2018年04月29日

専業主婦も、扶養内パートさんも、iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、
2017年から専業主婦やパート主婦も
加入できるようになりました。



公的年金だけでは
老後の生活が不安だという方には
ぜひ利用してもらいたいと思っています。



ところが

専業主婦や
扶養内で働くパート主婦には
「メリットがない」
と思われることが多く……



iDeCoでは、
掛金全額が所得控除です。

所得控除とは何か?

所得税や地方税の計算の際、
その金額は所得から引き算する、
ということです。

つまりDeCoの掛金でいえば、
その年の掛金全額を差し引いて、
課税対象の所得を計算します。

その分、
所得税や住民税の負担が軽くなります。


扶養されている人は
そもそも所得税・住民税を納めていないので、
「メリットないじゃん」
となってしまうのです。



わざわざ
面倒な手続きを踏んで
iDeCoに加入することないよね、

手数料を払ってまで
利用する必要はないよね

となってしまうんですね。



でも、

そもそもiDeCoの目的は
老後の生活費を準備するためであって
節税優先ではないはず。



iDeCoは

「人任せ、国任せにせず、
自分の老後のお金は自分で準備する」

と行動した人に対して、
政策として税金を優遇する制度です。



なお、

運用で増えた利益に対する課税は
非課税、

老後になってから
年金や一時金を受け取る場合の
税金は軽減されます。



これだけでも
一般の金融商品を利用するより
有利ですからね。





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


同じカテゴリー(ライフプラン)の記事画像
逢妻交流館にて ママフェスタ出店
読み語りボランティア『とんでもない』 6年生にて
PIPO6月号は、奨学金の話の続編
奨学金の返還は、15年、20年続くもの
老後の不安を小さくする方法
お金の相談
同じカテゴリー(ライフプラン)の記事
 逢妻交流館にて ママフェスタ出店 (2018-05-25 22:50)
 読み語りボランティア『とんでもない』 6年生にて (2018-05-24 22:01)
 PIPO6月号は、奨学金の話の続編 (2018-05-22 22:14)
 奨学金の返還は、15年、20年続くもの (2018-05-17 23:50)
 老後の不安を小さくする方法 (2018-05-11 22:46)
 お金の相談 (2018-02-27 23:15)

Posted by FP石原敬子  at 22:30 │Comments(0)ライフプラン備えること

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。