2018年11月09日

ソフトバンク株、年内上場へ

今朝の日経新聞では
いよいよ
週明けの11月12日にも
ソフトバンク株の上場が
承認される見通しだと報じられていました。



親会社のソフトバンク・グループとの
親子上場の問題がネックになっていましたが
ようやく上場できそうです。



上場予定日は
12月19日を軸に調整中と
日経には書かれています。



以前から東証1部に上場しているのは
「ソフトバンク・グループ」株。
グループの持ち株会社です。

親会社の「ソフトバンク・グループ」は
投資会社と言ったら良いでしょうか。



上場予定なのは
通信子会社の
「ソフトバンク」株。

みなさんがよくご存じの
携帯電話会社ですね。



それにしても

10月以降のこの荒相場の中、
大規模なIPO(新規上場)は
ちょっと怖いですね。



インデックス運用をする
機関投資家やファンドは
買わざるを得ないでしょうし、
その分、
手持ち資金を売らなければなりません。


ポートフォリオ内の
通信会社の比率を一定に保つためには
NTTやドコモ、KDDIの売りが出るのは自明の理。



個人投資家だって、
「ソフトバンクなら持っていたいよね」
なんていう、
普段は投資をしない方でも
関心を寄せたりして。



ソフトバンク株を買うための資金を
手持ち株を売って準備するとなれば
株式市場全体への
悪影響も出てくるでしょう。



知名度が高く
規模の大きな新規上場は
環境次第で結果が大きく分かれます。



荒れまくっている相場が
12月までには
落ち着くといいのですが。





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:46Comments(0)雑感株式投資