生活・福祉」
「雇用・人材」「生活の余裕度」も
比較的高いスコアです。


他の都市より見劣りするのは
<文化・交流>の全般と、「健康・医療」。

面白いのは、
分野として<経済・ビジネス>は
高いスコアにもかかわらず、
その中の指標の一つ「人材の多様性」が
偏差値50ラインを下回っていること。

……わかる気がします……



ところでこの事実を、
豊田で生まれ育った方は
あまり実感されていないご様子で。



関東で、
証券会社に勤めた後、
ファイナンシャル・プランナーとして独立した私から見ると、
やはり豊田の皆さんは、
生活にゆとりがある空気が漂っています。



決して大金持ちという感じではないのですが、
お財布に余裕がある。
なので、気持ちもゆったりしている。

そんな感じがします。









旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

2019年01月19日

なんと110位! 日本の男女格差

毎月1回、
日本経済新聞社の読者サイト
club Nikkey』で
コラムを書いています。



今月は、
ジェンダー・ギャップ指数」です。




ジェンダー・ギャップ指数とは、
世界経済フォーラム(WEF)が算出して公表する、
男女平等を数値で表したものです。

そのスコアは、
世界の調査対象国の中で順位づけられ
「男女平等ランキング 」として発表されます。



何と日本は、
調査対象149カ国中110位!



詳しくは、コラムをご覧下さいね。


「ジェンダー・ギャップ指数」
https://nikkey.nikkei4946.com/column/ishihara/2019/01171000.html


【石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ】
https://nikkey.nikkei4946.com/column/ishihara/


街の風景


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

2018年11月08日

妊婦さんの医療費に上乗せ「妊婦加算」

私も知りませんでした!

「妊婦加算」



今年4月から適用になっている制度だそうですが、
「知らなかった」
ということで、
最近になって話題沸騰中のようです。



妊婦加算とは、

妊婦さんが、病気やケガなど、
たとえ妊娠とは違う原因であっても
医療機関を受診した際に
上乗せされる診療報酬です。



NHKのサイトに
『知らなかったわ、妊婦加算
という記事が掲載されています。



これによると、
初診で750円、再診380円の上乗せだそう。

(自己負担3割の場合、
初診でおよそ230円、再診でおよそ110円)。



確かに、
妊産婦に対しては、
薬の処方などで通常の診療と
違う対応が必要な場合もあるでしょう。



しかし
制度が始まってもなお、
広く認知されていない
という状況はいかがなものか?

と思いますよね。



ファイナンシャル・プランナーでありながら
知らなかった私の不勉強は、
反省しなければなりません……





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:18Comments(2)家計のこと最近のニュースから

2018年11月07日

ATM手数料がライバル行同士で無料に!

朗報です!



夕方、
日経新聞の速報メールが
飛び込んできました。


【日経電子版の元記事】
(有料会員限定サイト)

三菱UFJ銀行と三井住友銀行で
相互にATM無料化




三菱UFJ銀行と三井住友銀行の
それぞれの預金者が
両行のATMで現金出金の手数料が
無料になる――とのこと。

平日の日中の時間帯だそうです。



2019年前半ごろの実施で、
当面の間、対象になるのは、
駅前や商業施設などに設置された、
銀行店舗の外にある無人拠点のATM。



将来的には、
全国すべてのATMを
相互開放することも
検討する、とのこと。



一方で、
この相互開放に伴って、
計500~600程度のATM拠点を
廃止する方針も打ち出しています。



メガバンク同士の提携とは!

キャッシュレス時代を迎え、
銀行も、
生き残りをかけた選択なのでしょうね。

便利になるのはいいことですけど。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

2018年08月27日

厚生年金、パートの「壁」を下げる案

今日の日経新聞朝刊の
1面トップ記事は

「厚生年金 パート適用拡大」です。





数年前までの家計相談では、

「厚生年金に加入しないパートで
働きたい」

というママさんが圧倒的でした。

(特にこの地域では顕著です)


ところがここ最近では、

「厚生年金保険料を納めてでも
しっかり働きたい」

というママが増えたように思います。



現在、
社会保険料を負担して
手取りが少なくなってでも、
老後の生活費を確保したいという
ニーズが高まってきたことを
実感しています。



そんな中、

厚生労働省が
厚生年金加入の月収要件を
引き下げる検討をしているという報道。

現在、
月収に関する適用要件は
8.8万円以上。

いわゆる
「106万円の壁」

ってやつです。



それが月収6.8万円に
引き下げる検討をしているとのことです。



今後、詳細を詰めて、
国会の審議を経て、
早ければ2021年中にも施行されるという
検討内容のようです。

(日経の独自取材による)


保険料の負担を嫌って
働く時間を減らす方も
相変わらずいらっしゃいます。


しかし
簡単に言えば、

老後の年金として受け取れる
厚生年金部分の金額は、
厚生年金加入者として働いた
「月数」と、「お給料の金額」を使って
計算をするものです。



人生100年時代。

老後の厚生年金を増やすためにも
ぜひ、
厚生年金加入で働ける環境の方は、
前向きに考えて頂きたいと思います。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:21Comments(0)備えること家計のこと最近のニュースから

2018年08月13日

大バーゲンセール

為替市場で、
トルコリラの下げがきつくなっています。



その影響で、
今日の日本株は大バーゲンセール。



日経平均株価が
21857.43 -440.65




株価バーゲンセールは
次の2点が理由として挙げられています。



1つは、トルコショックの影響を受けた
欧州株や米国株の下げの連鎖。

もう1つは、通貨の避難先として
円が買われて円高になっていること。



トルコリラ安は、
欧州には強く影響する問題です。

直接日本には大きな影響がないとしても、
欧州株が大きく下げ、
それを受けた米国株の下げ、
次に日本株の下げ、
という地球1周の動きは、
投資家の不安心理が広がっている証拠。



けれど、

バリュー株投資の個人投資家にとっては
買いチャンスが来ているのではないでしょうか。

買ってもすぐには上がらないかもしれません。

それどころか、
もう少し下がるかもしれませんけど
長い目で見て、大雑把な幅でいえば
安いゾーンだと思います。




折しも

3月期決算企業の4-6月期業績が発表されたばかり。
年間予想の4分の1よりもハイペースで
利益を上げている銘柄を中心に
バリューゾーンにある銘柄を探してみましょう。



こういう時は、
業績の進捗が良い会社から選ぶことです。



「何となく良さそう」

なんて中途半端な理由で買うと、
痛い目に遭います。



世界中の投資家が
リスクオフの姿勢をとっている最中ですから。



また、
欧州での事業規模が大きな会社は
避けておいた方が無難かもしれませんね。

決算資料のセグメント情報を見れば
世界のどの地域で稼いでいるのかが
わかります。



お盆休みでお時間のある方は、
4-6月期業績を丁寧にチェックしてみて下さい。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 21:51Comments(0)株式投資最近のニュースから投資全般