2020年07月05日

未来の仕事、人生のデザイン

新型コロナの影響で、
日常生活や仕事の仕方が
ガラリと変わったという人は多いでしょう。



この期間に読んだ本のうち、
仕事や人生について
改めて考えることができる2冊を
ご紹介します。


よく、「将来AIに置き換わり、人間の仕事でなくなる職業」が話題になります。本書は、その理由についても丁寧に述べています。

AIの得意な業務は、一定の専門的ルールに基づいて判定し、正確に処理すること。

仕事を5つのカテゴリに分けて、各カテゴリの特徴と、どんな仕事がそこに当てはまるかを解説しています。ロボットやAIに置き換わって失業するカテゴリから、人間の強みを発揮し、人間とAIの相乗効果が期待できるカテゴリまでの5カテゴリです。

10年後、20年後の日本人の雇用について書かれた、最終章が最も面白かったです。また、「GAFA小作人」という表現も、言い得て妙だと思いました。

ファイナンシャル・プランナーという仕事は幅広く、「ロボティクス失業」になる業務しかしていないFPもいる一方で、職人的なFPもいます。仕事内容からすると、AIを使いこなすデジタルケンタウロスにもなり得る業務でもあるので、ぜひ目指したいものです。



この頃読む本で出合う言葉に多いのが、
「失敗」。

失敗を肯定的にとらえるものに出合います。



中2の娘が、進路選択や職業選択のスタートラインに立っているところです。

将来、なりたい仕事が見つからない、と言っていますが、本書に書かれていた「将来どういう人間へと成長したいのか?」という問いは、折を見て、娘に尋ねてみようかと思いました。

「早めに失敗し、失敗を前進の糧にせよ」と言う記述がありました。大賛成です。自分も、何度も失敗をし、そのおかげで成長させられたと思っています。

本書では、「失敗の免疫をつくる」など、同じようなことを繰り返し述べています。

「正解探しをやめる」という考え方は、理解できるのですが、わが身を振り返ると、ときどき「正解探し」に陥っていることがあります。

そうか。「いちど選んだら選んだ人生をうまく生きることにエネルギーを注ぐ」とあり、なるほど、選んだ道を正解に”する”ぐらいの気持ちでいたらいいのだ、と気づきを得ました。




図書室で本


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:16Comments(0)読書録子どもと読む本お薦めの本

2020年02月06日

恒例の、お米を頂きました

今年度の読み語りボランティア、
私の出番は今日が最後でした。



教室に入ったら、
おお~! 知ってる子が何人かいる!



背伸びして、みんなより顔一つ伸びあがって
「オレ、ここにいるよ~」アピールをする、
近所の子(笑)。



おもしろいー!
かわいいー!



今日は3年生。
3年生ぐらいが一番面白い反応をしてくれる
「うんこのえほん」



下ネタでなく、真面目な科学絵本です。
でも、3年生、大ウケ!!



「うんこのかんさつ日記をつけてみよう~」



「えーっ???」
「やだー」
「くさいー」





今年度も、
5年生が育てたお米を頂きました☆
ありがとうございます!

味わって頂きますね。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2020年01月30日

5年生で読み語り

今年度も、残り少なくなってきました。
小学校の読み語りボランティアです。



今日は、5年生のクラスに入りました。




『まつぼっくり』は、
幼稚園児向けに配本された科学絵本ですが、
季節を問わず、年齢を問わず、
よく使っています。



リアルな絵が、効果的です。



『吾輩は猫である』

編者が齋藤孝先生で、
インパクトのあるユニークな画が描かれた、
絵本です。



高学年のクラスで
ときどき読んでいます。



今日のクラスには、
子ども会や通学班で
一緒だった子がいました。

待機している時に、
隣のクラスにも知っている子がいました。



みんな、しばらく見ないうちに、
とても大きくなっていて。



こういう楽しみもあるので、
時間を割くのが厳しくても、
読み語りボランティアは
やめられません。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年10月03日

読み語り6年生

今日は、朝一番に、
小学校の読み語りボランティアに行きました。



今日のクラスは6年生。

齋藤孝先生が編集に携わった
絵本の「吾輩は猫である」を
読みました。



家で試し読みをした時に、
少し時間が余ったので、
もう一冊何か読もうかな……



と、本棚を物色。



谷川俊太郎さんの詩集に
目が止まりました!



ということで、今日は、これ。




この2冊で10分です。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年09月05日

3年生あたりがちょうどいい

夏休みが終わり、
久しぶりの
小学校での読み語りボランティア。



今日は3年生のクラスだったので、
定番のこちら!

うんぴうんにょ


表紙を見ただけで、
クスクス。



読み進めると、
ところどころで、爆笑。



お話に、返事をしたり。
「うえ~」っと声をあげたり。



でもこれは、とてもまじめな科学絵本。
食育にもぴったりです。



対象は、
3年生ぐらいがちょうどいいかも。
面白がってくれるし、
お話の内容も理解できるし。




今日も、楽しい読み語りでした。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年09月02日

お金の本は、どちらも未来形

夏休み中に読んだ本、
ためてしまった読書録を
連日アップしています。



今日は、一応、
ファイナンシャル・プランナーらしい本も
読みました、ということで。



リスクについての説明が、腑に落ちました。
今度のセミナーで、使わせて頂こう!


リスクについての説明が、秀逸でした。リスクは、上手く使うと人生が面白くなるのでは? と思わせる記述。

「生まれた瞬間から死ぬまでの結果が分かっている世界があるとしたら?」

リスクが嫌いな人に、一度聞いてみたいものです。

実力(自分の施行と努力でコントロールできる)と運(全くコントロールできない)のバランスが大事。なるほど、そうです。その通りだと思いました。

お金がコモディティ化するという見方も、うなづけます。資本主義より価値主義。納得です。

第4章(「お金」から解放される生き方)が一番面白かったです。何かに熱中している人ほど、結果的に利を得るという。自分の価値を高めるのが大事。これからの時代に、欠かすことができない考え方なのではないでしょうか。




こちらの本で気に入ったフレーズは、

”子どもの最大の武器は「時間」”。

電子マネーを扱う時代の子ども達に
対応できる内容でした。


子ども向けの金銭教育を扱った本の中で、「見えないお金」つまり電子マネーなどを詳しく取り上げている点が、新しいと思いました。

子どもの最大の武器は「時間」であると。
借金は「マジックアワー」。

単なる金勘定の話でないところが、おすすめです。



子どもの金銭教育といえば……



この夏休みは、
メグリア(トヨタ生協)のカルスポで
親子向けのお金の講座を担当しました。



とてもしっかりしたお子さん達が集まって、
「この口座に来なくても大丈夫じゃない?」
という印象でした。



そういう子たちだったからこそ、
講座に関心を持ってくれたのかもしれませんね。


お金の本


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:36Comments(0)読書録子どもと読む本お薦めの本

2019年07月11日

あめがふったらポンポロロン

私は、
小学校で読み語りボランティアを
しています。



今年度で7年目になります。

今日は、読み語りの後に、
ボランティア数名で情報交換をしました。



この学年は、こんな本がいい
この学級は、こういう特徴がありますよ
季節ものをどうやって選ぶか
全員の子ども達に声が届いているか不安
絵本の選び方

など、



読み語りに際して、
困っていたり、迷っていたりすることを
話し合いました。




もちろん脱線してのおしゃべりも。



娘が卒業した私にとっては、
久しぶりに会ったメンバーと
久しぶりの小学校の部屋で
ゆる~く話ができた、貴重な時間でした。



読み語りに入ったのは、6年生。



季節を楽しんでもらえるような、
この2冊を読みました。


おじさんのかさ


あめがふったらポンポロロン

あめがふったらぴっちょんちょん。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年06月27日

3年生には「うんこの絵本」

今日は、
小学校の読み語りボランティアへ。



3年生です。
知った顔が何人も。



始まる前、廊下に立って待っていたら
近所の子が、
ハイタッチをしに来てくれました。


うんぴうんにょ

3年生は、やっぱりこれですね。
5年生より、3年生にウケます。
ページをめくるたび、期待通りのリアクション。



うんこブームですが、
この本は、立派な科学絵本。



食事や生活が
排便に影響するということを
面白く伝えています。



カメ

廊下にカメさんがいました。
やっぱり小学生はカワイイなあ。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年06月13日

トヨタの株主総会、ああ今年も大渋滞

つい先日まで、覚えていたんです。
6月13日は、トヨタの株主総会って。



マネーレッスンのお客様が
総会に出席されるとおっしゃった時も
「渋滞するのでお気をつけください」
なんて言っておきながら。



また今年もハマってしまいました。
株主総会の大渋滞。



毎年、ちょうど開会前の時間帯に
たまたま行動しているのでしょうね。



今日は、
朝一番に小学校の読み語り。

支援学級だったので
あの子たちが大好きな
『ぺんぎんたいそう』と、
ダンゴムシの科学絵本。




自転車で行った小学校から、いったん帰宅して、
車に乗り換えて、
家計相談のお客様のお宅へ。



すっかり忘れていました。
トヨタの株主総会。



何日か前は、
「総会の日だから、小学校も車で行って
そのままお客様のお宅に直接伺おう」
と思っていたはずなのに。



すっかり忘れて
「今日は、狭い路地に入って来るトラックが多いなあ」
と、ぼやっと考えているうちに、
名古屋ナンバーの立派な車も多いことに気づき

「ハッ! 今日はトヨタの株主総会!!」

また今年もやられてしまいました。
大渋滞。



本社の方角を通り抜けて、
お客様のお宅に伺ったのは、
10分遅刻でした……。




遅れた私にも、笑顔で「いいですよ~」と
爽やかにおっしゃってくださった彼女は、
家計管理に向き合う姿勢や、
ご自身の価値感が、とても素敵な方でした。




次回伺うのが、とても楽しみです。
今度は遅刻しないようにいたします。
ごめんなさい。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2019年05月23日

5年生に真面目なうんこの話、高校生にお金の話

令和元年度の
小学校での読み語りがスタートしました。



これまで「在校生の保護者」だった立場が
「地域の人」となった私ですが、
違和感なく。



今日の担当クラスは、5年生。

娘の2つ下の学年なので、
知った顔もチラホラ。



この子たちが1年生の頃から知っているので
いえ、入学前から知っている子もいるので、
5年生になった今、つくづく

「みんな大きくなったねえ」





低学年のように、
キャーキャーワーワー言ってくれなくなりました。



ですけどこの本、食育ですよ。
まじめな、保健のお話ですよ。



朝一番は小学生相手に読み語り。
そして午後は、とある高校へ。



お金の話をしに行きました。
今後、かかるであろう学費のこと。

経済的な理由で進学をあきらめずに済むために
奨学金という制度があるということ。

奨学金を返還することになる就職した後、
どんなライフイベントがあって
どれだけの支出が待っているか。

若手の収入は、いくらぐらいなのか。
お給料から税金などが引かれて、
手取りはどれぐらいになるのか。



進路選択のこの時期に、
未来の社会の担い手である彼らに、
少しでも響いてくれていると嬉しいのですが。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子