2018年05月10日

妻のランチ代は、夫のランチ代の1.6倍!

明治安田生命が行った、
家計のアンケート調査が発表されました。

明治安田生命 「家計 」に関するアンケート調査

調査時期は2018年の4月上旬、
インターネットによる調査で、
対象は20歳~79歳の既婚男女。



今年の調査では、
1ヵ月のお小遣いの額
(自由に使える金額)が、
夫婦ともに前年より増えたそうです。

夫:34,699円(前年比2,935円増)
妻:19,376円(前年比 952円増)

じつは2017年は、
調査以来最低額だったのです。


ようやく上向きになってきた
というところでしょうか。



最低を脱した水準というのに、
興味深かったのは、
「夫婦のランチ代」です。




なんと、
こちらは2013年の調査以来、
最高額だったそう。


夫は「500円台」が30.4%で最多、
妻は「1,000円~1,500円未満」が37.1%、
次が「1,500円以上」で35.7%。



それぞれの平均額は
夫: 777円
妻:1,263円

確かに、
街で見渡してみても、うなづけます。



コンビニやお弁当屋さんの
袋を下げたサラリーマンはよく見るし、
おしゃれなレストランでは
ママ友グループのランチ会を見かけます。



だけどさ。

この調査、おかしくない?

「ランチの回数」を聞いていませんから。

おそらく、
夫の多くは平日の毎日のランチで
妻の多くは、たま~に出かけるだけのランチ。

じゃないかな、と思うんです。

だとしたら、
1回が「ごほうびランチ」水準でも
いいですよねぇ。

(冒頭に紹介したお小遣いは、
夫は妻の1.8倍ですよ!)



とはいえ、
それも私の推測なので、
調査する場合は、
ランチの頻度も一緒に調べて欲しいものです。



私の場合。

家での昼食は、
前日の夕飯の残り物。

外で移動時間にひとりで食べるのは
家から持参したおにぎり。

月に1回あるかないかの、
友達とのランチは
やっぱり1,000円~1,500円の枠ですね。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



同じカテゴリー(家計のこと)の記事画像
お金まわりを整えて、カラフルな人生を
『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』2018年秋号
マネー座談会を開催します
今月のPIPOでは、パートの壁の話題
電話でご相談「ボイスマルシェ」
イオンスタイル1周年
同じカテゴリー(家計のこと)の記事
 お金まわりを整えて、カラフルな人生を (2018-10-22 21:52)
 『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』2018年秋号 (2018-10-11 23:29)
 マネー座談会を開催します (2018-10-05 22:00)
 今月のPIPOでは、パートの壁の話題 (2018-09-20 23:58)
 電話でご相談「ボイスマルシェ」 (2018-09-05 21:36)
 イオンスタイル1周年 (2018-09-02 21:44)

Posted by FP石原敬子  at 23:59 │Comments(2)家計のこと深読み最近のニュースから

この記事へのコメント
ホントそうですよねぇ
そういう見た目だけの数字比較だと
情報を出す側の悪意を感じます・・・
世の中、そんなの多いけど・・・><
Posted by ベジベジベジベジ at 2018年05月11日 05:44
ベジベジさん♪

いつもコメントをありがとうございます。
たとえば「飲み代」で夫婦の支出を比較したらどんな結果になるでしょうね。ランチ代ぐらい、可愛いものだと思いますけどね。
Posted by FP石原敬子FP石原敬子 at 2018年05月11日 22:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。