2018年07月27日

住宅ローンの変動金利 大丈夫?

10年国債利回りが、
ちょっと異常な動きをしています。

みなさん、
気付いていらっしゃいましたか?

(「金融の専門家じゃないから、
そんなこと知らないよ」って声が
聞こえてきそうです……)




1週間ぐらい前から、
おかしな動きになっています。

今日はとうとう0.1%に!
7月上旬は、0.02%まで下がっていたのに。
(それもちょっと異常値でしたが)



背景にあるのは、

「日銀の金融政策の路線が
変わるかもしれない?」

という憶測です。



金融の専門家じゃないから、
関心なくても、いい? ですか?



2018年7月4日の日経新聞に
「住宅ローンの変動型金利を
選ぶ人が急速に増えている」
という記事がありました。



その日は、

「そうかもしれないなあ、
これだけ低金利が続いてしまったらなあ」

と思っていた私。



いやいや、みなさん。

「金利が上がりそうになったら
固定のローンに切り替えればいい」

というご意見をよく聞いたものです。



この1週間の金利動向を、どう判断しますか?



黒田日銀総裁が
G20で日本にいなかったのに
金融政策の方針を突然変更するってことは
無いとは思いますが

低金利政策の副作用を心配する声が
大きくなっていることは間違いないでしょう。



ざっくり言って
住宅ローンの金利変動型は、
マーケットの短期金利に連動し、
住宅ローンの金利固定型は
マーケットの長期金利に連動します。



自称シロウトのみなさん。


「金融の専門家じゃないから、
そんなこと知らないよ」

で、済まされますか?

それとも

「金利が上がりそうになったら
固定のローンに切り替えればいい」

いま、その時が来たと思われますか?



金利の市場から、目が離せません。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子



同じカテゴリー(ライフプラン)の記事画像
『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』2018年秋号
講座はただのお手伝いでしたが……
今月のPIPOでは、パートの壁の話題
電話でご相談「ボイスマルシェ」
ねんきん定期便が届いたら
「終活講座in名古屋」
同じカテゴリー(ライフプラン)の記事
 『ファイナンシャル・プランナー・マガジン』2018年秋号 (2018-10-11 23:29)
 講座はただのお手伝いでしたが…… (2018-09-29 22:09)
 今月のPIPOでは、パートの壁の話題 (2018-09-20 23:58)
 電話でご相談「ボイスマルシェ」 (2018-09-05 21:36)
 ねんきん定期便が届いたら (2018-09-01 22:32)
 「終活講座in名古屋」 (2018-08-28 23:58)


この記事へのコメント
金利の水準感も理解してないシロウトさんが、講釈たれてて大丈夫? グラフの桁を読み間違えたでは通じないくらいの相場感の無さは、恥ずかしくないですか?
Posted by だからFPはきらい at 2018年07月28日 04:32
ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通りです。数字を修正します。
コメントありがとうございました。
Posted by 石原敬子 at 2018年07月28日 07:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。