2019年09月19日

連投です(笑)

(ネタの使いまわし、笑)

昨日のブログ
フリーぺーパーPIPOで「ねんきん定期便」について
書いたことを紹介しました。



ちょうど執筆時期が近かったので、
日経の読者向けサイト
club Nikkey(クラブニッキィ)」でも、

「公的年金の受取見込額を知る」
というテーマのコラムをアップしました。



こちらはPIPOよりボリュームがあるので
より詳しく説明ができています。



また、
会話形式で説明しているので、
分かりやすいと思います。



気になる方は、ぜひご覧ください!

club Nikkey
公的年金の受取見込額を知る





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年09月18日

PIPO「ねんきん定期便」

今月のPIPOでは

「ねんきん定期便」

について、書かせて頂きました!



年に1度、
お誕生月が来ると郵便で届きます。



ねんきん定期便は、
50歳を境に、内容が変わります。



50歳未満は、今までの加入履歴から
受け取れる年金額を計算しています。

50歳以上は、
現在の働き方を60歳まで続けた場合の、
受取年金見込額が書かれています。



「老後の生活費2000万円不足問題」が
話題になって以後、
個人の方からの家計相談が増えています。



ねんきん定期便は、
老後の生活設計を立てる場合の
大事な資料になります。



なお、
ねんきん定期便には
厚生年金基金から受け取れる
年金額は記載されていません。



ねんきんネットを見ると、
厚生年金代行部分が書かれています。



ぜひ、ねんきんネットも見てみて下さいね。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年09月14日

第4水曜日「ゆる~いお金の勉強会」

毎月、MAMATOCOレンタルルームに集まってくる、
子育てコーチングかいのメンバーから、
お金の話を聞きたい~!
という、
嬉しいリクエストを頂くので、
定期開催をすることにしました。



コーチングのメンバーを問わず、
どなたでもご参加いただけます!



「ゆる~いお金の勉強会」

毎月第4水曜日 13時~15時




参加費は、500円。
場所は、MAMATOCOレンタルルーム。
(アクセスはこちら



テーマは、毎回、ある程度設定します。



9/25(水)は、

「親が認知症などになった時、親のお金はどうする?」




原則として、
預貯金などは、名義人本人でないと
引き出しができないことになっています。



そのため、一般に、
認知症などで判断力が低下したり、
病気などで意思表示ができない状態になると、
その人名義のお金をおろすのが困難になり、
家族が大変な思いをすることに。



高齢化社会を迎えて、
その対策となり得る制度が
徐々に整ってきています。



例えば、
成年後見制度や、民事信託などのしくみ。



親御さんのいざという時のために、
子として知っておきたい
基本的な知識をお話しします。




お申込は、下記にメールをお願いします。

info@keikoishihara-fp.jp

件名:9/25勉強会



10月も、第4水曜日の13時~15時で、
また違うテーマを予定しています!



ご興味のある方は、どうぞお越しくださいね!

MAMATOCO正面



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子










  

2019年08月29日

親が認知症になったら、お金の管理はどうする?

月に一度、日本経済新聞社の
読者向けサイトでコラムを書いています。

club Nikkey(ニッキィ)



連載しているコーナーは
石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ




今月のテーマは、
親が認知症になったら、お金の管理はどうする?
です。



認知症などで判断能力が衰えると、
契約などの重要な用事が困難になります。




判断能力がないと、
お金を預けるだけでなく、
おろす行為も、できなくなります。

金融機関側が、ストップをかけるのです。
このことを「預金が凍結される」などと
表現することがあります。



しかし、
認知症などになれば、介護費用など
お金をおろさないわけにはいかなくなります。



預金が凍結されないためには、どうしたら良いか?


「任意後見制度」と「家族信託」について
簡単に説明したのが


親が認知症になったら、お金の管理はどうする?
です。

ご興味のある方は、どうぞご覧ください。






旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年07月02日

終活で、預金や証券をどう管理する?

先日、
私が所属している「NPO法人 ら・し・さ」の
終活講座で講師を務めてきました。



行事や総会などがあっても
なかなか上京しないので、

「講師なら、来ざるを得ないでしょ」

と、半ば強引に(笑)、呼び出されました。

32回終活講座


その際、お話したのは、
終活で、預金や証券をどう管理する?
ということ。



具体的には

高齢者の金融資産の内訳(平均)、
終活における、金融資産の管理、
10年以上放置された預貯金の取扱い、
証券会社に口座がある人が死亡した時の手続き方法

などについてです。



その時のレポートがアップされました。

“ら・し・さ”の終活講座 第 32回 『金融の基本とグリーフケア』


日帰りで東京に行き、
駆け出しのころにお世話になった方々に
久しぶりにお会いできた、
とても楽しい1日でした。



仕事とはいえ、
とても良い気分転換になった日です。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年06月21日

旧姓で呼ばれる、居心地の良い空気感

今日は、日帰りで東京。

NPO法人 ら・し・さ終活講座
講師を務めてきました。



豊田に来てからというもの、
NPO法人 ら・し・さ」に
なかなか顔を出さない私。

「講師なら、出て来れるでしょ」

と、ご指名を頂きました。



ユーキャンが通信講座を行い、
NPO法人 ら・し・さ」が認定をしている
終活アドバイザー」という資格があります。



終活アドバイザーの資格を取った後に
知識をブラッシュアップしたり、
資格者同士の交流を深めたり、という機会のため、
また、
終活に関心のある一般の方のためにも、
終活講座
を開催しています。



今日の私の話は
「もう『実務経験がないから…』とは言わせない、
金融アドバイスのトリセツ」


32回終活講座



終活講座」の運営スタッフは、
私が独立したばかりの頃から
お世話になっている方々です。



私を旧姓で読んで下さる、みなさんです。



今日も
「ヨコタサン」
という響きがとても心地よかったです。



仕事でつながっている関係なのに、
うちの娘のことを
とてもかわいがって下さいます。



娘を身ごもった頃は、お腹をさすってもらい、
ヨチヨチ歩きになった頃は、だっこをしてもらい、
小学生になった頃は、旅行も一緒にさせて頂きました。



だから、
懇親会に出られずにとんぼ返りする私を
無理に引き留めることもありません。



娘を学校に送り出して、私が家を出て
夫と娘が夕飯を食べ終わった頃、
私は家に着くことができました。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 22:44Comments(0)セミナー・勉強会・座談会終活

2019年06月04日

オリジナル資料作成中!

久しぶりに
セミナーのオリジナル資料を
作成しています。



このところ、
ご依頼いただいて派遣される
という形態で講師をすることが多く、
依頼元が用意したスクリプトに沿って
話をするというパターンがほとんどでした。



セミナーでは、
経って話をしている間だけが
業務にかかる時間ではありません。



自分で話をする骨子を考え、
講演資料を作るところで
かなり時間を使います。



伝えたい話の構成を練り、
アイディアを盛り込み、
分かりやすい資料を作成します。



この作業が最も大事なところ。

話をしている時間なんてあっという間です。


猿投台


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 23:28Comments(0)セミナー・勉強会・座談会終活

2019年06月03日

終活講座で「金融アドバイスのトリセツ」

今でこそ「終活」は
多くの人が気になる話題です。



けれど、
NPO法人 ら・し・さを設立した2003年ごろは、
エンディングノートの話をしようものなら
「縁起でもない」
と言われたものでした。



豊田に来る前は、
月に数回顔を出していたNPO法人 ら・し・さの集まりも、
今ではなかなか足を運べなくなってしまいました。



久しぶりに話をさせて頂きます。

-------------------------------------------------------------------

【第32回終活講座】 『金融の基本とグリーフケア』

第1部:「もう『実務経験がないから…』とは言わせない、
                  金融アドバイスのトリセツ」

   講師:石原敬子 CFP/終活アドバイザー


第2部:「大切な人を喪ったグリーフ(悲嘆)とそのケア」
   講師:斉藤弘子 死生学等の講師/終活アドバイザー



日 時 : 2019年6月21日(金) 13:40~16:40

会 場 : TKP東京駅前会議室 カンファレンスルーム1
(東京都中央区日本橋3-5-13 三義ビル2F)



【第1部】

財産管理の基本である金融機関や金融商品の
基本知識のおさらいと、
終活における金融分野 のアドバイスに役立つ
実務のノウハウをお伝えします。

【第2部】
終活を心の面から支える「グリーフケア」です。
大切な人との別れの悲嘆を、
どのように受け容れて乗り越えていけばよいのか、
周りの人たちは、どのように寄り添っていけばよいのか、
学びます。


-------------------------------------------------------------------

どなたでもご参加いただけます。

詳しくは、NPO法人 ら・し・さ のHPをご覧ください!


東京で話をするのは久しぶりです。

もともと開業したのは千葉県でしたから
東京近郊には同業者仲間が多く、
とても楽しみにしています!






旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年05月29日

かなり具体的な、早期退職の本

ファイナンシャル・プランナー仲間が
実体験をもとに出版されました。



51歳で早期リタイアした著者とは、
退職前も、退職後も、
定期的にお会いする関係です。



「本を出したから、読んで」
と言われて送って頂いたご著書。



かなり赤裸々に、
具体的な家計内容が書かれています。



藤原さん、
そんなに暴露しちゃっていいの~?

けれど読者の皆さんが知りたいのは、
「もやっ」とした一般論よりも
具体的な話でしょう。



気になる方は、
どうぞお買い求めくださいませ~。


著者は、ファイナンシャル・プランナーです。

早期退職者が実体験をもとに書いた本は多くあります。本書が類書と大きく違う点は、かなり具体的に紹介されているところです。

著者は、リタイア時の家計を詳しく、赤裸々に公開しています。その具体的数字から、将来の収支見通しをどのように試算して導き出したかについても紹介されています。

私は、著者と同業のファイナンシャル・プランナーです。お客様の20年、30年先の家計状況は、お客様自身でも明確ではありません。それでも、不透明な部分をどうにかして明確にしたうえで、将来の家計を見通すのがライフプランニングです。この点について、著者は「もやっ」とした収支を明確にする定義を設けて、明白にして将来の収支を設計しています。しかも、それが読者に分かりやすく説明されています。

本書が、ライフプランニングの専門家であるファイナンシャル・プランナーによって書かれており、かつ、ご本人が早期退職でうまくいったこと・うまくいかなかったことを盛り込んだうえでのアドバイスが展開されているため、読者ターゲットに当てはまる方が読むと、大変参考になるのではないでしょうか。

なお、出版社が近代セールス社という、ファイナンシャル・プランニング関連の専門出版社であるため、内容については信頼性があると思います。



お金と電卓


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 21:44Comments(0)ライフプランご案内お薦めの本終活

2019年03月19日

有効に活用されているのって、嬉しい

今日は、
豊田市中央図書館とみずほ銀行共催の
『終活セミナー』
を拝聴させて頂きました。

もちろん、一般市民として。



そこで配布された、エンディングノート。





終活の専門集団、
NPO法人 ら・し・さ』。

私は設立当時からのメンバーです。

その頃の私は、
千葉県に事務所を構え、
業務も首都圏が中心でした。



NPO法人 ら・し・さは、
エンディングノート製作の草分け的な存在です。

平成16年にエンディングノート
(名称は「ラスト・プランニングノート」)を製作、
終活ブームの前に、発売しました。



NPO法人 ら・し・さのエンディングノートは、
リニューアルをして、現在は
ら・し・さノート』になっています。

このノートはNPO法人 ら・し・さオリジナル版ですが、
実は、
形を変えて、日本全国で活躍しているのです。



金融機関などが顧客向けに進呈する
エンディングノートとして、
より多くの方に使って頂いています。



それが、冒頭のセミナーで配布された
エンディングノート。



このように、
有効に活用されているのは
とても嬉しいことです。



今日の講師の
明治安田生命の方のお話は、
とても分かりやすく、
重要な点が簡潔にまとまっていて
素晴らしかったです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

Posted by FP石原敬子  at 23:59Comments(0)ライフプラン終活