2018年01月16日

老後の公的年金、いよいよ70歳からの選択肢も

夕方、

「政府が公的年金の受取開始年齢について、
受給者の選択により
70歳以降に先送りできる検討に入った」


というニュースメールが届きました。



日経新聞による、

朝刊スクープを
前日夕方に配信するメールです。



【参照記事】

公的年金受給開始、 70歳超も選択肢 政府検討



「いよいよ来たか」という感じです。



ですが、
個人的には大賛成です。



全員が70歳から支給ということではなく、
選択により、
70歳を過ぎてから受け取り始めることも
できるという内容。



「政府が検討に入った」

という日経のスクープなので、
決まったわけではありません.

ですが、
遅かれ早かれ、そうなるでしょうね。




高齢者になってくれば、
健康状態も個人さが大きくなり、
いつまでも働ける人もいれば、
労働が難しい人もいるでしょう。



また、
家族の状況や生活環境も
人によってさまざま。

働き続けたい意思も
人それぞれ。



自分の状況や考えによって
いつから年金を受け取るか
選択制なら良いと思います。



受け取り開始年齢を遅らせた人は、
受け取る年金額が増える仕組みです。



現在の制度でも同様の措置はあります。


基本は65歳からの受け取り開始に対し、
65歳より後に受け取り始めることにすると、
毎月の受給額が
1カ月遅らせるごとに0.7%ずつ増えます。



現在は、
最大限遅らせても70歳まで。



5年遅らせることで、
受給額は42%増えます。

0.7%×12ヶ月×5年=42%


この仕組みを拡充するという案
のようです。


厚生労働省の想定は、
受給開始年齢の上限を75~80歳程度まで
引き上げるもようです。



今後の、
国民年金法と厚生年金保険法の
改正に注目ですね。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 19:11Comments(0)ライフプラン最近のニュースから終活

2018年01月15日

医療費控除のレシートが添付不要に

年が明けて一段落し、
そろそろ
確定申告の準備を始める時期ですね。



みなさんの関心が高い、
「医療費控除」の手続きについて

朗報です!

平成29年所得税申告分から
簡略化されました。



これまでは、
医療費控除の適用を受ける場合、
レシートや領収書を
確定申告書に貼りつけることに
なっていました。


平成29年分以後の
所得税の確定申告では、

「医療費控除の明細書」

を確定申告書に添付すれば
医療費のレシートや領収書を
提出しなくてもよくなりました。



ただし、

対象のレシートや領収書は
「提出しなくて良い」
というだけの話。



確定申告期限から5年間は、
そのレシートや領収書を
保管しておく必要があります。



つまり、
税務署から調査が入った場合には、
保管してあるレシートや領収書を
提示しなければなりませんので、
ご注意ください。



これまで、
医療費を合計したり、
レシートや領収書をまとめて
貼り付け作業をしたり
という
面倒だった作業の手間が省ける

ということです。



なお

「医療費控除の明細書」

は、お医者さんなどの発行する
「医療費通知」を
確定申告書に添付する場合は
「医療費控除の明細書」の記入を
簡略化することができます。

(この場合は、
医療費の領収書の保管も不要)



ご参考にして下さいね~!

詳しくは……
国税庁HP 「医療費控除に関する手続きについて Q&A」

旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:14Comments(0)ためになる話最近のニュースから

2017年12月12日

アライリゾート 10年越しの再開!

今日の夕刊(日経新聞)をふと見ると!

スキー場人気をもう一度 
訪日客見込み新設・再開業


という記事が目に飛び込んできました。





なんと、
アライリゾートが今シーズンから復活!



10年ほど前に経営破たんしたスキー場です。


豪雪地帯にあるスキー場で、
ハイシーズンの新雪は最高!

シーズン期間も長く、
以前はゴールデンウイークでも十分滑れました。



韓国のロッテグループ資本が入り、
見事に復活を遂げたそうです!

ロッテアライリゾート



今週に入り、豊田もすごく寒い。
と思ったら、
アライはこんな感じのようです。




楽しみが増えました~!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 21:54Comments(0)楽しみのこと最近のニュースから

2017年12月03日

教育費の家族会議

家族会議なんて、
それほど大げさではありませんが(笑)。



先週、
オリエンタルランド
(東京ディズニーリゾートの運営会社)の
株価が1万円に達しまして。



娘の教育資金で
100株買っているので、
売るかどうかを家族で話してみました。



値上がりのきっかけは、
11月29日の日経新聞の記事。

東京ディズニー3割広く「アナ雪」も
 3000億円投資  オリエンタルランド


当日の株価は急騰。
翌30日も続伸して、
終値で1万円台に。

ただ、
翌日にオリエンタルランド側から
日経の記事に対する文書
公表されました。

全否定ではないけれど、
詳細を肯定しているわけでもなく。

それにしちゃあ、
記事は結構具体的だったけど^^



娘の教育資金として貯めていた
普通預金の中から、娘の名義で、
オリエンタルランド株を買ったのは
昨年の9月。

6,300円ぐらいでした。


それが、1年3ヶ月で
1万円に!



娘への金銭教育も兼ねているので、
日経の記事を見せて、
娘に感想を聞いてみました。



なんと

「また買う???」

だそうで(笑)。



そんな集中投資は
するつもりがないです(笑)。



夫は、
「ラジオでやってたなあ」
ぐらいで意見なし。


私は、
「売るつもりはないけど
一応みんなの意見を聞こうと思って」


ということで、
特に結論も出ないまま、

「優待券で行かなくちゃね~」

みたいな流れになりました(笑)。



きょうのお月さま。



満月は明日だそうです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年10月24日

やっぱりすごい。

衆議院議員選挙が終わり、
史上初の日経平均15連騰し、
前日比マイナスの場面もありながら



今日も日経平均株価は上昇!



なんと16営業日連続上昇。



そろそろ休んでも……



と思って見ていますが、
銘柄が循環しながらの上昇なので
意外に強いのかも。

(私もここまでの間に
小出しに売りを出してきましたし、笑)




選挙前のご祝儀相場が終わり、
話題は中間決算発表へ。



今日の目玉は

もちろん


日本電産の永守会長、売上高2兆円「当選確実」

(日経電子版より)


通期の業績を上方修正、
増配も発表です。



やっぱりすごい。
永守会長。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 19:18Comments(0)株式投資最近のニュースから

2017年10月10日

心理学×経済学

2017年のノーベル経済学賞は、
シカゴ大学のリチャード・セイラー教授が
授賞されました。

行動経済学の発展に大きな貢献をした

とのことです。


大学で心理学を学び、
証券会社に入った私。

関係ない分野に進んだ
と思われることが多いものです。



2002年、同じく行動経済学で
ダニエル・カーネマン教授の
授賞を知った頃、
ちょうど私は
証券会社を辞めて
フリーになる準備中でした。



お客さんの、
なぜか合理的でない投資判断は、
行動経済学で説明がつくじゃないか!




と、
知れば知るほど面白くなって
行動経済学の勉強をしたことが、
ついこの前のことのように思い出されます。



セイラー教授の授賞で、
また
行動経済学に注目が集まるでしょう。



ワクワクします。





 旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 19:06Comments(0)最近のニュースから

2017年10月03日

共働き世帯増加! 消費は? 貯蓄は?

少し前ですが

9月4日発表の日銀のレポート

『共働き世帯の増加の背景と
その消費支出への影響』


が興味深かったです。



共働き世帯が増加している

「その理由はなぜか?」

を考えたレポートです。



共働き世帯が
特に増えている年代は

・25~34歳
・45~64歳


理由を考えようとしたけれど、
ライフサイクルを考えると
別々の要因かもねッ

というところから
レポートは始まっています。


・25~34歳
 (一般的に子育て期)
政府や企業による、
女性の活躍促進策が奏功?


・45~64歳
 (一般的に子育て一区切り期)
夫の所得補てん?
老後の不安?



共働きによって、
家計全体の所得は増えます。



さらにレポートは続きます。

その増えた分は、
どうしているのだろう?



消費しているのだろうか?

貯蓄しているのだろうか?



その前に……



共働き世帯に顕著な傾向をご紹介。

・携帯電話通信費の支出が多い傾向がある

・(買い物時間節約な)
インターネット購入を積極的に活用している

・外食の支出も多いけれど
それ以上に「補習教育」の支出が多い



日銀のレポートでは、
3番目の「補習教育」についての考察は
記述がありませんでしたが。

これって

「共働きは、教育費のため」

と考えている世帯も多いってことですよね。



「子どもとの時間を大切にしたいから
働くのはちょっと……」

という声もよく聞きますが。

微妙だなあ。



レポートは、
消費と貯蓄の関係について
分析が続きます。

・共働き世帯は、専業主婦世帯に比べて
1割ほど消費支出が多い

ということが、
総務省の「家計調査」から分かるそう。
(2007年~2016年の平均)



とはいうものの。


・共働き世帯は、専業主婦世帯に比べて
2割ほど手取り収入が多い



うん?

共働き世帯は、
手取り収入が2割多いけれど、
買い物額は1割多いだけ。



ということが分かったそうな。



日銀のレポート作成者が、
さまざまな分析をすると



「同じ所得額、同じ金融資産額でも、
共働き世帯では、
貯蓄に回す分が若干多い」




という結果が得られたようです。


貯蓄に回す分が多い
=消費に回す分が少ない




今回の
日銀のレポートはここまで。



アベノミクスで

「女性の活躍推進!」
「働き方改革!」

なんて言ったって、
消費に回らないんじゃあ、
景気が良くならないんじゃないの?



ってことで、
日銀では引き続き分析をするってことで
締めくくっています。



やっぱりね。
っていう感じもしますよね。



よく言われているように、
老後の不安払しょくが
経済効果バツグンなのでしょうね。



今日は、
夕方から夜に切り替わる時間帯の景色が
とても素敵でした。



明日はお月見ですね。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 22:52Comments(0)家計のこと最近のニュースから

2017年07月31日

10年納めればいいってワケじゃない!

明日、
国民年金のルール改正が施行されます。



老齢年金を受け取るために必要な期間が、
今までは25年でしたが、
10年に短縮されます。

【参考サイト】
日本年金機構
必要な資格期間が25年から10年に短縮されます



今までのルールで
「納付期間が25年に満たない」
という人で、
「時すでに遅し」
という人を救済する措置です。



現行ルールでは、
60歳の時点で
納付期間25年に満たない場合は、
65歳まで納付して
25年を満たすことは可能です。



つまり
65歳までの年数が25年以上ない人は
アウトだったわけです。



そのような中高年の方を救うべく
資格期間が10年に改正されたのです。



だからといって、
若い方々が
「公的年金に10年加入すればいいんだ」
と思ってもらっちゃ困ります!



国民年金保険料を40年納め、
現在受け取っている高齢者は
年間80万円弱です。


国民年金は
加入した月数が長いほど、
受取金額が増える仕組みです。



10年しか納めていなかったら、
今年の計算でいっても
老後の受取年金は
年間20万円にもなりません。



老後の生活の役に立つとは
到底思えません。



老後の生活を支える目的なら、
「国民年金保険料は
10年納めればいいんだ」
なんて思ってはいけません!



今日のスイカは
とっても甘くておいしかったですハートウィンク




この世にいる限り
おいしいものを好きなように食べられるよう、
老後の生活設計をしっかりしなければ、ね!



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 21:26Comments(0)ライフプラン最近のニュースから

2016年09月21日

今月のPIPOは『REIT(リート)』

9月の山場、
日米の金融政策決定会合。

まず日銀の「総括的検証」は、
量から金利に変更だとか。

後場の日経平均株価は大幅高。

枠組みの変更とのことですが、
市場は好感したってことでしょう。

今日の日銀の金融政策では、
長期国債を0%にということなので、
REITは小安く引けたようです。

今週はPIPOの配布時期です。
PIPO10月号

『石原敬子の
教えます! お金のこと』
の今月のテーマは
『マイナス金利時代に
魅力が高まる
REIT(リート)』
です。

どうぞご覧くださいませ~音符
  


2016年07月31日

ETFって、なあに? 日銀の政策より

日銀が、次の金融緩和策を発表しました。

7月29日、日銀では金融政策決定会合が開かれ、
今後の金融政策について話し合われました。

株式市場や為替市場で取引をする投資家たちは、
思ったほどの政策ではない、とがっかりした反応を見せました。

今回の会合では、追加の金融緩和が期待されていた分、
がっかり感が大きかったようです。

そして追加の政策として発表されたのは、

「上場投資信託(ETF)の買い入れ増額」。
ワタシ的にはインパクトがありました。

マネーコラムを掲載している「マネーゴーランド」というサイトで、
記事のアクセス数が急激に増えているのです!

その記事とは
投資信託が「上場している」って、どういうこと?



ETFってなあに?
上場投資信託ってなあに?
投資信託が上場しているって、どういうこと?

と思われた方は、ぜひのぞいてみて下さいね~元気