2018年04月30日

分からないから、分かるようにする

「理解できないものには投資をしない」
と語ったのは、
米国の著名投資家ウォーレン・バフェットです。



「投資信託は初心者向き」と言われます。
ところが投信の仕組みは複雑です。



複雑で理解できない……
と言っていたら、
多くの投資ビギナーは
いつまでも投信を買うことができません。



後にバフェット氏は、
造詣が深くなかったIT産業にも
投資することになりました。




投資信託は、
証券や金融取引をパックした金融商品です。



株式や債券、為替取引、先物取引などが
数多く詰め込まれています。



この点は、
株式や債券を直接買うのと違い、
複雑といえます。



投信を理解するには、
パックされた投資対象の理解が必要。



例えば、
株価はどういう時に上下するか、
金利や為替の変動は運用資産にどう影響するか、
その要因となる出来事には何があるか、
などです。



それでも投資信託が
「投資ビギナー向け」
と位置付けられる理由は、
主に2つあります。



1つは、
少額で分散投資できる点です。

額面1万円が多く、
時価は数千円から2万円台。

インターネット証券など一部の金融機関では、
百円から投信積立ができます。

額面1万円は数十~数百種に分散投資され、
少額ながらリスク軽減効果が働いています。



もう1つは、
運用を運用会社に任せる点です。

投資家は
自分の運用方針に合う投信を選び、
いわば入口と出口は自己の判断です。

保有する間、
運用の中身である投資対象の売買の判断は
運用会社のファンドマネージャーが行います。



投資信託は
少額で分散投資ができ、
運用方針の大枠さえ自分で選べば良く、
投資のトライアルとして有効です。



そのため、ビギナー向けと言われます。



しかし、
ずっとビギナーのままで良いわけではありません。



自分で投資判断ができ、
資産運用の選択肢を広げた方が
将来に役立ちます。



そこで、
少額で多種に投資できる投信を
活用するのです。



まずは
実際に身銭を切って
投資経験を積みましょう。



「習うより慣れろ」です。



経験から学んだ投資術こそが、財産です。


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

Posted by FP石原敬子  at 23:20Comments(0)金融のこと、お金のこと投資信託投資全般

2018年02月17日

はじめての資産運用講座

今日は、
日本証券業協会主催のセミナーでした。




テーマは
はじめての資産運用講座


この講師の仕事は
もうかれこれ15年になりますが、
年々、
若い方の受講者が増えてきています。

また、
今日は土曜日だったこともあり、
ご夫婦や、
ご両親とお嬢様という
ご家族連れが多かったです。



運用というと
ギャンブルみたいに思う方も
未だ多い中、

環境は
ますます運用を取り入れなければ
お金の寿命が持たなくなっています。



人生100年時代。
現役時代に稼いだお金を
100歳まで、どうやって持ちこたえさせるか。



消費者物価指数、
昨年12月分が最も新しい公表数字ですが、
年率1%になっています。



1年間貯金をして、
利息が1%増えなければ
1年前と同じものが
買えないという状況です。



運用を取り入れて、
せめて
物価上昇と同じだけ
資産を維持しなければなりません。



そんな思いを込めて
今日はお話をさせて頂きました。





だけど、

講義自体は反省点が多々あり。
振り返りをしっかりやって
次のセミナーに活かしたいと思います。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2018年01月30日

すでに満員御礼 (ノД`)・゜・。

ごめんなさいっがーん



そろそろブログでご案内しようかな~

っと、思っていたら。


満員御礼でした~ おーまいがっ

すみません!!!!



2月17日(土)、
名古屋証券取引所内の名証ホールにて

日本証券業協会主催の
はじめての資産運用講座




株価が堅調だからかなあ?

土曜日だからかなあ?

NISAが気になるのかなあ?



定員80名に対して、すでに締め切ってました


じつはこんな内容でした……


【基礎編】

「これでわかる!資産運用はじめの一歩」

・資産運用の基礎と金融商品の仕組み

・金融商品のリスクを知ろう

・NISA、確定拠出年金の概要など   


【実践編】

「意外とカンタン!投資のキホン」
・株式・投資信託とは? 

・NISA、確定拠出年金等の活用など



次は早めにご案内しますので!

機会があったら
ご参加くださいませ~!



上記と同じような講座・セミナーや
グループでの勉強会など

ご要望がありましたら
ご相談くださいね~!




(日本証券業協会のゆるキャラ
「とうしくん」と一緒に
右肩上がりのポーズ^^)



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2018年01月29日

「どう思う?」と聞かれたら

ある投資信託を
買おうかどうしようかと考えている方から
意見を求められました。



「●●ファンド、面白そうだと思っています。
意見を聞かせてもらえますか?」


とのこと。



ちなみに、

私は具体的な投資銘柄を
評価してアドバイスをする免許は
持っていません。



この手の質問は結構あるのですが、
言葉に気をつけないといけない
グレーな相談なのです。




そこで
どのように対応しているかというと。

まず最初の対応は、
逆にこちらから、
いくつかの質問をします。



「この投信のどういう点が
”面白い”と思ったのですか?」

「他の似たような投信と比べて、
これを選んだ理由は何ですか?」

というように。

その方のことを私がよく知らなければ、
その方の投資への考え方や、
他の資金の状態なども伺います。



併せて
相談されたその銘柄については、
直近の月次レポートを読み、
その方の運用ニーズに
合っているかどうかという点で
コメントをします。



あくまでも、
投資対象そのものの評価ではなくて

重視したいのは

「その方の希望に添う運用方法かどうか」

という点。



さて、
結局その相談はどうなったかというと



「なるほど。
あなたの投資で重視しているのは
●●という点なのですね。

気になっている部分は、
月次レポートのこの個所を読めば
チェックできますよ。

●●という点にポイントを置くならば、
このタイプの運用は、
お考えに合致していると思います」



という流れで、
お話をしていきました。



投資信託は、
洋服やお食事の選び方と一緒で、
好みのファンドを買うのが一番だと思います。

でも
一般の方が買える投資信託は、
日本に6000銘柄弱あります。

その中から、
投資対象を選ぶって
とても大変なことだと思います。



お洋服と一緒で、
着る人の好みや、他のワードローブ、
着ていくTPOによって
買うべき投資信託は違います。

他の人にに合うお洋服でも、
自分に合わない時もあるのと同じ。

その銘柄の良しあしがすべてではありません。

また、
値上がりがすべてでもありません。



投資家のお金の現状や将来、
生活、考え方に添っているものを
選んで頂きたいものですね。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 21:59Comments(0)投資信託投資全般

2017年12月11日

ESG(環境、社会、企業統治)

ESG投資が徐々に浸透してきています。


ESGというのは、

E(環境=Environment)
S(社会=Social)
G(企業統治=Governance)

のこと。



これらの分野について
優れた会社に投資をしようというのが
ESG投資です。



公的年金の運用(GPIF)の一部分でも、
ESG投資を採用し始めました。



いま、
公的年金の資金は、
日本株や外国株にも配分されて、
運用されています。


国民の将来の生活費でもある
公的年金の運用でも、
株を買っているのです。


今日は、
1ヵ月ぶりに日経平均株価が
今年いちばんの高値となりました。

「株なんて、私には関係ない」

と思っている方でも、
みなさんの公的年金では、
株価の影響を受けています。



公的年金の運用が
マイナスになるとマスコミが大騒ぎします。

でも、現状は、
日本株や外国株の運用を採用して以後、
年率3.2%の運用実績となっています。

こういう時には、
新聞でも小さい記事にしかなりません!



多くの方は、
「株ってお金儲けの手段でしょ」
と思うかもしれません。



でも、

E(環境=Environment)
S(社会=Social)
G(企業統治=Governance)

に配慮するような企業の株を買う、
というコンセプトは、
賛同できるのではないでしょうか。



良い取り組みの会社には、
頑張ってもらいたいし、
それが社会に貢献できて、
人々の生活が良くなれば
そこに資金を提供した投資家としては
本望だと言えます。



投資を通じて、
社会をよくするのも
投資家が担う役割の一つなのです。



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子
  

2017年11月10日

初心者でもチェック可能! ぜひTry

投資信託を持っていると、
定期的に

「交付運用報告書」

が送られてきます。



「どこをどう読んだらいいの?」
と聞かれることが多いので、
簡単に解説しましょう。



いま、ちょうど手元に

「海外の5種類の資産に
分散投資をする」


というコンセプトの投資信託の
「交付運用報告書」
があります。



これを例に、説明しましょう。



「交付運用報告書」は、
その投資信託の運用状況について、
決算期ごとにまとめてお知らせするものです。



この投資信託は、決算期間が1年。

1年間の基準価額(投資信託の値段)のグラフと、
基準価額が変動した要因が書かれています。

「どれどれ、どんな実績だったかな?」
とチェック。

別のページには
過去5年間の基準価額の推移のグラフも
掲載されているので目を通します。



この時の視点は
「ベンチマーク」という
同じような内容で運用した市場平均との
比較です。



「ベンチマークに比べて
この投資信託の基準価額は
上回っていたのか、下回っていたのか。

下回っていたならば、
「この投資信託は、運用が下手ね」
ってことです!



併せて
投資環境はどうだったのか。



ベンチマークも上下しているわけで。

その変動の要因について解説してあります。
市場の環境を理解し、
その上で
その投資信託はどのように値動きしたか、
を把握しておきます。



投資環境、つまりベンチマークの動き
と比較した投資信託の動きの差について、
プラス、マイナスそれぞれの要因が
説明されていますのでチェック。



他には、

1年間の運用にかかった費用の内訳
が記載されたページもあります。

「投資対象を頻繁に売買しているのかな?」
とチェック。

費用明細のうち、「売買委託手数料」が
どれぐらいを占めているかで
売買の頻度が想像つきます。


収益分配金について。

今期の分配金額が示され、
分配金の根拠が説明されているので
チェック。

ここには、
将来の分配金の原資となる
「留保額」の運用方針について
書かれていることもあります。



今後の運用方針、これ大事!

投資信託の運用担当者は、
今後の投資環境をどう見ているのか、

その上で、この投資信託は
今後、どういう運用方針で行くのか。

この説明に
納得、賛同できるようなら保有を継続。

「何だか違うよなあ」
と思ったら解約を検討。



そしていま手元にある
この投資信託については



コンセプトとして
「海外5資産」
と銘打っているものの、

海外REITの比率が高い。

ということが分かります。

しかもそれが裏目に出て、
ベンチマークをちょっと下回ったという報告。

じゃあ「けしからん」のか?



というと、
他の金融資産との兼ね合いで、
この投資信託でREITの保有が多くても
いいかな、
というのが私の現状の結論。



人によっては、

「海外5資産バランスなら
均等に20%ずつ、
資産配分をすべき」

と思うかもしれません。



または、

「世界的な株高なのだから
世界株式の配分が多い方が良い」

と思う人もいるかもしれません。




そう思えば、
その考えに合う投資信託を選ぶべき。




……と、
こんなふうに、資料に目を通しましょう。



購入する時には
一生懸命調べて、考えて、
投資をするはず。



投資した後のチェックも怠りなく!





旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

Posted by FP石原敬子  at 22:27Comments(0)投資信託

2017年11月08日

ツカレヲイヤシテネ!

今夜は、豊南交流館の

『レディス&ジェントルマン講座
「資産運用」編』




大勢のレディス&ジェントルマンに
お集まりいただきました!





豊田市の広報に掲載されたおかげで、
交流館の地区の方々だけでなく、
市内各地域から幅広くご参加されたそうです。



午後6時からという
お疲れの時間帯でしたが、
みなさん熱心にお聞きくださり、
質問もたくさん出していただいて、
活気のある講座でした。



私の問いかけに
表情豊かに考えて頂いたり
うなづいてくださったり、
笑ってくださったり。



私もとても楽しかったです!



ご参加くださった皆様
ありがとうございました!



「また開催してほしい」との
コメントが多くてうれしい限りです。



帰宅してノートパソコンの画面を開くと
キーボードとの間に
娘からのお手紙が!!





だけど



夕飯のお皿が
キッチンに山積みになっていたので

この瞬間に疲れが ド~ッ と出ましたドクロ


セミナーは全然疲れなかったのに笑顔汗



旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  


2017年10月29日

豊南交流館で講座開催

来たる11月8日(水)

豊田市豊南交流館にて

平成29年度 豊南交流館講座

『レディース &
ジェントルマン講座Part2

「資産運用」編』


を行います!


すでに資料も出来上がっております!!

「資産運用は積立投資がベター」

と言われるワケを
丁寧にご説明しますよ~!!




内容:①資産運用の基本

    ②NISAニーサとは?

日時:2017年11月8日(水)
    午後6時~8時

場 所:豊南交流館 大会議室

対 象:40歳以上 30人(先着順)

講 師:石原 敬子氏
 ファイナンシャル・プランナー CFP®

参加費:100円

持ち物:筆記用具

申込み: 豊南交流館窓口またはお電話で  ℡ 27-2866

豊南交流館HP:http://ph-toyota.jp/guide/hounan/index.php

講座情報:http://ph-toyota.jp/course/?p=8130



詳細は こちら
     ↓ ↓ 



税金面で優遇される資産運用
「NISA」は、
みなさんの老後資金準備にぴったり!

来年からスタートするつみたてNISAのこと、
教育費の準備に役立つジュニアNISAのことも
併せてお話しちゃいます!


ぜひ、ご参加くださいませ!!


旗お金の座談会開催中!
FPにちょっと聞いてみよう お金のコト
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年10月07日

豊南交流館で 資産運用の講座

豊田市の「広報 とよた」10月1日号
にも掲載されていますが、

豊南交流館で講座を行います。


平成29年度を通して
シリーズで開催している

レディース & ジェントルマン講座」

の第2回目です。



レディース & ジェントルマン
ってことで、
40歳以上だそうです(笑)。



お申込みは、
2017年10月10日(火) 9:30~

豊南交流館の窓口に直接
または
交流館にお電話で!
 

℡ 0565-27-2866



皆様にお会いできるのを
楽しみにしていますね~!


旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子  

2017年10月02日

教育費高騰に負けない学費の準備

うちは、
娘に学資保険をかけていません。

学費は普通預金に積立てていき
ある程度まとまったところで、
他の金融商品に分けていっています。




まだ0歳の頃、
お祝いや健康保険から頂いたお金を
個人向け国債と、
とある独立系投資信託に
振り分けました。



個人向け国債は10年。
そろそろ満期が来ます。
早いものです!



投資信託は、
購入したすぐ後に
リーマンショックが来ました。

しかしその後のアベノミクスで
倍以上になっています。



その後、
毎月普通預金に
決まった額を入れていき、
貯まったところで株式を買い、
さらに残高が増えてきたので
普通預金からの自動振替で
別の独立系投資信託を
ジュニアNISAで積立投信しています。



株式は、
娘も時々気になるようで。

「夏はお客さんが増えるから
株価が上がるんじゃないの?」

なんて
イッチョマエなことを
言ったりします。

(実際そう単純ではないのですが……
でも株のことを
ある程度理解している意見です)



デフレの中でも、
最も値上がりしたのが教育費。



どこの学資保険が有利?
返礼率がプラスなのはどこ?

なんて言っても、
教育費の値上がりには
届きません。



もちろん
投資信託や株式の
値上がりも保証がありません。



けれど

モノやサービスの
値上がり値下がりと
方向性が同じなのが
国内株式の動き。



だから

一昔前は

「教育費は元本割れしないもので」

と言っていた私も、
実際にこの10年は
変動商品を適切に活用して
教育費を管理しています。



旗お金の座談会開催中!
『FPにちょっと聞いてみよう お金のコト』
毎月第2・第4水曜日、「MAMATOCO」にて

ライフプラン→マネープラン研究所
 http://www.keikoishihara-fp.jp
            石原 敬子