2019年02月04日

まずはワイン、徐々にチーズ

2月1日、
日本とヨーロッパ(欧州連合=EU)の間で、
経済連携協定(EPA)が発行されました。



日本とEU加盟国との間での
貿易の壁が低くなったのです。



対象の品物によって、
関税がゼロになったり、
関税率が引き下げられたり、
徐々に引き下げて最終的にゼロになったりと、
さまざまです。



日本の消費者である私たちは
ヨーロッパの品物を
今までよりも安く買えるようになります。



大きく伝えられているのがワイン。

これまでは、
欧州産ワインには関税が掛けられていました。

その関税率は、
「代金の15%」または
「1リットル当たり125円」の
どちらか安い金額でしたが

2月1日から、関税がかからなくなったのです。
報道では、
イオンなどのスーパーや
アマゾンなどのネットショッピングで
欧州ワインの値下げセールが行われているようです。



ワイン1本分の関税撤廃は価格帯にもよるのですが、
750mlで、
おおよそ100円程度から300円程度の値下げが多いようです。



カマンベールチーズなどは、
徐々に関税が引き下げられ、
最終的には16年目に関税率がやっとゼロに。



一方で、
革製品や洋服などの高級ブランドは、
関税撤廃・引き下げを反映するかどうかは、
間に入る商社などの対応しだいだそうですよ。



日欧EPA発効、ワイン・生ハム続々値下げ 売り場でアピール(日経電子版 2019/2/1)

日欧EPA、恩恵まずワインから 2019年2月発効 (日経電子版 2018/12/17)

ワインとチーズ



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


同じカテゴリー(家計のこと)の記事画像
老後の生活費2000万円は本当か?
相談を通して見えてくること
老後に必要な資金を計算する方法
家計簿がつけられない
気になる? よそのお宅の貯金
老後の赤字2,000万円を計算してみた
同じカテゴリー(家計のこと)の記事
 老後の生活費2000万円は本当か? (2019-07-16 23:45)
 相談を通して見えてくること (2019-07-09 21:36)
 老後に必要な資金を計算する方法 (2019-06-24 16:50)
 家計簿がつけられない (2019-06-23 22:06)
 気になる? よそのお宅の貯金 (2019-06-18 21:32)
 老後の赤字2,000万円を計算してみた (2019-06-12 23:43)

Posted by FP石原敬子  at 21:34 │Comments(0)家計のことためになる話最近のニュースから

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。