2018年02月21日

金額が多ければ「得」なのか?

今週は
フリーペーパー『PIPO』の配布週です。

もうお手元に届いている方も
いらっしゃるかもしれませんね。



今月は、
「公的年金の受取開始
70歳超も検討開始」

という記事を掲載しました。

(あれれ、今見ると
「~開始」「~開始」と
語尾がダブっちゃいましたね

(ラップか、こりゃ)


先日、政府の中で
老後の公的年金について

「本人の選択によって
70歳を過ぎてから受け取り始める」

という選択肢を新たに設けるという
検討が始まったと伝わりました。



今回は、そのことについて
書かせて頂きました。



現在、
老後の公的年金は、
基本は65歳から受け取り始めになります。

(生まれ年、性別によって
厚生年金の一部を
65歳前から受け取っている方もいます)



基本の65歳よりも遅らせて
受け取り始めるようにすると、
毎回の受取額が増えます。

これを「繰り下げ受給」といい、
1ヵ月遅らせるごとに0.7%増え、
増額は一生続きます。



公的年金は、終身。
死ぬまで受け取れます。


5年遅くもらうけれど、
増額される。

このことについて、必ずと言っていいほど

「何歳からもらい始めたら
一番得なんでしょう?」

と聞かれます。


「繰り下げると決めて、
受け取り始める前に死んでしまったら
損をしますね。」

とも言われます。

(繰り下げ中に死亡したら、
本来65歳から受け取れたはずの年金が
遺族に支払われます)



損とか得とか、そんなに大事ですか?



65歳になった時に、
元気でまだ当分働けて、
公的年金が必要なければ繰り下げればいいし。

60歳なのに体調が悪くて
65歳を待たずに公的年金をもらいたければ
減額されてでも繰り上げ受給すればいいし。



老後の年金を受け取らなくても
生活できる状態でいられたその事実が、
「得」と考えられると思うのです。



まだ働いて
誰かの役に立つことができて、
心身共に元気に暮らすことができる。

お金の寿命もまだ遠い。



「それなら、
年金はまだもらわなくていいね」



そんなおばあちゃんに
なりたいものです。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


同じカテゴリー(記事・コラム掲載のご案内)の記事画像
PIPO7月号の配布週です
メルカリの上場。「上場」とは?
「理解できないものには投資しない」は真実か
PIPO6月号は、奨学金の話の続編
2018年の労使交渉は一味違う
石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ
同じカテゴリー(記事・コラム掲載のご案内)の記事
 PIPO7月号の配布週です (2018-06-21 23:22)
 メルカリの上場。「上場」とは? (2018-06-15 21:17)
 「理解できないものには投資しない」は真実か (2018-06-03 21:39)
 PIPO6月号は、奨学金の話の続編 (2018-05-22 22:14)
 2018年の労使交渉は一味違う (2018-05-18 21:27)
 石原センセイのきっちりおさえるニュースのツボ (2018-04-19 22:48)

Posted by FP石原敬子  at 22:19 │Comments(0)記事・コラム掲載のご案内ライフプラン雑感終活

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。