2021年02月08日

オンラインセミナーの研修

今日は、外部講師を務めている
日本証券業協会の研修でした。
研修を受ける側です。



新型コロナウィルスが
日本国内で流行し出して1年。

去年の2月から、
続々とセミナーが中止になりました。



秋口ぐらいから、
オンラインでのセミナーが
ボチボチ入り出すようになり、
ここにきて急に、
オンラインでのセミナー業務が
増えてきました。



今日の研修は、
オンライン講義を行うための
知識やノウハウを学びました。



単に、
Zoomなどのツールの機能を
学んだだけではなく、
オンラインの特徴を活かして
リアルのセミナーと違った展開で
ユニークな使い方を教えて頂きました。



アイディアしだいで、
リアルセミナーよりも
満足度を高めることもできると
実感しました。



また、例年の研修では、
東海地区の講師しか顔を合わせませんが、
全国にいる講師のみなさんと
ご一緒できたのも今日の収穫です。



オンラインで4時間という
長丁場の研修でしたが、
有意義でした。



今後の講師活動に
活かしていきたいと思います。


講師



旗お金の座談会』開催中!
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 https://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 23:26Comments(0)勉強のこと

2021年01月05日

興味があるから学ぶ

新聞の書籍広告で、
目に留まって、買ってみました。



娘がテスト前になると、
私に問題を出してくるので
その対策として。





高校生の頃は、
英語は苦手科目でしたが、
言葉の成り立ちには興味があります。



学生の頃と違って、
大人になった今の「学び」は、
興味のあるものを探求すること。



パラパラっとめくってみると、
接頭辞別に分類された単語を
章ごとに掲載してあります。



楽しく読めそうです。



野球のバット(bat)は、「たたく」の意味で、
討論を意味するディベート(debate)は
「de(下に)」+「bat(たたく)」=たたきのめす
だそう。

バトル(battle)は「bat」と「le(反復)」。



何だか面白そうです。


旗お金の座談会』開催中!
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 https://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子

  

Posted by FP石原敬子  at 23:00Comments(0)勉強のことお薦めの本

2020年08月21日

Excelスキルは習うより慣れよ

毎週、朝日新聞で書かせて頂いている
投資信託のコラムには、
必ず図表を付けるようJにしています。



レイアウトの面では、
グラフが1点、図または表が1点、
という組み合わせが落ち着くと
私は思っています。



今週の記事は、
小さめの図と、力作のグラフ。



私が提出したのは、
Excelで作成した3次元のグラフでした。
Excelなので、
それほど私の労力はかけていません。



ところが、
編集部のグラフ担当のベテランさんが、
数日間頭をひねって下さり、
高度なグラフに仕上げて下さいました。


朝日新聞20200821


毎週のグラフは、
数字ばかりの生のデータを受け取って、
自分なりにExcelで計算や集計をして
どんな見せ方が効果的かを考えて
作成しています。



そうして
朝日新聞に送った原稿の図表は
担当の方のアドバイスを頂きながら
最終的には
図表の部署の方が描いてくださいます。



この仕事を受けるようになってから、
Excelのスキルは
実務の中でステップアップしています。

「習うより慣れよ」です。



とても勉強になる仕事です。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2019年03月08日

最後にもらった、ステキな思い出

今日は、最後の立哨当番。





「あれ? 娘がいない」

次々と通学班が登校していくなか、
娘の班が来たとき、先頭は5年生でした。



「1年生が泣いてるから、後から一緒に来るって!」

班の子たちが教えてくれました。



全ての班が通過したので、
通学路を逆戻りしながら帰れば
娘たちに会えるだろうと思ったら!



出会ったのは、
まだ、集合場所から50m進んだところ。



ゆっくり、ゆっくり歩く1年生の、
後ろ2m位をついて歩いていた娘が、
こっそり私に

「一人で行きたいって言ってるけど、
さすがに1年生が一人では危ないから、
離れて歩いてるの」



たぶんこのペースだと、
朝の会に遅刻かも。

それでも急かさず、
1年生のしたいようにさせている娘の態度に、
思わず

「お姉さんがんばれー」

と、送り出してあげました。



旗当番は、今日で卒業。
良い思い出になりました。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 21:45Comments(0)子どもの成長勉強のこと子育てコーチング

2019年01月20日

ジェンダーと経済史を学びました

お正月休みを通して、
移動中に細切れに読書ができたのですが

なんせ
アカデミックな難しい本だったので
時間がかかってしまいました。


けれどちょうど
ジェンダーについてコラムを書いていたので
非常に参考になりました。

米国は、日本よりも男女参画が進んでいると思っていましたが、日本とそう変わらない水準なのかもしれません。。

折しも、世界経済フォーラムから2018年のジェンダー・ギャップ・指数が発表され、たまたま私もコラムでこれに関する記事を書くことがあり、ジェンダーについて調べている最中に、本書に出合いました。


アカデミックに、エビデンスに基づいた記述は、多少難しいけれども信頼感があります。

数々の実験の結果が記されていて、軽いビジネス書とは一線を画した信頼感があります。

行動経済学に基づいてジェンダーの問題に切り込んでいる点が、類書にない視点だと思います。女性で結婚・出産を経てもずっと働いている私ですら、無意識のうちに性差の思い込みを抱いていることに気づかされました。

ただ、男性ホルモン、女性ホルモンの働きで男女それぞれに得意な役割があることは肯定したいです。それを活かした男女の立ち位置があって、無理にすべてを男女同じ条件にするよりも、むしろ性差を効果的に使うことができる分野は意外と多くあるのではないかと思いました。

投資に携わる身としては、第13章「透明性を高める」が情報として役立ちました。



次は、
昨年から読みかけだった
経済史の本。

著者 : 横山和輝
東洋経済新報社
発売日 : 2018-09-21
歴史の本なのか、経済の本なのか……いえ、ジャンルを分けることはナンセンス。過去から現代まで、お金は経済の血液であり続けてきましたし、現在の経済は、過去の積み重ねでもあります。

歴史というと時系列に記述されるのが通常ですが、本書は、ジャンルごとに歴史を追っているので、興味のあるジャンルを読むだけでも良い構成になっています。

貨幣として金と銀が使われていた理由が分かったり、学生時代に学んだ(というより暗記だけしてきた)史実が、経済の流れの中で必然的だったことが分かったりして、面白かったです。

個人的には「株式会社の経済学」の章が、いままでぼんやりと疑問に思っていた点などが解決できて、学びが多かったです。

著者の横山先生の別の本も読んでみたくなりました。



田沼意次、金本位制、財閥、徳川吉宗の財政再建……。

学生時代に習った記憶があるけれど
ちゃんと理解していないこれらが
本書によってよく分かりました。



職業柄、
経済史は学んでおきたいので
またこのような本を
読んでみたいと思いました。




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 21:17Comments(0)読書録勉強のことお薦めの本

2018年04月04日

レトロな雰囲気、JR最古の橋

今日の新人研修は、
午前中に半田、午後に一宮でした。



半田で出会ったのは、
笑顔で挨拶をして下さった
フレッシュな新人さん達。



今日の日経新聞は

人手不足に関する記事が
たくさんありました。

マクロ面での人手不足、
個別企業での人手不足。

今日のワークは
人手不足の記事を取り上げて
行いました。



アルバイトや就職活動を通じて
人手不足を肌で感じてきたであろう
新人さん達だったので、
ワークは積極的に、活発に
取り組めたようです。



JRの半田駅。



110年以上使われている
駅構内の跨線橋。
レトロな雰囲気です。



駅構内の橋は、
ポスターだらけのことが多いですが、
敢えて何も貼られていないのでしょうね。



JRでいちばん古い橋だそうです。
110年以上も利用されているとは
思えないほど、
しっかりしていました。



めったに行かない土地に出かけると
発見があって面白いです。


もう少し時間に余裕があったら
ミツカンミュージアムにも行きたかったな!

今日は、
終わるとすぐに一宮に向かわなければならず。
名古屋を通過して北へ!



来年、
スケジュールにゆとりがあれば
ミツカンミュージアムを見学してみます。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子


  

Posted by FP石原敬子  at 23:09Comments(0)雑感セミナー・勉強会・座談会勉強のこと

2018年02月18日

10年以上ぶり! 初心に還る

ファイナンシャル・プランナーズ協会認定の
AFP,CFP®は、
定期的に研修を受けたり、
実務を行ったりして
知識やスキルを磨き続けています。



今日は、
東海ブロック主催の
継続教育研修に参加してきました。

というのも……

私が駆け出しの頃、
FP協会千葉支部でお世話になった方が、
今回、岐阜で講演して下さるということで!

10年以上ぶりにお会いしました。

帰り道もご一緒させて頂き、
ゆっくりお話することができました。



独立したばかりの頃、
何でも吸収しようと、
どんなことでもやってみました。



支部の仕事は
企画、広報、集客、細かな手配、
そして当日の運営と、
起業するにあたって勉強になることばかり。



その時期に
たくさんのことを学ばせて頂いた時の
支部長さんです。



初心に還りました。



パネルディスカッションでは、
パネラーの方々のお話が
共感できること満載で。

コツコツ積み上げることが、
やっぱり大事。



研修後の会員交流会も
有意義な時間でした。

みなさんの活動をお聞きするにつれ、
また私も頑張ろう~って
モチベーションあがりました!

交流会のスイーツも
絶品だったし、ねもぐもぐ






おととしまでは
岐阜の仕事が
定期的にあって
そのたびに
ご挨拶していた
信長さん。

お久しぶりでした。



今日はラッキーなことに
信長バス2台と



濃姫バスに

お目にかかることが
出来ました~!






今日、感じたことを
明日から活かしたいと思います!


よ~し。
がんばろう~っと。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 22:11Comments(0)雑感勉強のこと

2018年02月16日

初・ささしまライブ

今日は、
初めてささしまライブに行きました。

日本FP学会「パーソナルファイナンス研究会」
の会場が、愛知大学だったため。



会場のフロア20階から
名駅を見ると、こんな感じ。

JRタカシマヤからの眺めと
90°違いますね。





今日は怒涛の1日。

朝一番、
娘の登校より早く家を出て、
交通安全の旗当番。



久しぶりに見る子ども達は
すっかり大きくなっていて。

もうすぐ卒業の6年生は、
いつの間にか大人びていて。

少し離れた横断歩道の当番さんと
ちょっと会話して。

短い時間ですけど
日々の喧騒から少し離れて
結構楽しい時間です。



急いで帰宅して。

本日正午が締切の原稿を
最終チェック。

この件は、
神経使うし頭も使うし
2週間へとへとになっていましたが
やっと納品。



ホッとするもつかの間、
4月のセミナーのオファーの電話。



急いで家事を終えて、
早めのお昼を食べて
名古屋へGO!



なんてったって、
はじめて行くささしまライブ。

グローバルゲートに行ってみたいなと
学会の時間より早く着くように
急いで支度。




グローバルゲートの外観は
こんな感じ。

ショップは思ったほど多くなく、
個性的なお店が入っていました。

仕事でなくゆっくりブラブラできたら
面白い発見もあったのでしょうけれど。



あおなみ線に乗らずに
名駅から歩いて行ったので
結構時間を使ってしまいました。

屋上庭園に行ってみたかったけれど
そういうわけで今日は断念。

でも中庭も素敵でした。


 
ささしまライブ駅側に出てみると
ちょっと近代的な感じ。



今月に入ってから、
スケジュールがぎゅうぎゅう詰めだったので、
目的もなく数十分ぶらぶらするだけでも
気分転換になりました。



いやいや

気分転換に来たんじゃなくて。



中部経済がいかに好調か、

それと、金融行政。
地域金融機関の現状。

長寿社会の生活費について。



などを勉強してきました。



あらら大変。

急いで帰ってご飯作らなくちゃ。

って、
最寄駅から坂道を自転車こいでいたら

月末に講師を務める高校の先生から
打ち合わせの電話。

ささしまでブラブラしていた
憩いの時間は
本当に貴重でした。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:02Comments(0)ひとりごと勉強のこと

2017年11月09日

スキマ時間活用法

娘の習い事の送り迎え。



「送り」と「迎え」の間を、
私はだいたい、
仕事時間にしています。



原稿を書いているか

資料を読んでいるか


のどちらかです。



娘のレッスンの間、
なるべく移動時間を少なく、
有効に使いたいためです。



今日の職場(?)は、

産業文化センター内の

「キラッ☆とよた
(とよた男女共同参画センター)」

の閲覧コーナーです。



1階の青少年センターのロビーは
にぎやかで集中しないので、

2階の「キラッ☆とよた」の
学習机か図書閲覧コーナーを
利用させてもらっています。



静かな環境で集中でき、
仕事がはかどるので
気分もスッキリします。



今日は、
雑誌の中で、
参考になる記事をメモ。



集中した1時間となりました!




「キラッ☆とよた」では
蔵書の貸し出しもしています。

図書館とは別のカードなので、
図書館で15冊借りていても、
別枠です。

(「キラッ☆とよた」の貸出上限は5冊)




旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年10月08日

AIの時代でもお客様は「人」

今週は
読みかけだった「ケインズ」

読了しました^^



私は
心理学を専攻し、
経済は無縁でした。

FPという仕事なのに

じつは

経済の基礎的な知識がないんです。

なので、コツコツと勉強。

前半は、ケインズの伝記。後半は、ケインズの政策や理論の解説です。

両輪が機能していると感じた私は読みやすかったです。

けれど、読む方の目的によっては前半だけ、もしくは後半だけで用は足りるかもしれません。

前半部分は、登場人物のファーストネームとミドルネームが混在するので、混乱しがちでした。
(それは読者である私の、能力の問題かもしれませんが)

どちらかといえば後半の方が読みごたえがあり面白かったです。一般に伝わっている「ケインズ主義」は、ほんの一面だということが分かりました。

ケインズは、臨機応変に、状況に合わせて考えを変えていたのです。この点は大変興味深く、また、大切なことだと思いました。

経済を勉強している学生さんや、若手のビジネスパーソンの中で、丸暗記の苦手な方はこのようなストーリーでケインズを知ると理解しやすいのではないかと感じます。



次は

少し余裕があると
ダレてしまうこの性格を

何とかしたいと思って……

自分の「やる気スイッチ」をONにし、「緊急かつ重要なこと」にスムーズに取り掛かり、効率よく仕上げたい

という目的のために、手に取りました。

特に目新しい技はなく。
精神力じゃなくて仕組み作りが大事、とのことです。

私としては、いままでトライしてきた仕組みが機能していないので何とかしたい……結局、自己管理の甘さが問題なのかなと。

本を読んで行動を起こすなどという他力本願ではなく、いろいろと試して自分にフィットする仕組みを見つけ出して行こうと思います。



自分のモチベーションは
自分で何とか動かさないと。


だけど今年になって、
習慣化した「お風呂掃除」。

午前中のうちに
お風呂を洗うことを習慣づけたら
苦にならなくなりました!

やっとです(笑)。


そして

意外とボリュームがあったのですが
一気に読んでしまったこちら。

著者 : 岡内幸策
日本経済新聞出版社
発売日 : 2017-06-02
「銀行員を応援するつもりで書きました」と、著者は「終わりに」で書かれていました。

銀行業界や金融を取り巻く環境について、現状把握や今後の展開が予想でき、意義のある書籍だと思います。

3章、4章はAIやフィンテックの解説になっていて、今後必須であるこの分野の知識が乏しい方には、「一粒で二度おいしい」的な章かもしれません。

結局は人間力がものをいうという主張は、同感です。

AIが台頭する時代が来ても、AIを活用する人間の能力がなければ、AIの機能が十分に発揮できないことでしょう。

AI×人間 で、未来を明るくできますように。

金融パーソンでなくても、金融を利用する一般の消費者にとっても、時代の変化についていく必要があり、このぐらいの知識は持っておきたいものです。



銀行員に限りません。

どんな仕事でも、
仕事じゃなくても社会にいる限り

持っていたいスキルは

「人間力」

これに尽きると思います。


AI時代になっても、
お客様は「人」ですからね。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子