2018年08月13日

大バーゲンセール

為替市場で、
トルコリラの下げがきつくなっています。



その影響で、
今日の日本株は大バーゲンセール。



日経平均株価が
21857.43 -440.65




株価バーゲンセールは
次の2点が理由として挙げられています。



1つは、トルコショックの影響を受けた
欧州株や米国株の下げの連鎖。

もう1つは、通貨の避難先として
円が買われて円高になっていること。



トルコリラ安は、
欧州には強く影響する問題です。

直接日本には大きな影響がないとしても、
欧州株が大きく下げ、
それを受けた米国株の下げ、
次に日本株の下げ、
という地球1周の動きは、
投資家の不安心理が広がっている証拠。



けれど、

バリュー株投資の個人投資家にとっては
買いチャンスが来ているのではないでしょうか。

買ってもすぐには上がらないかもしれません。

それどころか、
もう少し下がるかもしれませんけど
長い目で見て、大雑把な幅でいえば
安いゾーンだと思います。




折しも

3月期決算企業の4-6月期業績が発表されたばかり。
年間予想の4分の1よりもハイペースで
利益を上げている銘柄を中心に
バリューゾーンにある銘柄を探してみましょう。



こういう時は、
業績の進捗が良い会社から選ぶことです。



「何となく良さそう」

なんて中途半端な理由で買うと、
痛い目に遭います。



世界中の投資家が
リスクオフの姿勢をとっている最中ですから。



また、
欧州での事業規模が大きな会社は
避けておいた方が無難かもしれませんね。

決算資料のセグメント情報を見れば
世界のどの地域で稼いでいるのかが
わかります。



お盆休みでお時間のある方は、
4-6月期業績を丁寧にチェックしてみて下さい。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


同じカテゴリー(株式投資)の記事画像
新刊予約受付中!
NISAとつみたてNISA、どっちがいい?
NISAの5年目を過ぎて、売らないケース②
NISAの5年目を過ぎて、売らないケース①
今年はNISAスタートから5年目
秋は銘柄選びが面白い
同じカテゴリー(株式投資)の記事
 新刊予約受付中! (2018-09-23 21:41)
 NISAとつみたてNISA、どっちがいい? (2018-09-21 22:27)
 NISAの5年目を過ぎて、売らないケース② (2018-09-11 23:54)
 NISAの5年目を過ぎて、売らないケース① (2018-09-08 22:14)
 今年はNISAスタートから5年目 (2018-09-07 23:05)
 秋は銘柄選びが面白い (2018-09-03 23:24)

Posted by FP石原敬子  at 21:51 │Comments(0)株式投資投資全般最近のニュースから

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。