2018年06月23日

焦げ付いたお鍋は、重曹がGood

おととい、
花豆を煮ながら仕事をしていました。

ちょっと夢中になってしまい
気付いたら、焦げ焦げ!


あ~あ
お鍋の底、全面に、
固く張り付いたお豆の焦げた皮。



そんな時は、重曹が大活躍!

大さじ1~2杯ほどの重曹とお水をお鍋に入れて、
3分ぐらい沸騰させます。

沸騰中にもおこげがはがれて
お湯の中を舞います。
見事にひらひらと、泳いでいます。


火を止めたら
お鍋のお湯が冷めるまで放置。

お湯を捨ててみると、
まだ焦げが残っているほど重傷だったので、
もう一度同じことを繰り返し。



2回目のお湯を捨てたらこんな感じ。




お焦げを少しこすってみると……

あ~ら不思議。



するっとおこげがはがれます。


お鍋の底に残ったおこげは
スポンジで洗って……



力づくでゴシゴシやらなくても、
おこげは重曹できれいに落ちますよ~!



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 20:54Comments(2)ためになる話ワークライフバランスくらし