2017年11月19日

自分のココロは大事ですね

「お母さん、これ面白かったよ」



平成24年度の課題図書。

先日、
コミュニティーセンターの図書室に行った時、
娘が持ってきました。



学校の図書室にあって
読んだことがあるらしい。



私にも読んでほしいそうで、
私のカードで借りるようにとの指示(笑)。



詰まっていた仕事が一段落したので
昨夜、読んでみました。



なるほど、

娘が勧めてくれるだけあって

響きました。



主人公は小学校3年生ですが

私も「ぼく」のように
まだまだ
ココロの成長過程かもしれません(笑)。



むむむ?

娘は、
私の未熟なココロにぴったりとでも
思ったのかも!?



時々、
私よりも大人な発言をするように
なりましたからね。



娘の狙いがあったかどうか
分かりませんが



たまには
落ち着いて自分のココロに
向き合う時間も必要ですね。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:09Comments(0)お薦めの本

2017年11月16日

ぺんぎんたいそう ウケる~

「ぺんぎんたいそう」

ウケます!



今日は、朝一番に
小学校の読み語りボランティア。



久しぶりに
1年生のクラスに入りました。



冷え込んだ朝だったので、
まずは「ぺんぎんたいそう」から。



無邪気な1年生は
一緒に体操してくれます^^



ノッてきたところで科学絵本。
「あかいみ みつけた」




冬になると
赤い実をつけた木が目につきます。



それが驚くことに
赤い実をつける木は
たくさん、た~くさんの種類が
あるそうです。



という解説を読んでから
赤い実の木を見ても
違いが分からないんですけどね(笑)。



3冊目も科学絵本。
赤い実を見つけた後は、
てんとう虫を見つけました!



「てんとうむし みつけた」


意外と笑えます。

子ども達にも楽しんでもらえました。


低学年の読み語りは
素直に反応してくれて
本当に楽しいです。



今日も元気をありがとうハート


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年11月06日

お金は幸せ交換チケット

お金は、
「たくさん持っていればいい」
というワケではありません。



何か素敵なモノや
楽しむことに交換して、
幸せに過ごすためのチケット。


それがお金です。



そのチケットを手に入れるには、
誰かを喜ばせなければなりません。

それが働くということ。



サービスを提供したら
お客様が喜んで代金を支払ってくれる

会社の一員として貢献したことを
経営者が喜んで、
お給料を払ってくれる

あなたの手で製作したものを
欲しいと思う人が代金を払う

不要になったものを
譲って欲しいと願う人が
それに見合う代金を払ってくれる



そうしてあなたは、
チケットを手に入れる



手に入れたチケットを

金庫にず~っとしまっておくか、
素敵な品物と交換するか、
楽しいことと引き換えるか、
安心感を得るためにとっておくか、

それはあなた次第。



お金は、

使って初めて
意義のあるものになるのです。



子育て中のパパ、ママに
お勧めしたい本に出合いました。



何気なく手に取った

お金のモラル』。


ふだん、
私がみなさんに言い続けていることと
同じご意見の著者さんです。



この著者さんに
お会いしてみたいなあ~!

お話が弾みそうハート



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

Posted by FP石原敬子  at 22:32Comments(0)金銭教育子育てコーチングお薦めの本

2017年11月03日

イチオシは「孫氏300年」今日は「破たん20年」

10月後半は、
原稿を書いたりする業務が多く、
本を読んだら読みっぱなし汗


Booklogの記録をためこんでしまいました汗


孫正義氏の「野望」は、
賛否いろいろあるかもしれませんが、

「とりあえず読んでみて!」

と言いたいですね。

著者 : 杉本貴司
日本経済新聞出版社
発売日 : 2017-06-15
賛否両論あるかと思いますが、とても面白く読めました。

孫氏をずっと追いかけてきた新聞記者さんだからこその視点や、ソフトバンクグループの内情を、飽きることなく先へ先へと読みたくなる展開でした。

読みやすかった一因として、過去を語る時に社会現象や環境に1項を費やすほど背景を丁寧に説明しているので、当時のニュースなどを思い起こしながらストーリーを追うことができた点があると思います。

褒めどころは「自分の頭で考えたかどうか」子育てでも同じだと思います。

「執念」「高い志」……足下にも及びませんが、私も持ち続けていきたいと胸に刻みました。




「ミスター円」の榊原氏

こんなに人間臭い方だとは
思っていませんでした。

財務官の頃の、あの鋭い目。
本書は、柔らかく目を細めて、
日本の未来をゆっくり眺めているように感じます。

個人の生き方に関する内容かと思いましたが、日本の将来への道筋についての提言でした。

「ミスター円」と呼ばれた榊原氏の著書としては、これまでと違う趣向で、その点が一番面白かったです。

農業分野のブランドについて、地域の名前を冠するよりも国産はすべて統一したほうが海外に向けて日本力を発揮するのではないか、というご意見です。ごもっともだと思いました。

江戸後期と現在の低成長は類似している。したがって低成長に見合う政策転換が必要……実現すれば、桃源郷です。AI,IoTという時代を迎えつつも、とても人間的な時代で、むしろ心が豊かな暮らしができるのではないかと思います。

実現してほしいものですね。



次は、
ベストセラー2冊を続けて読みました。

ベストセラーということで手に取りました。

タイトルからして米国人がかかれたと思いこんでいましたが、ページをめくり出して初めて著者が日本人と気がつき、驚きました。

スタンフォードの人気教授の授業を紹介するという構成は、面白い企画です。興味のある分野だけ読んでも良いかもしれません。

とはいえ、厚みの割には読みやすく、あっという間に読了できました。

前半はマーケティングや経営手法の話。後半は人間力に関する話。

私は後半の方が面白かったです。コミュニケーション、マインドフルネスなどに関する記述です。
たとえば「希望的観測は述べないこと」などは、勉強になりました。

私は、つい、相手の心地よい言葉を発してしまいがちなので「希望を持てる言葉で真実を伝える」ことを忘れないようにしたいものです。



よく売れているということで読んでみました。

前半は、時系列に将来の予測を記載しています。
後半は、前半で述べられた将来の予測に対する処方箋です。

前半は、日常的に新聞を読んでいれば、折に触れて報じられている内容です。ただ、年を追うごとにショッキングなことが続くので、このように並べ立てて読んでいくと悲壮感が漂います。

後半の処方箋は、本気でこれらの問題の取り組まないといけないと痛感させられるほど、考え方をドラスティックに変える必要性を感じました。

繰り返し「戦略的に縮む」という言葉が出てきました。成長するばかりが良いわけではない、成熟社会にマッチした政策や思考に切り替えた方が居心地がよさそうです。



『「今日よりいい明日はない」という生き方』
の榊原英資氏と

『未来の年表』
の河合雅司氏は

同じようなご意見を持っているようです。


そしてその後、
ゆっくり、のんびり
リラックスして読めた2冊。


不思議と、あったか~い気持ちになりました。

昭和は、泥臭かったかもしれませんが
人間が自分の足で立ち、自分の頭で物事を考え、情でつながっていた時代だったと思います。

もうすぐ、平成が終わり次の時代がやってきます。
昭和を忘れてしまいたくない気持ちになりました。

便利なものに囲まれ過ぎて、人間が考えることをせず、このままいくと人間の脳は退化してしまうのではないか、とさえ思います。


老いてなくても、笑顔は大事ですね。

先手を打って「ニコニコ」
常に心に留めておきたいものです。

「サンキュー」をじわじわと浸透させる、その張本人を目指しましょ!

タイトルで読者層が絞られそうですが、どんな年代の方にも大切なことがたくさん書かれています。



先手を打って「ニコニコ」

あいさつの達人。


見習います!!




アッ!!




朝は覚えていたのに!
今日は!

三洋証券の破たんから20年でした。

一日過ごしていたら忘れちゃうほど、
時が経ったんですねぇ。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:50Comments(0)読書録お薦めの本

2017年11月01日

電子書籍を全冊無料で「大人買い」

急な連絡に、目を疑いました!



全冊無料のキャンペーンだそうで!



季節ごとに発刊している 四季報

……じゃなくて(笑)。

ファイナンシャル・プランナー・マガジン


編集長より、
【文化の日記念無料キャンペーン】
をするとの連絡が!




11月3日は文化の日です。

そこで、文化の日を記念して、
なんと

「全冊無料ダウンロード」キャンペーン

下記日程で開催させていただきます。



FPMAGを、
全冊「無料」でダウンロード頂ける機会は
なかなかありません。



3日間限定のビックチャンスです。

どうぞお見逃しなく!



・日時:開始11月2日(木)17:00 ~ 終了11月5日(日)16:59


(Amazonの都合で開始時刻が遅れる場合があります。
ダウンロードの際は必ず価格0円をご確認ください)

Amazon ダウンロードページは
こちら


私は、
『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』の

1号から18号まで、
全て寄稿しています!


ぜひ、このチャンスに
全冊無料の大人買いを!

アマゾンのサイトから
ダウンロードして頂ければOK!



kindle端末がなくても、
パソコンやiPhone、Androidのスマホでも
アマゾン専用アプリで読めますよ!



どうぞよろしくお願い致します!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  


2017年10月20日

教育費のおすすめ本

今日は、
お友達の本をご紹介します。



私が豊田に移ってからは
年に数回、
会うだけになってしまいましたが
会うといつも元気をもらいます。





彼女が日経出版社から出す

『「●●」と思ったときにまず読む本』シリーズは、

出すたびに大ヒット。
しかも、長く売れ続けています。




難しいことを分かりやすく、
具体的事例に必要なポイントを押さえ、
論理的に、でも簡潔に
解説するからだと思います。



忙しいはずなのに
個人相談も丁寧で。



机上の空論ではなく
実務を重ねているからこそ
内容がリアルなんだろうと
思います。


教育費が気になる方に
新刊、お勧めですよ!


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子






  

2017年10月16日

1つ習慣にすると、大きく変わる

今年は、
生活リズムが整ってきたと
実感できる年。




一番は、
午前中のうちに
お風呂掃除ができていること。



それまで、
お風呂掃除は夜までやり残し。
夕飯のお皿洗いをしながら
夫がお風呂を洗ってくれないかと
イライラしていました。



お風呂を
朝のうちに洗えていなかったのは、
朝の時間に余裕がなかったことが
最大の理由です。



娘が大きくなって、
朝の支度に
私の手を煩わせなくなりました。

そのため、
お風呂も洗えるようになっていました。



そうだ。

夜にイライラしないですむには、
自分でお風呂を洗っちゃえばいいんだ!



それだけ。
簡単なことです。



こども園の送り迎えもしないんだし、
やる気になれば、
お風呂ぐらい洗えます。



その習慣が一度身につくと、

朝にお風呂を洗ってしまわないと
外出や他の仕事をやれない!


という気分です。



この効果は大きい!

夕飯後の生活が整いました。



他のことも習慣化できるように
波及してきました。

例えばブログ。
サボってばかりでしたが、
もう5ヵ月ほど毎日アップしています。

例えばヨガ。
週2回ペースのレッスンを
キープしています。

ヨガといえば、最近は
朝目を覚めてすぐに
太陽礼拝を習慣づけようと
いま10日目ぐらいです。


少しずつ
自分が変わっていくのを
実感しているこの最中に

読んでみました!

習慣化することで、それまであんなにも面倒だと思っていた作業が「やらずにいられないこと」に変わるーーー今年になって、体験から学びました。

本当にスムーズです。

習慣化のすばらしさを、身を持って体験した後に本書を読んだため、内容のほとんどが腑に落ちました。

発見があったのは、習慣化の方法や作り方、仕掛けや考え方が、その人のタイプによって異なるということです。

なるほど、自分に向いた方法や仕掛けで習慣を作っていけば、向ける意識ややり始めのエンジンも軽くて済みます。

習慣化の効果を実感している今、理論武装ができて良かったと思いました。

習慣をつくることに限らず、自分自身の性質をよく知ることは、負荷をかけずに行動したり、何かを身につけたりするのに効果的。自分を見つめることは大事ですね。



あ、そうそう。
この前にもう一冊
読んでいました。


読み始めたと思ったら
衆議院解散。
希望の党発足。

タイムリーだわ~

報道などで伝わる小池都政は、直にご本人が語る言葉とギャップがあるのだろうか、それとも本意がきちんと伝えているのだろうか、と興味を持ち、本書を読みました。


読んでいる間に、政局がどんどん変わり、あれよあれよという間に衆議院の解散、都民ファーストから希望の党へと目まぐるしく情勢が動いていきました。

公示日までは、小池氏が衆議院議員に立候補するのかしないのか、に注目が集まっていましたが、本書を読めば、「それはあり得ない」と確信できました。

本文中に「腹を据えてやらないといけない」という記述がありました。その覚悟、見習いたいと思いました。一番心に残った言葉です。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



  

Posted by FP石原敬子  at 23:33Comments(0)コーチング読書録お薦めの本

2017年10月12日

絵本を読んで、図書室飾って

今日は
小学校で絵本の読み語り。



以前、
こちらのブログでも
ご紹介した

『おかねのきもち』

を読みました。




3年生のクラスです。

ちょっと絵本のサイズが小さめなので
30数名の児童では厳しかったかなぁ。


でも鮮やかではっきりした色使いなので
なんとか見えていたのかもしれません。



知っている子が4、5人いたので、
今度会ったら感想を聞いてみます。



読み語りは10分間で、
これ1冊でギリギリです。

ちょっと早口になっちゃうぐらい。

今後、
他のクラスでも読みたいんだけど

メリハリをつけて、
少し早口で良いところは
リズミカルに、
かみしめて聞いてもらいたいところは
ゆっくりと読みたいものです。



読み語りの後は、
図書室の飾りつけなどのボランティア。


今月から天井飾りは
秋モードになりました。




旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年10月08日

AIの時代でもお客様は「人」

今週は
読みかけだった「ケインズ」

読了しました^^



私は
心理学を専攻し、
経済は無縁でした。

FPという仕事なのに

じつは

経済の基礎的な知識がないんです。

なので、コツコツと勉強。

前半は、ケインズの伝記。後半は、ケインズの政策や理論の解説です。

両輪が機能していると感じた私は読みやすかったです。

けれど、読む方の目的によっては前半だけ、もしくは後半だけで用は足りるかもしれません。

前半部分は、登場人物のファーストネームとミドルネームが混在するので、混乱しがちでした。
(それは読者である私の、能力の問題かもしれませんが)

どちらかといえば後半の方が読みごたえがあり面白かったです。一般に伝わっている「ケインズ主義」は、ほんの一面だということが分かりました。

ケインズは、臨機応変に、状況に合わせて考えを変えていたのです。この点は大変興味深く、また、大切なことだと思いました。

経済を勉強している学生さんや、若手のビジネスパーソンの中で、丸暗記の苦手な方はこのようなストーリーでケインズを知ると理解しやすいのではないかと感じます。



次は

少し余裕があると
ダレてしまうこの性格を

何とかしたいと思って……

自分の「やる気スイッチ」をONにし、「緊急かつ重要なこと」にスムーズに取り掛かり、効率よく仕上げたい

という目的のために、手に取りました。

特に目新しい技はなく。
精神力じゃなくて仕組み作りが大事、とのことです。

私としては、いままでトライしてきた仕組みが機能していないので何とかしたい……結局、自己管理の甘さが問題なのかなと。

本を読んで行動を起こすなどという他力本願ではなく、いろいろと試して自分にフィットする仕組みを見つけ出して行こうと思います。



自分のモチベーションは
自分で何とか動かさないと。


だけど今年になって、
習慣化した「お風呂掃除」。

午前中のうちに
お風呂を洗うことを習慣づけたら
苦にならなくなりました!

やっとです(笑)。


そして

意外とボリュームがあったのですが
一気に読んでしまったこちら。

著者 : 岡内幸策
日本経済新聞出版社
発売日 : 2017-06-02
「銀行員を応援するつもりで書きました」と、著者は「終わりに」で書かれていました。

銀行業界や金融を取り巻く環境について、現状把握や今後の展開が予想でき、意義のある書籍だと思います。

3章、4章はAIやフィンテックの解説になっていて、今後必須であるこの分野の知識が乏しい方には、「一粒で二度おいしい」的な章かもしれません。

結局は人間力がものをいうという主張は、同感です。

AIが台頭する時代が来ても、AIを活用する人間の能力がなければ、AIの機能が十分に発揮できないことでしょう。

AI×人間 で、未来を明るくできますように。

金融パーソンでなくても、金融を利用する一般の消費者にとっても、時代の変化についていく必要があり、このぐらいの知識は持っておきたいものです。



銀行員に限りません。

どんな仕事でも、
仕事じゃなくても社会にいる限り

持っていたいスキルは

「人間力」

これに尽きると思います。


AI時代になっても、
お客様は「人」ですからね。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年09月24日

おかねのきもち

少し前に、
ファイナンシャル・プランナー仲間から
教えてもらった絵本。

おかねのきもち



おかねが嬉しいのは、
どういう時なのでしょう。



おかねは、
仲間が増えると嬉しいかな?

貯金箱の中で
落ち着いているのが嬉しいかな?

持ち主の手元で
かわいい、かわいいって
大切にしてもらうのが嬉しいかな?

次から次へと
いろいろな人のところに
渡り歩くのが嬉しいかな?



人間は、
誰かの役に立った時、
とても嬉しいです。

きっと

おかねも

誰かの役に立った時が
嬉しいんじゃないかな?



ちょっと小さめサイズの絵本ですが、
小学校の読み語りで
定番の一つにさせてもらおうっと。



もちろん

みなさまにも、おススメですよ!




旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子