2019年06月25日

ジャンルいろいろ

6月は、中旬まで
目が回るような忙しさでした。



電車での移動時間は結構あったのですが、
疲れがたまっていたせいか、
車内で本を読み始めると
あっという間にウトウト……。


タイトルに惹かれて読んでみました。
サラッと読める内容です。

特に目新しいことは書かれていませんでしたが、
共感できるキーワードや、
自分ができていない点に改めて気づかされた等、
読んで得られたことはいくつかありました。

「生きることは選択の繰り返し」は共感。
私も、
何もしない、やらない、も選択だと思っています。

何もしないことを選択した。
やらないことを選択した。
ということ。

やらないことを選択したのは、自分。


「簡単に手に入ると、簡単に失う。
努力して手に入れたら、長くとどまる」

確かにそう。

反省させられたのは、
「周囲に頑張りを求めない。やりたいからやっているのだ」
という部分。

若い頃、上司に言われたことを思い出しました。
夫が干した洗濯物がくしゃくしゃでも、
洗ったお風呂がぬるっとしていても、
目をつぶることにします(笑)。



「テルマエ・ロマエ」も読んだことがない私。
でも気になっていた著者の本です。

ヤマザキマリさんの本、一度読んでみたかったのです。

深い。とても深い方なのだと思いました。
実は著者のマンガは読んだことがないのですが、
おそらく、
全力で描いているだろうと想像がつきます。

翻って私の仕事への姿勢を反省したり、
参考にしたいと思えることがあったり。
忙しかった日々の後に読んだのですが、
頑張ろうっていう気になりました。


「どん底を経験すると経験値が上がる」
というのは、共感します。

「本気で投げれば、本気で返ってくる」
最後にとても印象的な言葉でした。

『プリニウス』を読んでみたくなりました。



普段から、
自宅学習が嫌いな娘に対して、
私がいつも言うことは……

「勉強するも、しないも、
あなたの人生だから、お好きにどうぞ」

我が娘は、自宅学習が大っ嫌い。

「学校でちゃんとやってるから
家ではやらなくていいの」
が口癖です。

本書では、
日本一の学力がついたのは、
勉強を一生懸命やったからでない、
ということがよくわかります。

規則正しい生活習慣。
自分で考える学習計画。
学習のめあてや課題などの目的を理解していて、
何を学ぶかがちゃんとわかっていること。
授業は意見を出して、学び合う場であること。

どれも、
大人にとっても、
生活や仕事の場で必要なことばかりだと思います。

学ぶ喜びを感じていると、勉強って楽しいですよね。
家庭で取り入れられる形にアレンジして、
できることから実践してみたいと思います。


次は、
「平成の経済振り返り」
みたいなものを期待していたのですが、
ちょっと違ったみたい。

経済学を学び始めの大学生。
ビジネスの地盤となる経済の基礎を理解したい、若手社員。
新聞に出てくる言葉を理解したい、一般の方。

そういう方におすすめです。

イラストや図解が多用されていて、見やすいと思います。

ただ、私は「平成30年間の経済ニュースのまとめ」と思って読んでみたかったので、ちょっと違ったかな。

経済学の基礎と、日本を含む世界経済の簡単な歴史、経済の時事ニュースを、単元ごとにコンパクトにまとめてある内容です。

なお、1時間では読めませんでした。1時間半ぐらいでしたかね。



佐藤優氏・副島隆彦氏の対談。
対談だから、それほど難しくありません。

マスコミの報道をうのみにしないためにも、
一読をお勧めします。

このお二人の対談の割には、分かりやすい表現および内容でした。

ふだん日経新聞などを読んでいるだけでは触れられない、
(というより報道されない)記述が盛りだくさんです。

私は、時事ニュースのバランスをとるため、この手の書籍を読むようにしています。こういう見方もあるのだと、視点の違いに驚かされます。


6月後半は、
ジャンルがばらばらの読書でした(笑)。






旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:23Comments(0)読書録お薦めの本

2019年05月29日

かなり具体的な、早期退職の本

ファイナンシャル・プランナー仲間が
実体験をもとに出版されました。



51歳で早期リタイアした著者とは、
退職前も、退職後も、
定期的にお会いする関係です。



「本を出したから、読んで」
と言われて送って頂いたご著書。



かなり赤裸々に、
具体的な家計内容が書かれています。



藤原さん、
そんなに暴露しちゃっていいの~?

けれど読者の皆さんが知りたいのは、
「もやっ」とした一般論よりも
具体的な話でしょう。



気になる方は、
どうぞお買い求めくださいませ~。


著者は、ファイナンシャル・プランナーです。

早期退職者が実体験をもとに書いた本は多くあります。本書が類書と大きく違う点は、かなり具体的に紹介されているところです。

著者は、リタイア時の家計を詳しく、赤裸々に公開しています。その具体的数字から、将来の収支見通しをどのように試算して導き出したかについても紹介されています。

私は、著者と同業のファイナンシャル・プランナーです。お客様の20年、30年先の家計状況は、お客様自身でも明確ではありません。それでも、不透明な部分をどうにかして明確にしたうえで、将来の家計を見通すのがライフプランニングです。この点について、著者は「もやっ」とした収支を明確にする定義を設けて、明白にして将来の収支を設計しています。しかも、それが読者に分かりやすく説明されています。

本書が、ライフプランニングの専門家であるファイナンシャル・プランナーによって書かれており、かつ、ご本人が早期退職でうまくいったこと・うまくいかなかったことを盛り込んだうえでのアドバイスが展開されているため、読者ターゲットに当てはまる方が読むと、大変参考になるのではないでしょうか。

なお、出版社が近代セールス社という、ファイナンシャル・プランニング関連の専門出版社であるため、内容については信頼性があると思います。



お金と電卓


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 21:44Comments(0)ご案内お薦めの本終活

2019年05月27日

将来を見通す力が身につく

昨日に続き、
たまっていた読書記録をアップします。



後半は、
統計やファイナンス、経済に関する書籍。


統計的な思考が不足している人に限って、「〇か、×か」のような質問をしたり、結論を求めたりしているように感じます。

将来の出来事には、起こりうる可能性と、起こらない可能性があり、起こった場合のメリット・デメリット、起こらない場合のメリット・デメリットがあります。

そこを考慮した将来予測を立てられるようになると、何かの決断の岐路で判断しやすいのではないでしょうか。

本書は、生活など身近な場面で出合うデータについての適した考え方を教えてくれます。

統計を専門的に学ぶ必要はないけれど、その考え方を知っておきたいという方におすすめです。

また、玉石混交の情報の真贋を見極める考え方としても参考になると思います。



中高生向けに書かれたと思いますが、大人でも得るところが多いと思います。本書を読んで、生きたお金の使い方、「こんな使い方があるんだ」と気づかれる方が多いのではないでしょうか。

お金は、貯めたままにせず、回さなければ価値を活かせません。投資に対する本質を、もっと世の中の人に理解して頂きたいと思います。私の気持ちを代弁してくれているようでした。

また、本書からは、村上氏が投資ファンドをやっていた本当の理由も理解できるのではないかと思います。



遠藤先生が、テレビの経済番組で中国を語る時の勢いや情熱が好きで、本書を手に取りました。

実はあまり時間がなく、本書は目次だけメモを使用かと思っていました。目次だけとはいえ、興味のあるページは本文を参照するわけですが、遠藤先生の語り口調と同じく筆の勢いも魅力的で、結局全部を一気に読んでしまいました。

中国事情に精通している方にとっては、目新しい情報ではないのかもしれませんが、日本国内で限られた情報のみで「中国」を見ている者にとっては、大変参考になりました。

量子暗号、量子コンピュータ、一対一路、BRICs+などについて書かれています。強い口調で中国を批判するかに見える遠藤先生ですが、「ホァーウェイ」にこだわるあたり、やはり中国愛が根っこにあるのかな、と思いました。



会計とファイナンスの違いが、一般の読者にも分かりやすく書かれていました。

この両者の違いを、日々の生活や仕事の中で意識できると、不確定要素の多い「未来」を明るくとらえられるのではないでしょうか。

ビジネスマン向けに書かれていますが、投資家はもちろん、生活者としても、この考え方を理解し、思考や行動に結び付けられると良いと思います。

「価値」について、深く考えるきっかけになるかもしれません。



ファイナンス的な考え方を知ることで、
将来を見通す力がつくのではないでしょうか。



ファイナンスは
比較的新しい考え方なので、
発見が多く、面白いと思いますよ。

おススメです。






旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:08Comments(0)読書録お薦めの本

2019年05月23日

5年生に真面目なうんこの話、高校生にお金の話

令和元年度の
小学校での読み語りがスタートしました。



これまで「在校生の保護者」だった立場が
「地域の人」となった私ですが、
違和感なく。



今日の担当クラスは、5年生。

娘の2つ下の学年なので、
知った顔もチラホラ。



この子たちが1年生の頃から知っているので
いえ、入学前から知っている子もいるので、
5年生になった今、つくづく

「みんな大きくなったねえ」





低学年のように、
キャーキャーワーワー言ってくれなくなりました。



ですけどこの本、食育ですよ。
まじめな、保健のお話ですよ。



朝一番は小学生相手に読み語り。
そして午後は、とある高校へ。



お金の話をしに行きました。
今後、かかるであろう学費のこと。

経済的な理由で進学をあきらめずに済むために
奨学金という制度があるということ。

奨学金を返還することになる就職した後、
どんなライフイベントがあって
どれだけの支出が待っているか。

若手の収入は、いくらぐらいなのか。
お給料から税金などが引かれて、
手取りはどれぐらいになるのか。



進路選択のこの時期に、
未来の社会の担い手である彼らに、
少しでも響いてくれていると嬉しいのですが。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年04月19日

イースターバニー、夢を叶えるお話

夜空を見上げる余裕もなかった、
ここ数日。



「最近の満月は、いつだったのか」
と思ったら、今日でした(笑)。



春分の日が過ぎてから、
最初の満月の、次の日曜日。



そう、「イースター」。
今年は4月21日なんですって。



私は、高校生の頃、
月刊配本されていたお料理やお菓子の本を、
高校を通して買っていました。



その本は、
欧米の年中行事の紹介とともに
それにちなんだ家庭料理のレシピが
載っていました。

イースターエッグも。



それから30年ほど経って、
娘が幼い頃、何で知ったのか
「卵に絵を描きたい!」
と言い出しました。

イースターの季節ではありませんでしたが(笑)。


たまごちゃん


それからさらに数年後。


小学校低学年の頃に、娘が
「イースターってナニ?」と聞いてきたので、
イースターバニーが登場する
この絵本を買いました。

ふわふわしっぽ

ふわふわしっぽと小さな金のくつ


深いストーリーです。

大人でも、繰り返し読んで
かみしめて味わいたい絵本です。



子育て中のママさんで、
「社会から取り残された感」
に取りつかれている真っただ中の方に、
おススメしたいです。


==================

【追記】2019/04/19時点
上記リンク「絵本ナビ」で品切れ中です。
Amazonも見てみましたが、在庫切れ。

豊田市中央図書館には、蔵書ありました。

==================


イースターを迎えるにあたって、
今日、
ひさしぶりに『ふわふわしっぽ』を読んでみました。



みごとなワークライフバランス!
子育てをしながらでも、夢は叶えられます!



私の”金のくつ”も、大事にしなくちゃね。



ところで今年のイースター。

我が家は魔法にかけられます。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年03月29日

日常生活が心豊かになる本

今月の読書は、
ファイナンスのジャンルが多かったです。


まずは、こちら。
「リスクが価値を高めてくれる」

おお~っ! 
名言! 

と思いました。


ファイナンスを初めて学びたいと思っている方におススメです。

ファイナンスのエッセンスを、分かりやすく、身近な生活の中での事例を使って説明しています。

筆者が一番言いたかったのは「リスクが価値を高めてくれる」という、リスクテイクの意義だと思います。

しかし、一般には、リスクは避けるものと思われがちです。それでは自分の、または自分の資産の、価値を高めてくれることはできません。

また、お金の価値について、時間の概念を理解している一般の方はとても少ないので、これについて丁寧に説明している点が、おすすめしたい理由です。



ファイナンスの考えを身につけると、
日常生活が、心豊かに過ごせると思います。



ファイナンスと心豊かな生活。
対極にあるように感じるかもしれませんが、
いえいえ。

つながっています。



次はこちら。



思い込みを排除して、
多様な見方をしたいものです。


うっかり「因果関係がある」と思ってしまうことが、以下に多いことか。因果関係があるように見えて、それはただ相関関係があるだけのこと、というのはよくあります。

因果関係の証明は、容易ではないことが本書でよく分かります。
また、思い込みを排除することの重要性を、丁寧に説いています。

決めつけない、多様な見方をしたいと、改めて感じました。



そして、こちらも
思い込みで判断してはいけない、という内容。


イメージだけで、レッテルを張るのは、よくやってしまう過ちです。

本書は、データ分析のプロではなく、情報を読み解くプロが書かれた本です。だからこそ、数字だけでは判断を誤る事例を数多く列挙できたのだろうと思います。

データを扱って仕事をしている身としては、肝に銘じておきたいことが盛り沢山でした。

「思い込み」で判断しないこと。大切です。



最後に、
苦手な早起きを克服しようと思って……


早起きは、寝る時間でコントロールする。
分かっているものの、その日に終わらせるべきタスクが、夜中まで終わらないことがしょっちゅうです。

ということは、寝る時間をコントロールするために、日中の無駄をどれだけなくすか。

生産性の低い行動を、いかに減らすか。
行動の見直しが、早起きにつながり、早起きが行動の意識を高めるという理想的な循環になるような気がします。

本書は、そのための具体的な方法がいくつか述べられていますが、結局は自分が自分に合った方法を見つけ出すのが一番だろうと思います。



読み終えてから何日か経ちますが
やっぱり実践できません(苦笑)。

無駄に思えて、無駄でない行動もあるし、
必要だと思って費やした時間が、
ただの浪費した時間だったということもあります。



価値の見極めは、難しいですね~。


本とハーブティー




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 16:00Comments(0)読書録金融のこと、お金のことお薦めの本

2019年02月28日

2月はあっという間!

28日間しかない、2月。

31日まである月に比べると
3日少ないだけですが、
1割も日にちが少ないって、
かなり大きいと思いませんか?



で、読書もあまり進みませんでした。
(言い訳……)


「ほぼ日」が上場した時は、私も驚きました。

私は、ほぼ日手帳、ほぼ日カレンダーを愛用し、ほぼ日ストアのこだわりをよく知っているつもりです。
これらのこだわり抜いた商品を提供する経営は、株主の顔色を見てしまうと成り立たないのではないかと思ったからです。

けれど、違ったようです。

ほぼ日の株を持ちたいと思う投資家は、ほぼ日だから株主になりたいんだ! 

本来の株主って、こういうものだよなあ、とつくづく思いました。基本に立ち返って、株主投資のあり方を伝えていきたいと改めて感じさせられました。



『ほぼ日』の後は、セゾン。

どちらも、
おしゃれでクリエイティブな感じの企業で

でも経営の視点で書かれた2冊は
続けて読んで面白かったです。


長年、取材を重ねてきた記者の書。
メチャメチャ面白かったです。

80年代後半から90年代初頭のセゾンや西武百貨店は、感性豊かで好きでした。無印良品、ロフト、今でも好きです。

西武鉄道の不祥事から上場廃止になった時は、とても残念でした。堤家のごたごたは、当時あまり興味がなくよく知ろうともしなかったのですが、本書でよく分かりました。
(この章だけが、暗い印象です)

最終章で、人間としての堤清二に視点を戻して頂き、改めてクリエイティブなセゾングループの余韻に浸ることができました。



私は個人事業主なので
上司や同僚がいません。

社内の人間関係に関する
男女差について書かれた本でしたが

家庭内の性差として読み取っても
納得のいく点がたくさんありました。


男って、めんどくさっ!
持ち上げてあげないと、
生きていけないのかね(笑)。


社内の人間関係を想定した記述ですが、プライベートの男女間でも通用する内容です。

男は、結果や順位、上下、優劣にこだわる(縦へのこだわり)
女は、過程やプロセス、感情、共有、助け合いにこだわる(横へのこだわり)

確かに。確かに。

本質的に、モチベーションとなるきっかけが違うのですね。

それを踏まえて、表向きは夫を立てておくことにしましょう。その方が、何かとスムーズに事が運びます。



次は、ガッツリ勉強になった本。

歴史の流れと合わせると、
今まで「どうして?」と思っていた
いくつかの疑問が解消されました。


私は、経済も決算書も学術的に学んだわけではありません。証券会社に勤務した後、ファイナンシャル・プランナーとして独立し、実務を通じて学んできました。

歴史から学ぶと、知識として理解しやすいです。

バランスシートの誕生、会計制度が必要だった背景、蒸気機関車の発明と共に「儲け」のルールが制度化され、お金の記録に時間軸が取り入れられた発生主義への発展、経営分析の必要性、などなど、20世紀までの会計の歴史からは、知っているようで知らなかったことがたくさん学べました。

21世紀に入ると、自分でも経験している世界なので、また違った面白さを感じることができました。

絵画や映画、音楽などの芸術の歴史やエピソードと関連付けた構成です。
私は苦手ですが、芸術分野に関心のある方には、より面白く読んで頂けるのではないかと思います。



2月の最後は、こちら。
目からうろこがボロボロ落ちました。


ファイナンスの本かと思えば!
生き方の指南でした。5,6時間あれば読了できます。
数字や金融が苦手な方でも、ぜひご一読を!


ファイナンスは無機質なものというイメージかもしれませんが、「価値」は人間の判断や感情が数値化されたもの。つまり人間あってのファイナンス。

面白い視点です。

「いろいろな経験を積むことで、選択肢が増える」という生き方指南を、「オプションの価値が生じる」ことだと。

人間関係の濃さを、ファイナンスの「ベータ」で表現するあたりも面白い。

「自分の時間と労力をどのように配分して、満足を得るか」→まさにファイナンスの視点です。

「与えられた才能を100%発揮しなければならない責任」「生まれ持った才能以上のものを世に返す」

なるほど、金融工学がこのように「人」に紐づけられるとは。確かに、人生はたくさんのリスクが待ち受けています。リスク管理のためにも、一般の方がファイナンスを学ぶのは有効ですね。



そうそう。
2月いっぱいまでしか販売されないという、
冬のお菓子。

うすらひ


名城公園近くの「亀広良」さんの

うすらひ


先日やっと、買いに行くことができました。
こしあんがとてもきめ細かく、
繊細なお味がします。

うすらひ2

また来年です。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:21Comments(0)読書録お薦めの本

2019年02月21日

学校の梅がきれいでした

今日は小学校の読み語り。

今年度は、
今日を含めてあと2回です。



今日は久しぶりに娘のクラス。

なんと日直が娘で、
号令をかけてもらいました(笑)。



年度後半は、
6年生のクラスに1回ずつ予定していて
各学級で『からすたろう』を
読んで行っています。



ということで、今日も『からすたろう』。



終わって外に出てみたら
梅がとてもきれいでした。

青空に映えます。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年02月07日

やっぱり神だわぁ

今日は、
小学校の読み語りボランティアでした。

担当したのは、支援学級。



『ぺんぎんたいそう』が
大好きな子たちなので、
まずは

「いきをすって~」

と、ぺんぎんたいそう。




次に、
五味太郎さんの
『ぞうは どこへもいかない』。



ページをめくるたび、子ども達が
絵本の世界に引き込まれていきます。



ゆっくり、ゆっくり。

絵を楽しみながら。



読み語りの時間は10分。

3冊目に進みます。



長新太さんの
『どろにんげん』。



これも不思議な世界。

どろにんげんと、たこさんに
くぎ付けになる子ども達。



私も、とても楽しい時間でした。

そんな時間を過ごさせてくれる、
五味太郎さんと、長新太さん。



絵本の神だわぁ。


五味太郎 長新太


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子




  

2019年01月20日

ジェンダーと経済史を学びました

お正月休みを通して、
移動中に細切れに読書ができたのですが

なんせ
アカデミックな難しい本だったので
時間がかかってしまいました。


けれどちょうど
ジェンダーについてコラムを書いていたので
非常に参考になりました。

米国は、日本よりも男女参画が進んでいると思っていましたが、日本とそう変わらない水準なのかもしれません。。

折しも、世界経済フォーラムから2018年のジェンダー・ギャップ・指数が発表され、たまたま私もコラムでこれに関する記事を書くことがあり、ジェンダーについて調べている最中に、本書に出合いました。


アカデミックに、エビデンスに基づいた記述は、多少難しいけれども信頼感があります。

数々の実験の結果が記されていて、軽いビジネス書とは一線を画した信頼感があります。

行動経済学に基づいてジェンダーの問題に切り込んでいる点が、類書にない視点だと思います。女性で結婚・出産を経てもずっと働いている私ですら、無意識のうちに性差の思い込みを抱いていることに気づかされました。

ただ、男性ホルモン、女性ホルモンの働きで男女それぞれに得意な役割があることは肯定したいです。それを活かした男女の立ち位置があって、無理にすべてを男女同じ条件にするよりも、むしろ性差を効果的に使うことができる分野は意外と多くあるのではないかと思いました。

投資に携わる身としては、第13章「透明性を高める」が情報として役立ちました。



次は、
昨年から読みかけだった
経済史の本。

著者 : 横山和輝
東洋経済新報社
発売日 : 2018-09-21
歴史の本なのか、経済の本なのか……いえ、ジャンルを分けることはナンセンス。過去から現代まで、お金は経済の血液であり続けてきましたし、現在の経済は、過去の積み重ねでもあります。

歴史というと時系列に記述されるのが通常ですが、本書は、ジャンルごとに歴史を追っているので、興味のあるジャンルを読むだけでも良い構成になっています。

貨幣として金と銀が使われていた理由が分かったり、学生時代に学んだ(というより暗記だけしてきた)史実が、経済の流れの中で必然的だったことが分かったりして、面白かったです。

個人的には「株式会社の経済学」の章が、いままでぼんやりと疑問に思っていた点などが解決できて、学びが多かったです。

著者の横山先生の別の本も読んでみたくなりました。



田沼意次、金本位制、財閥、徳川吉宗の財政再建……。

学生時代に習った記憶があるけれど
ちゃんと理解していないこれらが
本書によってよく分かりました。



職業柄、
経済史は学んでおきたいので
またこのような本を
読んでみたいと思いました。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 21:17Comments(0)読書録勉強のことお薦めの本