2018年06月06日

旦那さまにムカついたら読んでみて

久しぶりに、軽い本をご紹介。

Amazonなどのレビューはサイテーなんだけど(笑)。


タイトルに魅かれて読んでみました。

ブックレビューのほとんどは、「サイテー」とのこと。
そりゃあそうさ。
妻としては、「まず妻が変わるべき」と言われたら、「なんで私が先に変わらなくちゃいけないの?」って思うでしょうね。

「他人は変えられないけれど、自分は変えられる」
とよく言われます。

このフレーズ、私は苦手なんです。そう、やっぱり私も「自分が先に変わるのは癪に障る。だって夫が悪いんだもん。夫が折れてくれなくちゃ、私は変わらないよっ」って思うんです。

でも、そうじゃないんだよな。思い切って、自分が態度を軟化させると、相手に伝染するんだわ。

素直な時は、そう思えるんです。だから本当は、そうした方がいいんだと思うんです。

でも、ムカついているときは、できないんです。


さて本書の感想を。

いや、これは秀逸です!

レビューは★1個が多いけれど、私は★5個つけます。
上記の通り、私は自分から変わるのは癪に障るんですが、この本は、どういうわけか、素直に「まず自分が変わらなくちゃな」って思えたんです。

どうしてでしょうね。著者のザビエルさんの言葉が、きれいごとに感じなかったからかもしれません。

心理学やコミュニケーションの専門家の方の説得だったら、たぶん素直に聞けなかったかもしれませんね。



次は、正反対でお堅い本。

のほほんと暮らしていると、
気づいたら怖いことになりかねません。

いま、
経済がどのような方向に向かっているのか、
為替や物価、金利がどう動いているのか、
この先どうなるのか、

意識してアンテナを張っておきましょう。

日経新聞を読み続けていると、政府よりの考えになってしまうので、ときどき反対論者の説に触れ、フラットに戻しておきたいと思うのです。

過去の金融緩和(2001~2006年)で失敗したのに、
なぜ再び金融緩和政策を行ったのか。

徹底的に緩和政策に反対する著者が、一つ一つ丁寧に反論していきます。

2016年に消費が湧きましたが、これは政策の成功ではなく、原油価格の下落が要因だとしています。確かに一理あると思います。

緩和からの出口については、これから加速度的に関心が高まることでしょう。起こり得る影響について、あらゆる可能性を踏まえた心の準備が必要ではないかと思います。



今日は、
お客様から素敵なお届け物がハート



きっと楽しいご旅行だったことでしょう。
ありがとうございます。
ご馳走さま。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



同じカテゴリー(コーチング)の記事画像
ママトコで子育てコーチング
私の褒め方
「自分と向き合う講座」のち Risoさんのパン
お金まわりを整えて、カラフルな人生を
1つ習慣にすると、大きく変わる
再々、再々のアクションプラン、そして初おでん
同じカテゴリー(コーチング)の記事
 ママトコで子育てコーチング (2018-03-14 22:37)
 私の褒め方 (2018-02-01 22:27)
 「自分と向き合う講座」のち Risoさんのパン (2018-01-26 21:31)
 お金まわりを整えて、カラフルな人生を (2018-01-08 22:42)
 1つ習慣にすると、大きく変わる (2017-10-16 23:33)
 再々、再々のアクションプラン、そして初おでん (2017-09-28 22:49)

Posted by FP石原敬子  at 22:34 │Comments(0)コーチング読書録お薦めの本

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。