2019年10月15日

9月後半はゼロ、10月前半で2冊

娘がテニス部に入り、
保護者のサポートが必要だと分かって以来、
仕事を減らしたつもりなのですが……。


9月は、
減らした「スキマ」に
仕事が入って来る
という好循環でした。



9月は、例年、
ルーティンの仕事も
集中している時です。



振り返れば
9月の読書は前半でストップ。
後半は全く、読書をする余裕がありませんでした。



10月前半は、2冊。


問に答えながら、自分のお金に対する考え方や向き合い方を掘り下げていく形になっています。

自分を「運が良い」と思える人は、視野が広いのでチャンスが見つけられる、という点は、同館です。幸運は、自分が行動によって引き寄せていると私は思っています。

また、
「消費者がブラック企業を生み出す構造に手を貸している」
という記述は納得がいきました。

品質の良いものが低価格競争に巻き込まれないように、私たち消費者が、物を見る目を養わないといけません。




もう一冊は、
話題の本ということで読んでみました。

イギリスのEU離脱の背景にあるものが
少しわかったような気がします。


人種差別や人権がテーマです。
現在の日本では、「外人」は差別用語の位置づけです。

本書の「息子」は、「ガイジン」という言葉に敏感。「ハーフ」も「なぜ半分?」と疑問を持ち、英国では「チンク」と呼ばれることがあるそうです。

帰属意識は、時に排他的にも見えるのか?
と、ふと思い、目から鱗が落ちました。

「決めつけないで、いろんな考え方をしてみる」
という記述が、とても印象に残りました。大事なことだと思います。



10月は、読書時間が少し取れそうかな。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 23:26Comments(0)読書録お薦めの本

2019年10月03日

読み語り6年生

今日は、朝一番に、
小学校の読み語りボランティアに行きました。



今日のクラスは6年生。

齋藤孝先生が編集に携わった
絵本の「吾輩は猫である」を
読みました。



家で試し読みをした時に、
少し時間が余ったので、
もう一冊何か読もうかな……



と、本棚を物色。



谷川俊太郎さんの詩集に
目が止まりました!



ということで、今日は、これ。




この2冊で10分です。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年09月05日

3年生あたりがちょうどいい

夏休みが終わり、
久しぶりの
小学校での読み語りボランティア。



今日は3年生のクラスだったので、
定番のこちら!

うんぴうんにょ


表紙を見ただけで、
クスクス。



読み進めると、
ところどころで、爆笑。



お話に、返事をしたり。
「うえ~」っと声をあげたり。



でもこれは、とてもまじめな科学絵本。
食育にもぴったりです。



対象は、
3年生ぐらいがちょうどいいかも。
面白がってくれるし、
お話の内容も理解できるし。




今日も、楽しい読み語りでした。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年09月03日

ボリュームある小説も読みました

夏の間に読んだ本、
読書記録がたまっていましたが、
今日が連続アップの最終日です。



偶然、共通点が「東大生」となった
以下の2冊。



「人生に、上下も勝ち負けもありません」
を読んで、
「ジャッジフリー」という考え方を学んだあとに



「東大じゃなければ人でない」ぐらいの勢いの
恐ろしい話を読んでしまいました。

私が小説を読むのは、2年に1回、いえ、5年に1回ぐらいかもしれません。そんな私が、473ページもある小説を短時間で読破してしまったほど、引き込まれてしまいました。

記憶の奥底に、「確かそんな事件があったなー」という程度で、小説のモチーフになった事件に関しては、ほとんど興味がありませんでした。

東大生による、頭の良しあしで人を判断する尺度は、確かにけしからんと思いますし、そんな価値観で国の将来が決められていく日本をとても悲しいと思います。

が、

頭の良しあしという尺度以外に、お金のあるなしや、美しいかそうでないか等、違う物差しでも、同じように「人でなし」の尺度がごろごろ転がっている世の中です。子どもの社会でも、かけっこが早いか遅いかでも、クラスの中での居心地は、天と地の差があるのが現実です。

多様化、ダイバーシティ、互いに認め合いましょう、などと旗振りはされていますが、生きづらさを感じている人が減らないのはなぜなのでしょう。

一見、優秀だと言われる人たちは偏った考え方で、その人たちが日本を動かしている、と思ったら恐ろしいです。




続いて、
東大卒で大蔵省のキャリア官僚となった
高橋先生の本。



切り口が面白いと思いました。
タイトルはキツイかもしれませんが、
前出の小説の学生たちと
高橋先生は、全く違うことをお断りしておきます。


一見、日本の政治や経済の時事的な解説本ですが、実は論理的思考を促す指南本でした。

良い意味で、期待を裏切られました。

例えば「公的年金制度は、破たんするか?」に関しては、よく聞かれる質問です。けれど、(小手先ではありますが)マイナーチェンジを繰り返している点を考えると、破たんしないための制度改正だと私は理解しています。

感情だけで物事を論じるケースが、マスコミやネットの口コミに多く見られます。最近の「老後の生活資金2000万円不足」問題もそうです。落ち着いて、ゆっくり考えれば、全然違った答えが出てくることがあるのに。

論理的に考えることがいかに大事か。



文庫本


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:47Comments(0)読書録お薦めの本

2019年09月02日

お金の本は、どちらも未来形

夏休み中に読んだ本、
ためてしまった読書録を
連日アップしています。



今日は、一応、
ファイナンシャル・プランナーらしい本も
読みました、ということで。



リスクについての説明が、腑に落ちました。
今度のセミナーで、使わせて頂こう!


リスクについての説明が、秀逸でした。リスクは、上手く使うと人生が面白くなるのでは? と思わせる記述。

「生まれた瞬間から死ぬまでの結果が分かっている世界があるとしたら?」

リスクが嫌いな人に、一度聞いてみたいものです。

実力(自分の施行と努力でコントロールできる)と運(全くコントロールできない)のバランスが大事。なるほど、そうです。その通りだと思いました。

お金がコモディティ化するという見方も、うなづけます。資本主義より価値主義。納得です。

第4章(「お金」から解放される生き方)が一番面白かったです。何かに熱中している人ほど、結果的に利を得るという。自分の価値を高めるのが大事。これからの時代に、欠かすことができない考え方なのではないでしょうか。




こちらの本で気に入ったフレーズは、

”子どもの最大の武器は「時間」”。

電子マネーを扱う時代の子ども達に
対応できる内容でした。


子ども向けの金銭教育を扱った本の中で、「見えないお金」つまり電子マネーなどを詳しく取り上げている点が、新しいと思いました。

子どもの最大の武器は「時間」であると。
借金は「マジックアワー」。

単なる金勘定の話でないところが、おすすめです。



子どもの金銭教育といえば……



この夏休みは、
メグリア(トヨタ生協)のカルスポで
親子向けのお金の講座を担当しました。



とてもしっかりしたお子さん達が集まって、
「この口座に来なくても大丈夫じゃない?」
という印象でした。



そういう子たちだったからこそ、
講座に関心を持ってくれたのかもしれませんね。


お金の本


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:36Comments(0)読書録子どもと読む本お薦めの本

2019年09月01日

こころも「夏休み」

昨日に続き、
ためてしまった読書録をアップしています。


自分に向き合う2冊。
まずは、
アドラー心理学を広く一般に紹介された
岸見一郎先生の本。


アドラー心理学を学ぶと、たいていの人は、「納得する部分もあるがピンとこないところもある」という感想を持つようです。

例えば、「褒めない」「変われないのではなくて、変わりたくない選択をしている」「原因があって今がある、のではない」などが、ピンとこないと思われがちな点のようです。

岸見先生の本を何冊か読んでみると、アドラーがだんだん分かって来るような気がします。

私は自己肯定感の塊のような人間なので、アドラーの教えは、ごく当たり前のように感じています。時々、何気なく発した言葉に友人が反応して、感心してくれることもあるのですが、私にとってはいたって普通の考えであり、特に意識をしていない発言です。

おかげで、人生、得をしていることが多いように思います。



次は、精神科の先生。

人と比べて順位を競ったり、
勝ち負け、成功失敗などは
意味のないこと、と説いています。


つい、ネガティブな思考になってしまう方におすすめです。

「ジャッジフリー」という考え方。誰でも、誰かと比較したり、順位をつけたりしてしまいます。でも、それは状況が変われば変化してしまうこと、つまり相対的な価値だから意味がないとのこと。

その通り! だけど、つい、順位や勝ち負けに目が向いてしまうのが人間です。

ものごとの「結果」は、一瞬だけのもの。「過程」に費やした時間と経験は、結果以上の財産だと、私は思います。

自分にない考え方だなと思った部分は
「低いところに自分がいる、ということは、自分がいればそれだけで人を安心させる価値がある」
というところです。

なるほど! そのように考えると、誰にでも存在価値はあるというものです。




いかにも「夏休み」っていう読書でした。





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:13Comments(0)読書録お薦めの本

2019年07月11日

あめがふったらポンポロロン

私は、
小学校で読み語りボランティアを
しています。



今年度で7年目になります。

今日は、読み語りの後に、
ボランティア数名で情報交換をしました。



この学年は、こんな本がいい
この学級は、こういう特徴がありますよ
季節ものをどうやって選ぶか
全員の子ども達に声が届いているか不安
絵本の選び方

など、



読み語りに際して、
困っていたり、迷っていたりすることを
話し合いました。




もちろん脱線してのおしゃべりも。



娘が卒業した私にとっては、
久しぶりに会ったメンバーと
久しぶりの小学校の部屋で
ゆる~く話ができた、貴重な時間でした。



読み語りに入ったのは、6年生。



季節を楽しんでもらえるような、
この2冊を読みました。


おじさんのかさ


あめがふったらポンポロロン

あめがふったらぴっちょんちょん。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年06月27日

3年生には「うんこの絵本」

今日は、
小学校の読み語りボランティアへ。



3年生です。
知った顔が何人も。



始まる前、廊下に立って待っていたら
近所の子が、
ハイタッチをしに来てくれました。


うんぴうんにょ

3年生は、やっぱりこれですね。
5年生より、3年生にウケます。
ページをめくるたび、期待通りのリアクション。



うんこブームですが、
この本は、立派な科学絵本。



食事や生活が
排便に影響するということを
面白く伝えています。



カメ

廊下にカメさんがいました。
やっぱり小学生はカワイイなあ。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年06月25日

ジャンルいろいろ

6月は、中旬まで
目が回るような忙しさでした。



電車での移動時間は結構あったのですが、
疲れがたまっていたせいか、
車内で本を読み始めると
あっという間にウトウト……。


タイトルに惹かれて読んでみました。
サラッと読める内容です。

特に目新しいことは書かれていませんでしたが、
共感できるキーワードや、
自分ができていない点に改めて気づかされた等、
読んで得られたことはいくつかありました。

「生きることは選択の繰り返し」は共感。
私も、
何もしない、やらない、も選択だと思っています。

何もしないことを選択した。
やらないことを選択した。
ということ。

やらないことを選択したのは、自分。


「簡単に手に入ると、簡単に失う。
努力して手に入れたら、長くとどまる」

確かにそう。

反省させられたのは、
「周囲に頑張りを求めない。やりたいからやっているのだ」
という部分。

若い頃、上司に言われたことを思い出しました。
夫が干した洗濯物がくしゃくしゃでも、
洗ったお風呂がぬるっとしていても、
目をつぶることにします(笑)。



「テルマエ・ロマエ」も読んだことがない私。
でも気になっていた著者の本です。

ヤマザキマリさんの本、一度読んでみたかったのです。

深い。とても深い方なのだと思いました。
実は著者のマンガは読んだことがないのですが、
おそらく、
全力で描いているだろうと想像がつきます。

翻って私の仕事への姿勢を反省したり、
参考にしたいと思えることがあったり。
忙しかった日々の後に読んだのですが、
頑張ろうっていう気になりました。


「どん底を経験すると経験値が上がる」
というのは、共感します。

「本気で投げれば、本気で返ってくる」
最後にとても印象的な言葉でした。

『プリニウス』を読んでみたくなりました。



普段から、
自宅学習が嫌いな娘に対して、
私がいつも言うことは……

「勉強するも、しないも、
あなたの人生だから、お好きにどうぞ」

我が娘は、自宅学習が大っ嫌い。

「学校でちゃんとやってるから
家ではやらなくていいの」
が口癖です。

本書では、
日本一の学力がついたのは、
勉強を一生懸命やったからでない、
ということがよくわかります。

規則正しい生活習慣。
自分で考える学習計画。
学習のめあてや課題などの目的を理解していて、
何を学ぶかがちゃんとわかっていること。
授業は意見を出して、学び合う場であること。

どれも、
大人にとっても、
生活や仕事の場で必要なことばかりだと思います。

学ぶ喜びを感じていると、勉強って楽しいですよね。
家庭で取り入れられる形にアレンジして、
できることから実践してみたいと思います。


次は、
「平成の経済振り返り」
みたいなものを期待していたのですが、
ちょっと違ったみたい。

経済学を学び始めの大学生。
ビジネスの地盤となる経済の基礎を理解したい、若手社員。
新聞に出てくる言葉を理解したい、一般の方。

そういう方におすすめです。

イラストや図解が多用されていて、見やすいと思います。

ただ、私は「平成30年間の経済ニュースのまとめ」と思って読んでみたかったので、ちょっと違ったかな。

経済学の基礎と、日本を含む世界経済の簡単な歴史、経済の時事ニュースを、単元ごとにコンパクトにまとめてある内容です。

なお、1時間では読めませんでした。1時間半ぐらいでしたかね。



佐藤優氏・副島隆彦氏の対談。
対談だから、それほど難しくありません。

マスコミの報道をうのみにしないためにも、
一読をお勧めします。

このお二人の対談の割には、分かりやすい表現および内容でした。

ふだん日経新聞などを読んでいるだけでは触れられない、
(というより報道されない)記述が盛りだくさんです。

私は、時事ニュースのバランスをとるため、この手の書籍を読むようにしています。こういう見方もあるのだと、視点の違いに驚かされます。


6月後半は、
ジャンルがばらばらの読書でした(笑)。






旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:23Comments(0)読書録お薦めの本

2019年05月29日

かなり具体的な、早期退職の本

ファイナンシャル・プランナー仲間が
実体験をもとに出版されました。



51歳で早期リタイアした著者とは、
退職前も、退職後も、
定期的にお会いする関係です。



「本を出したから、読んで」
と言われて送って頂いたご著書。



かなり赤裸々に、
具体的な家計内容が書かれています。



藤原さん、
そんなに暴露しちゃっていいの~?

けれど読者の皆さんが知りたいのは、
「もやっ」とした一般論よりも
具体的な話でしょう。



気になる方は、
どうぞお買い求めくださいませ~。


著者は、ファイナンシャル・プランナーです。

早期退職者が実体験をもとに書いた本は多くあります。本書が類書と大きく違う点は、かなり具体的に紹介されているところです。

著者は、リタイア時の家計を詳しく、赤裸々に公開しています。その具体的数字から、将来の収支見通しをどのように試算して導き出したかについても紹介されています。

私は、著者と同業のファイナンシャル・プランナーです。お客様の20年、30年先の家計状況は、お客様自身でも明確ではありません。それでも、不透明な部分をどうにかして明確にしたうえで、将来の家計を見通すのがライフプランニングです。この点について、著者は「もやっ」とした収支を明確にする定義を設けて、明白にして将来の収支を設計しています。しかも、それが読者に分かりやすく説明されています。

本書が、ライフプランニングの専門家であるファイナンシャル・プランナーによって書かれており、かつ、ご本人が早期退職でうまくいったこと・うまくいかなかったことを盛り込んだうえでのアドバイスが展開されているため、読者ターゲットに当てはまる方が読むと、大変参考になるのではないでしょうか。

なお、出版社が近代セールス社という、ファイナンシャル・プランニング関連の専門出版社であるため、内容については信頼性があると思います。



お金と電卓


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 21:44Comments(0)ご案内お薦めの本終活